コールガール〈上〉

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 森村誠一
  • 幻冬舎 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004306

コールガール〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは下巻で。

  • 上下併せて。

    銀座の人気クラブ『庵』とそこで働く女の子たちとお客様のお話。

    裏社会のドロドロのはずが、登場人物はどれもそこまで悪者はいない。
    (殺人とかあるけど。)
    私にとっては心温まるお話でした。

全2件中 1 - 2件を表示

森村誠一の作品

コールガール〈上〉の作品紹介

山陰の小都市から夢を抱いて上京した庵志津子が、銀座の一角に開いたクラブ「庵」は、政財界のVIPのサロンになっていた。毎夜のにぎわいは、抜群の立地条件と志津子の優れた経営手腕に負うところも多いが、「特殊接待」という客とホステスの秘められたサービスにも理由があった。その常連客の一人、三立産業の次期社長候補である山原正人専務は、ある日、自宅で暴漢に襲われる。妻の都美子が夫の財産を手に入れるため、不倫関係にあった柿田と共謀して命をねらったのである。ところが、山原はその暴漢を逆に殴り殺してしまう。森村ワールドの新しい地平線をひらく、官能ミステリーの傑作。

コールガール〈上〉はこんな本です

コールガール〈上〉の文庫

コールガール〈上〉のKindle版

ツイートする