ニート―フリーターでもなく失業者でもなく

  • 189人登録
  • 3.16評価
    • (5)
    • (11)
    • (89)
    • (4)
    • (0)
  • 40レビュー
  • 幻冬舎 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006386

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニート、ひきこもりつながり。

  • 話題の書なので読んでみた。(昨秋読了)

    第1章は統計データ的な記述が続いて退屈。

    が、第2章の曲沼氏のルポ以降、現場取材の息遣いが感じられる血の通った文となり、急に面白くなってゆく。

    それでも著者は
    「大事なことは、ニートの原因を分類してわかったような気になることでは絶対にない」と述べる。
    ニートとは何者なのか、ニート増加の原因は何か、といった問い掛けに安易な答えを出すことは出来ないという立場を貫くのだ。潔いではないか。
     しかし本書を契機にニートという言葉が一般化してゆくなかで、とりわけテレビメディアにおいてわかり易いニート像が追求されていった一面があることは皮肉である。

    最終章の、以下の著者の持論がこれまた印象深い。

    「大人は、やりたいことをみつけなさい、自己実現をめざして頑張りなさいと、言いすぎだ。//仕事を通じて夢を実現する大人は、いつの時代も、ごく一握りの人間だ。」

    この、自己実現至上主義に対する懐疑の気分は、今後、社会の中で大きな流れとなっていくに違いない。取材者のはしくれとして、私はそう予感している。

  • 「在学中、20代後半現在に、仲の良い友達がいない中学高校年間欠席日数21日以上だといニートが多い。」は自分が高校で26日休んでおり現在20代後半院生のため危機感を抱いた。 「職場体験は教室を抜け出すだけの楽しみ。」は納得、大学の教職課程の介護体験実習ですら、お客様扱いで何の意味もないと実感して共感できる。 ただ、兵庫や富山の「トライヤルウィーク」を過信しすぎている感じはある。
    440
    「勉強やスポーツは努力しても変化の実感がない?」は疑問。勉強は塾や予備校で短期間で実力向上を実感できるし、スポーツもしかるべき機関では効果があるだろう。学校・部活至上主義がそう思わせてるだけ。 「バイトならいいが就職活動の履歴書は書けない」は「働くために動き出すことができない」のに重要だと思い共感。自己申告の履歴書やその場しのぎの面接なんかなんで人事は重要視するのか。個人の能力をはかる客観的なものはたくさんあるはずであり人事はそこを見ろ!なんで求職者が企業や人事の重要を見なければならないのか!怒

  • 367.68-ゲン 000357152

  • しばらく前に読了した。
    仕事を探し始めた人は、既にニートではないのでは?
    中学生は当然ニートではないし。
    まあ、そんな感じもしたんですが。
    仕事に就きそびれてしまった人たちが、就職を考え始めた時のあれやこれや、と言った所は興味深かった。

  • 紹介スタッフ:まいまい
    本紹介玄田有史{ニートーフリータでもなく失業者でもなく}
    100kmでは夢に向かってがんばっていこう
    ニートはやりたいことがあるが、なかなか一歩を踏みだせない人が多い
    夢を持てない人はだめなんかではない、自信をもてない理由ではない
    夢を持てることは奇跡的→最高の仕事にであえることはなかなか難しい
    公務員になりたい→なくてはならない仕事

  • 12081.

  • 『ニート』という言葉が(半ば過剰に)浸透している今になって読むと、ちょっと薄いような、都合が良すぎるような印象も、ほんの少しある。でもニートを知りたいなら、ぜひぜひ一読する価値ありだと思います。
    この直後に、あるいは交互に、『ニートって言うな!』を読むのがお勧めです。

  •  ニートと言う言葉がはやりだした頃に書かれた本だったと記憶している。
     古本屋さんで見かけたので買って読んでみたのだが、なかなか興味深い。

     今では「恋愛ニート」などと分けが分からない所にまでニートの名が及び、すでに本来のニートの意味を失っているような気がする

     人間は社会的な動物であるから、限りなく社会に反応する。

     その反応の一形態がニートなのだろうと考える

     もっとも、それは昔から存在した。この本でもニートの諸原因は昔から存在していることに言及しているが、昔からニートがいたことには触れていない。


     夏目漱石の作品に出てくる「高等遊民」は今で言えば間違いなくニートに該当するだろう。

     この本で指摘しているニートはニートの真実をつかんではいない。

     が、昔から存在したニートが今問題になっている原因は「正社員の神格化」だろうという点には同意する。正社員が安定していて、フリーターが不安定だというのは、正社員が安定していると思っている点に誤りがあるという指摘は正しい。

     人間は社会的な動物であるから、社会に反応する。


     先ほどはその反応の一つがニートを生み出していると述べたが、別の言い方をするならば、その見る側の反応として、そのような生き方をニートと分類する社会となっているといえる。

     ニートとは何なのか?それは決して「今」を切り出して把握できる者ではない。たかだか100年にもならない働き方を見たところで、人間に取って労働とは何かが理解出来るわけがないのと同じだ。

     この本は「今」だけを切り出している点で失敗している。が、その指摘には見るべき所がある。

     労働の歴史から働くとはいかなる事かという点で書かれた本が読みたい。少なくとも私の興味の端っこをつかまえるのには訳だった。

  • 私が本書を購入したのは数年前,引きこもりに近い状態のときでした.本書はフリーターとニートの現状を説明し,数名のニートと就業を支援する人たち,ニートを卒業した人たちへのインタビューがあります.また,14歳(中2)で5日程度の職場体験をする必要性を説き,それを実行している自治体の取り込みを紹介しています.高校や大学のインターンシップでは年齢的に遅すぎることも説明しています.
    本書のp.244の記述は印象的です.

    (p.244からの引用開始)
    理解しにくい若者の問題を、意欲の低下として片づけることができれば、大人の多くは安心なのだろう。理解できたとして安心して職業意識を啓発する作業に没頭できる。しかし第三者が人の意識や意欲を変えようというのは、多くの場合、傲慢以外の何ものでもない。本人すらわからない心の奥底の意識や意欲について、他人が決めつける権利は、どこにもないのだ。
    (p.244からの引用終了)

    ニートに何も問題がないとは言えませんが,意欲の低下と決めつけて思考停止状態に陥るのは支援の硬直化につながります.最近,発達障害が少しずつ知られるようになりましたが,人間は誰しも個性の凹凸をもっており,その程度には個人差があります.画一的な社会のシステムに適応が困難なニートは多くても,どこでつまづいているかは個人により違うでしょう.
    本書が出版されてから少子高齢化が進み,地域社会のつながりも希薄化しました.若者の就職活動は,不景気の影響もあり厳しいです.しかし,テーラーメイドの交流が難しくなる中,行政の対策の画一性はあまり改善されていません.テーラーメイドの必要性が増しているのに,柔軟性のない対策が続けば,この問題の解決は遠くなるだけです.

全40件中 1 - 10件を表示

玄田有史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス・ロビ...
香山 リカ
三崎 亜記
綿矢 りさ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくを本棚に「積読」で登録しているひと

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくの作品紹介

2000年に17万人、2003年には40万人。今年、さらに…。「働くことにも学ぶことにも踏み出せない人」が急増している。少子化が進む中、日本経済にも根深い影響を与えはじめた「ニート」。この時代の危機と希望がここにある。

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくはこんな本です

ニート―フリーターでもなく失業者でもなくの文庫

ツイートする