空の香りを愛するように

  • 130人登録
  • 3.20評価
    • (8)
    • (13)
    • (73)
    • (5)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 桜井亜美
  • 幻冬舎 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004863

空の香りを愛するようにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【内容】

    集団レイプに巻き込まれた綾渡紅葉は、不可思議な生命体を身ごもってしまう。
    最愛の恋人・コウとの破局の不安に怯えながら、復讐の機会を待つ紅葉の前に、赤いジャンパーを着た少年が現れた。
    「鳥の影から逃げないで。
    逃げたら、一番大切なものを失う」ミツルと名乗るその少年が残したメッセージを頼りに、紅葉は暗闇の中を歩き始めた―。

    決して失われることのない恋の形を描いた最新小説。

    アマゾンより

  • じゃけ読みの一冊なんかおもしろそうと思い読んでみましたまあまあ軽い読み物としてはいいかも・・・

  • 集団レイプに巻き込まれた紅葉の前に、赤いジャンパーを着た少年が現れた。「鳥の影から逃げないで」

    恋愛小説に分類されるのかな?
    描写がきれいでした。
    あと祖父の話が印象的。

  • 内容、忘れた。

  • 集団レイプに巻き込まれた綾渡紅葉は、不可思議な生命体を身ごもってしまう。最愛の恋人・コウとの破局の不安に怯えながら、復讐の機会を待つ紅葉の前に、赤いジャンパーを着た少年が現れた。「鳥の影から逃げないで。逃げたら、一番大切なものを失う」ミツルと名乗るその少年が残したメッセージを頼りに、紅葉は暗闇の中を歩き始めた―。決して失われることのない恋の形を描いた最新小説。

  • 最初は、最近ありがちな不幸自慢&恋愛系なんかな、
    って思ったンやけど、読んでく内に夢中になります。
    でも映画"タイムマシン"並に急に話の方向変えた
    気がしたのはあたしだけ?

  • 「鳥の影」の正体。自分も乗り越えて、誰かのことを大切にしていきたいと改めて思わせてくれた1冊。(2008.1.29)

  • 【集団レイプに巻き込まれた綾渡紅葉は不思議な生命体を身ごもってしまう。最愛の恋人との破局の不安に怯えながら復讐の機会を待つ紅葉の前に「鳥の影から逃げないで」と告げる謎の少年が現れる】
    若い子むけの小説って感じですね。。
    集団レイプに巻き込まれて淡々としてる感じが私には受け付けない。私が高校生当時もこういう主人公みたいな子が1人いたけどもその心理は理解できなかったし。

    思春期当時に読んでたらまた違う感想かもしれないけど。今、この年代ではきびしい。実際に性被害にあった方の告白本とかも読んでるから余計にそう思うのかも。部屋から一歩も出れなくなったり、スカートがはけなくなったり、男の人がみんな怖くなって満員電車になんて絶対乗りたくないと思って実際乗れなくなったり。なので私の中でリアルさに欠けました。

    これは感覚的に読む本って感じでしたね。
    とりあえずこの方の本はタブンこれで読まないかな(^。^;)

  • フクザツ…だけど、心に染みる。

  • これ超キライ。
    こんな女いないだろー

全24件中 1 - 10件を表示

桜井亜美の作品

空の香りを愛するようにに関連する談話室の質問

空の香りを愛するようにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

空の香りを愛するようにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の香りを愛するようにはこんな本です

空の香りを愛するようにのKindle版

空の香りを愛するようにの文庫

ツイートする