学校の事件

  • 31人登録
  • 2.65評価
    • (0)
    • (2)
    • (12)
    • (3)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 倉阪鬼一郎
  • 幻冬舎 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344003613

学校の事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軽めのイヤミス短編集かと思って読んでいましたが、最後に全ての話が繋がったのには感心してしまいました。「ぬばたまの」が夢に出そう。

  • 正直、私が読んで良かったのかなって思いました。私は題名やパッと見の目次で読む本を決めるタイプです。初め、ラジオ体操殺人事件とあったので「楽しそうだな」と思い、読んでみました。しかし実際はとても残酷で狂った人間の中身が、ありありと書き出されてあり、中学生には刺激的でした。一応完読しましたが読み終わりの何とも言えない後味は苦々しかったです。殺人は怖いです。。

  • 私はいつも本は図書館で題名を見て決めています。
    この本も題名で選びました。

    最初の話は正直ラストが怖いな・・・って思いました。
    それで怖くてラジオ体操の話しか読んでいません。

    中高生が読むような本ではないですね(^_^;)

  • (収録作品)ラジオ体操殺人事件/吹上四十人殺し/蔵書印の謎/吹上駅よ、さようなら/部長の殉職/ホームルーム・グッドバイ

  • 「田舎の事件」のような連作短編集。やはりブラックなコメディタッチ。特に「夏休み 吹上四十人殺し」が凄い。もちろんタイトルから察せられるとおり、「津山三十人殺し」がベースといえるのだけれど。大量猟奇殺人を扱っているのにこれだけ笑える作品ってないよ? とにかく全編あほらしさ(ちなみにこれは誉め言葉)に満ちていて、かるーく読める一冊。

  • …うーん。あんまり好きじゃないなぁ。倉阪氏ってホラー作家さんだったんですね。面白おかしいミステリだと思って借りたので、ちょっと残念でした。

    どの物語も後味が悪くて、読み終えた後はすごく暗い気持ちになりました。読んでいる最中も、「私、何でこの本を読んでいるんだろう…。」と、ふと思ったり。人々の心の奥底にひっそりと潜む狂気が怖くて、そして気持ち悪かったです。でも最後の「ホームルーム・グッドバイ」で、他の物語たちがどんどんと繋がっていったのは面白かったです。が、その更に後のエピローグ。このオチは微妙だったかな。

  • 放課後の完全犯罪、その完全なる失敗。−「なんで、こんなことに
    なっちゃうんだろう?」思いどおりに犯罪をとげられない学校関係者
    の、悲しさと可笑しさをオフビートに描いた連作小説集

全9件中 1 - 9件を表示

倉阪鬼一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
道尾 秀介
有川 浩
米澤 穂信
坂木 司
加納 朋子
ZOO
乙一
倉阪 鬼一郎
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

学校の事件の作品紹介

吹上市の学校関係者たちは、教頭も、校長も、その息子の新任教師も、ちょっと可愛い女生徒も、彼女とつきあっている体育教師も、熱心な社会科教師(殉職)とその妻も、高校野球(といっても軟式)部員と監督も、生徒会長も、PTAも、卒業生も、職員室も同窓会も、それから町の小説教室の講師(売れない日曜作家)も、みな過剰な自意識を持てあます、あやしい輩だった。そんな吹上の町に、怪事件(大量殺人を含む)が相次ぐ。その裏には、とんでもない真相が隠されていた…。思いどおりに犯罪をとげられない人々の悲しさと可笑しさをオフビートに描いた書き下ろし連作小説集。

学校の事件はこんな本です

学校の事件のKindle版

学校の事件の文庫

ツイートする