少年A

  • 15人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐川一政
  • ポケットブック社 (1997年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784341141349

少年Aの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    ── 佐川 一政《少年A 199709‥ ポケットブック社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4341141341
     
     佐川 一政   作家 19490426 神戸 /19810613 逮捕/パリ第3大学大学院
     “少年A” 元中学生 19820707 兵庫 /19970628 逮捕/籍=(秘)
     
    ── 元少年A《絶歌 20150611 太田出版》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4778314506
     
    ── 唐 十郎《佐川君からの手紙 1982-198301‥ 198608‥ 河出書房新社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4309001173
     
    …… 2001年(平成13年)頃までにはほとんどの仕事が途絶え、生活に
    困って闇金に手を出すようになる[7]。「全然ぼくは反省しなくて、相
    変わらず白人女性と付き合う、それにはお金が要るというんで、初めの
    うちは親父の財布から万札を一度抜いたぐらいですけど、だんだんデッ
    ドヒートして、弟のチェロを売り飛ばしたり、絵を売り飛ばしたり、最
    後には(クレジット)カードまで使って」と自ら語ってい(Wikipedia)。
     
    (20150615)
     

  • まとまりがなく、散文的に著者の感想を述べてるだけ。あの佐川氏ならではの深い考察があるのかと思えばそうでもない。がっかり。
    最終章の山崎哲氏と芹沢俊一氏との対談がまあまあだったくらいかな。

全2件中 1 - 2件を表示

佐川一政の作品

少年Aはこんな本です

ツイートする