ぬりつぶされた真実

  • 27人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (0)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Jean‐Charles Brisard  Guillaume Dasqui´e  山本 知子 
  • 幻冬舎 (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344002265

ぬりつぶされた真実の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙が安っぽいが、内容は一級のもの。
    本書はラディンが如何に世界中にネットワークを張り巡らし、
    サウジアラビアという血(=金)を送り出す心臓とつながり
    世界中でテロ行為に走っているかを解説したもの。
    ラディンの生みの親の一人は間違いなくアメリカの欺瞞に満ちた外交であり、
    アメリカがそれを正さない限り『新たなるラディン』は何度でも出てくることを暗に筆者は訴える。
    本書を読んだ後では『ラディンが死んだからテロとの戦いは一区切りついた』とは口が裂けても言えないはずだ。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ぬりつぶされた真実に関連するまとめ

ぬりつぶされた真実はこんな本です

ツイートする