銀行籠城

  • 143人登録
  • 3.34評価
    • (6)
    • (22)
    • (41)
    • (6)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 新堂冬樹
  • 幻冬舎 (2004年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004801

銀行籠城の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半の惨殺シーンでお腹いっぱい。
    ウチはこの話嫌いじゃない。
    まぁ、人間はそういう生き物やという事で。

  • これが初新堂冬樹だった。

  • 世間に復讐したい若者が銀行に籠城する話
    警察を欺く。金目当てではないため成功

  • 79年の三菱銀行北畠支店事件をモデルに、現代版らしくした小説です。パソコン、携帯電話が登場することが大きな違いですし、犯人の心理・行動もその後の数々の犯罪事件の実績を踏まえ、25年前との違い、怖さを一層感じさせます。どんなことでもありうるということを受け入れてしまっている自分がいるからでしょうか。結末近くまで途中は強烈な迫力でぐいぐい惹きこまれ読み終えました。意外な事実が結末近くで分かり、あまりにもあっけない幕切れであり、凶悪な犯人像と最後の姿のギャップは大き過ぎる気がします。犯罪学も心理分析まで充分に研究が進んでいないということなのでしょうか。

  • 加害者の家族と求めていたもの。籠城事件を通して、人間の本質を提示した良作。

  • 銀行に籠城し、警察に取り囲まれても何の要求もしない犯人の話。一人また一人と増えていく犠牲者。はたして犯人の真の目的とはなんなのか。。。


    読みやすかったです。スラスラと最後まで読めました。警察内の立場の違いによる意見の食い違い、本音と建前、保身、などが読んでいて一番面白かったです。

  • 描写はかなり残酷。だからこそ、その動機が気になるわけだが、そうなの?という結末。

  • これはサスペンス……といえばいいのかなあ? この物語のポイントになるのは動機、ただそれだけ。そして読みどころは犯人の鬼畜っぷりと、それに負けず劣らずの人質の自分本位主義、か。かなりダークでえげつないかも。その割にはさくさく読めるけどね。

  • 白峰温泉白峰総湯の番台、永井洋子さんが貸してくれた本。

    怖い。「善い人」「悪い人」なんていない。状況で何にでもなる人間の恐ろしさ。人間の醜い部分が否応無しに書かれていて、気持ち悪くなる。人の命って何だろう?簡単に奪われすぎる。全裸で、大勢の面前で、マスコミと野次馬にさらされて。こんな死の瞬間なんて、あまりにも酷すぎる。マスコミが嫌になった。人命より視聴率優先。人間の野次馬根性が恐ろしい。

    五十嵐はまだ正常だ。私だったら、もっとエロく残酷なことを命令するだろう。復讐なんて関係なく、ただ自分の快楽のために。私だけ?自分、関係無い第三者だから。テレビの視聴者だったら、裸の男女に興奮するのだろうか?そもそも、五十嵐は奴隷同然の15人の全裸の女性に囲まれても、興奮しないのだろうか?

    でも、もっと、予想だにしなかった理由で銀行篭城したかと思った。もっと、もっと・・・。

    そう。こんな状況になったら、「他人のことなど考えてはいない」「自分の保身だけ」それが分かるから、人間やってて哀しい。自分が一番可愛いんだ。じゃあ、やっぱりキリストって超偉大だなあ。

    28「彼らの十数年、または数十年の人生は、自分がトゥリガーを引くだけで終焉する。」
    本当だ。人生って何なんだ・・・?自分の気分次第で。そんな権限なんてないのに。

    29「神は、たまたまという都合のいい言葉を使い、罪のない人間を地獄へと叩き落す。」
    何だか、この本を読んでいると、無神論者になっていくようだ。

    38 全裸「完全なる服従の証」「家畜のように性器も肛門もさらけ出し無様な格好になった奴ら」

    40「無造作に束ねた後ろ髪、化粧気のない土色の肌、生活臭が漂う地味な三十路女の全裸姿というのは、ある意味、容姿抜群の若い女のそれより卑猥だった。」

  • 鷲尾は何をするのか分からなかった

全25件中 1 - 10件を表示

新堂冬樹の作品

銀行籠城を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀行籠城を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀行籠城の作品紹介

男に命じられるまま、両手を頭上に高々と上げて背を向ける行員と客。うだるような猛暑に襲われた7月15日午後3時、あさがお銀行中野支店で惨劇は起こった。男は閉店のシャッターが半分下りたところで、行内に入り込み、脱出しようとしたサラリーマンを射殺。さらに2階の行員を全員1分以内に1階に集合させるよう命令したが、トイレに入っていた行員が1秒だけ遅れたため、盾にしていた案内係を冷酷にも射殺した。そして男女全員を全裸にさせ、人間の尊厳すら奪い、完全に奴隷化した。男の名は五十嵐。いったいなぜ五十嵐は銀行に篭城し、悪魔のような残虐な行為を繰り返すのか。

ツイートする