パレード

  • 1134人登録
  • 3.45評価
    • (82)
    • (187)
    • (313)
    • (52)
    • (6)
  • 255レビュー
著者 : 吉田修一
  • 幻冬舎 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344001558

パレードの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルームシェアする5人の男女の物語。思わずクスリと笑ってしまうほど会話は軽妙なのに、なぜか5人全員に「見せてない裏面」を感じずにはいられない。物語の構成からみてどうもあの人が事件に関わっているのではないかとは想像がついたものの、その結末は意外だった。それでいて彼らならそうくるだろうなと納得できた。だって共同生活の極意とは、場に適応できる「この部屋用の私」を各自が用意すること。・・そして「害」が自らに及ばない限り深入りしないこと、なのだから。

  •  吉田さんらしい、書き手と登場人物の間にほどよい距離のある文章。吉田さんと言えば、「元職員」で見せたような、些細なきっかけにより善良な人の心の暗部が剥き出しになる「感情の暗転」のようなものが印象的だが、今回もラストでぱりっと締められており、さすがという感じがした。また、見る人によって見え方の変わるサトルの人物像でリードしつつ、自分の心情一つで親切な人々が自分を憎悪しているように見えるというラストに持ち込むところなど、
    構成も意外性があって見事だった。

  • 映画も素敵

  •  希薄なようで、そうでもなく互いを思いやっているところもあるこんな関係でないと、4人の共同生活はやっていけない。大学時代のぼろだった下宿を思い出す。

  •  眼下に旧甲州街道を見下ろす2LDKのマンションで共同生活をする4人の男女。
     現在下北沢のメキシコ料理店でバイト中の良一は、なんとなくズルズルと日々を過ごしているH大3年生。琴ちゃんこと、琴美はかつての恋人を追って上京、今は俳優となった「彼」からの連絡を待つだけの毎日。雑貨屋店長&自称イラストレーターの未来は、お酒が大好きで飲み歩いてばかり…。そして映画配給会社に勤め、ストイックな生き方に徹する直樹は、そんな3人のお守役。
     リビングを共有しながら(1日留守番の琴美が殆ど占有しているが…)、男部屋、女部屋に寝泊りする男女4人。それぞれの心地よさを求めて、つかず離れず、それぞれの「自分」を演じていく…そんな4人の前に新たな住人サトルが現れて…

     映画のチラシを手にしてから読んだので、今回は勝手にキャスティングをあきらめ、キャストを登場人物にあてはめて読んでみました。
     互いに、思うところはありながらも、共同生活を続けていく主人公たち。良介⇒琴美⇒未来⇒サトル⇒直樹と目線を変えながら、物語は進んでいきます。勝手に見えたそれぞれが、物語の進行とともに「まぁ、しょうがないか」と許せるように…。そうか、これは最後にそれぞれが、切なく別れていく物語なんだな…「あの日々は今やすべて過ぎ去ったもの」みたいな感じで…とか思っていたら…
     ネタバレになるので、何も言えないけど、これはびっくりです。「やられた!」とかじゃなく、「えっ!」というのとも違って…突然、自分の立ち位置がわからなくなるような感覚。
     藤原竜也が起用だから、気づくべきでした。また、気が向いたら読み返してみよう。
     先入観をもたずに、お読みください。
     

  • このお話はどこに着地するんだろうとわくわくしながら読み進んでいたのに。そんな感じ。決して評価を低くしているわけではない。とにかく残念だった。なぜなら登場人物のひとりサトルと同じく、あの部屋の住人が好きだったから。

  • 不思議な仲間

  • 不思議な感じで面白いのだが、終わり2人には共感できなくて、意味がわからない。終わり方も、何これ、で終わった。

  • ルームシェアかぁ、こんな関係性なのねぇ、といった軽い気持ちでサクサク読み進めた。が、最後に高所からドカッと突き落とされた気分。
    えっ!はぁ?ちょっと待ってくれよ、が読後に浮かんだ思い。
    今読み終えたばかりなのに、一週間も前に読み終えた本の感想書いてる気分。本のイメージや内容がどんどん遠ざかっていくような感じがする。
    ルームシェアしてるって、なんだか濃い付き合いみたいに思ってたけど、みんな上っ面。そんな上っ面を突き詰めた話なのかなと思う。
    見せたくないとこは見せないし、周りもまた見ないし見ても知らない。つまるところ、あんな事件起こす凶暴な内面すら、見ても知らないしどうでも良いのだろう。

  • 再読。266ページに、「汚破損有り」のシール。

全255件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パレードを本棚に「読みたい」で登録しているひと

パレードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パレードを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パレードを本棚に「積読」で登録しているひと

パレードの作品紹介

いつの時代も現実は厳しい!でも相応しい自分を演じれば、そこは誰もが入れる天国になる。先の見えない五人の微妙な2LDK共同生活。

パレードの文庫

パレードのKindle版

ツイートする