NANAMI 終わりなき旅

  • 65人登録
  • 3.49評価
    • (9)
    • (7)
    • (27)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 名波浩
  • 幻冬舎 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344001282

NANAMI 終わりなき旅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「NANAMI 終わりなき旅」
    名波本2冊目。コンプリートまで後数冊。


    名波浩と言えば今は「やべっちFC」の菊池巧氏(元日本代表SB)後の2代目解説者の仕事をしているので、もしかしたらサッカーが好きでは無い人でも知っているかと思います。そんな元日本代表MFによる書き下ろし作品です。


    この本の主題は「サッカーとは何か」です。具体的な軸は3つあるかと思います。


    1つ目はW98杯アジア最終予選(本選にも触れてはいるけど、大会初出場までの加茂監督の更迭や代表サッカーの変化そしてマスコミの偏重報道など予選通過の過酷さをどう乗り越え、感じていたのかが主)


    2つ目はセリエA・ベネチア(99-00)での1年。当時の監督は現ゼニト監督でローマではゼロトップシステムを確立したスパレッティ(一度解任され、マテラッティの父(元インテルの選手で当時はペルージャに所属していた。つまり中田選手の同僚。06W杯決勝でジタンに頭突きされた人と言えばお分かりかとw)が監督を短期した後、すぐ戻ってくる)でした。


    このセリエA移籍には「ベネチアがセリエAから降格した場合、名波選手はチームを離れる」という内容が含まれていました。故に非常に今でももしかしたら特殊な移籍かもしれませんね。当時私は、1年間のセリエA挑戦でしたけど名波選手は普通に通用していたので、シーズン後の移籍も上手くいけばよかった、むしろ何であんな変な契約内容を盛り込んでいたんだろうと思っていました。


    3つ目はサッカーそのものです。日本初のW杯出場で感じた代表としての誇りやチームのメンバーとしての役目など、我々サッカーのプロでもない、まして代表のメンバーでもない人間には分からない心の変化や考え方が書かれています。


    またW杯を経験した後やセリエAを経験した後の目には見えない進化にも触れてくれているので、非常に読み応えがあり、今後この点を意識して今の海外組の代表でのプレーに着目したいと思います。


    またこの本を通じて一番感じることは「如何にプロとは厳しいか」です。特にマスコミやファンとの関係について名波選手個人の考え方がたくさん出てきます。これは彼自身の性格にもしっかり触れているので、しっかり腹を割った意見のように私は感じました。そのような決して言いことばかりではない外との関係から「プロとは自分で自分を評価しなければいけない」、「サッカーが楽しい」と踏み出せる点にはプロの凄みを感じました。


    余談
    岡野選手はやっぱり良い人。


    中田、藤田、小野、中村(俊)、ジタン、ロナウド、インザーギ、各選手はやっぱり凄い。


    解説者に物申す点は私も同意です。私達が分からない選手の良いプレーをしっかり試合中に指摘してくれてこそ、プロの解説者ですよね。

  • 98年の中盤はヒデも言うとおり、最高だった。
    天才。

  • 私が一番最初に好きになったサッカー選手、名波浩選手の自伝。
    ずいぶん前に読んだけれど、いまだに印象にあるのはW杯フランス大会あたりの話。私自身はフランス大会の予選や本戦を全く観ていないので世間がどう評価していたかとか、観客の目にどう映るサッカーをしていたのかとかはわからないが、選手たちがどう思ってすごしていたのかが、この本を読めばよくわかる。痛いくらいまっすぐに書かれてあってなんとも言えない。
    名波ファンやサッカーファンが読めば絶対面白い作品だと思う。
    少なくとも私はこの作品を読んでますますサッカーと名波選手が好きになった。

    おまけとして。。ミスチルを知ったのもこの本がきっかけ☆それ以来ミスチル大好きになりました。(単純…)

  • 日本が誇るレフティー・名波浩。自分もサッカーやってて名波選手は手本にする事も多かったです。そんな中で、名波浩のイタリア挑戦のことなど、代表でのこと。すべてがつづられてて、楽しかったし、関心したりしました。

  • 母が買ってきて読んだもの。名波さんがマスコミ嫌いになった理由・・フランスでの出来事なんかを語ってます

全5件中 1 - 5件を表示

名波浩の作品

NANAMI 終わりなき旅を本棚に登録しているひと

NANAMI 終わりなき旅を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NANAMI 終わりなき旅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NANAMI 終わりなき旅を本棚に「積読」で登録しているひと

NANAMI 終わりなき旅の作品紹介

まさにサッカーづけだった静岡での少年時代、"最強"のジュビロ磐田、ベネチアでの苦闘、アジアカップMVP受賞で掴んだもの。そして、天才レフティが目指す理想のサッカーとは…。繊細で力強い魂の軌跡が綴られた、渾身の書き下ろしノンフィクション。

NANAMI 終わりなき旅はこんな本です

ツイートする