いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たち

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ごま書房新社 (2015年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784341086091

いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・美女は、来世でも美女に生まれるために、人の悪口を言わないようにする

    ・美女は、存在しているだけで半径5m以内の人に生きる力を与える
    by辛酸なめ子

    ・コンプレックスは個性になる

    ・美しさに絶対的な基準はない。上限もなければ限界もない。生きているだけで、それはもう芸術であり、美そのものだ。世の中に美しいものがあるのではなく、美を表現しようとする、その行為そのものが美しいのだ。

  • 殺人事件やネガティブなニュースは、なくなってほしいと多くの人が望んでいる一方で、そんなニュースが載った新聞はよく売れ、そういうニュースが報道される番組は、みんな関心をもってよく見られる。

    結局は、ネガティブなニュースさえ、人が引き寄せているんだという「引き寄せの法則」について、本で読んだことがある。

    そんなとき、どんな些細なことでもいいから、「いいこと」「幸せなこと」ばかりを記事にした新聞を作ったらどうかと考えた。ネガティブな記事は一斉載せず、ポジティブな記事ばかり!

    そんなことを考えた記憶も薄れていたこの頃、すでにそんな新聞が存在し、20年余りも「感動の情報」や「いい話」を伝え続けていることを知った!

    『みやざき中央新聞』

    もともと「宮崎中央新聞」として地方紙を出していた会社が倒産し、当時若手社員だった、現在の「魂の編集長」水谷もりひとさんが起ち上げた新聞社。

    この本には、『みやざき中央新聞』に寄せられた社説の中から、選りすぐられた40の話が紹介されている。
    人間の魅力を感じる話や、子どもたちに伝えたい話、じんとくるような話など、社説がこんなにおもしろいうえに、ポジティブな記事しか載せないときたら、人気もすごいはず!

    現に宮崎の枠に納まらず、47都道府県すべてに読者を有し、海外9か国にも広がって、社説を集めた本やDVDも発売されているらしい。

    みんなポジティブな話題、いい話に飢えている。
    それは、凶悪犯罪や軽犯罪も数値的には減少しているにも関わらず、報じられる犯罪の数は、凶悪化し、数自体も増えてきているように感じる。それは、報道する側の都合によるものが多いそうだ。
    もっとこんな新聞や報道番組を増やして、現実にもポジティブな出来事、いいニュースを増やしていけたらと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

水谷もりひとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
兄貴(丸尾孝俊)
喜多川 泰
ゴルゴ松本
ひすいこたろう
北野 武
有効な右矢印 無効な右矢印

いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たちの作品紹介

20余年"感動の情報"を伝え続ける"魂の編集長"が選んだ"いい話"40編。子どもの目を輝かせるためには、教育者や親たちがまず興味を持ち、感動してください。

ツイートする