釈迦の女―公事宿事件書留帳

  • 11人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 沢田ふじ子
  • 幻冬舎 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006461

釈迦の女―公事宿事件書留帳の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10作目
    世間の鼓
    釈迦の女
    やはりの因果
    酷い桜
    四股の軍配
    伊勢屋の娘

    「世間は鼓のようなもの。金を持ってる者が打ったら、どのようにでも鳴るのや」

    前作のあとがきに描かれていたエピソードが「世間の鼓」で登場。お婆にも物乞いの男にもそれぞれの事情がある。
    今回も子供のお話がよかった。子供の描き方が生き生きしてるんだよね。あまり子供っぽくないから、憧れの子供像かもしれないけど。

  • 公事宿事件書留帳シリーズ10巻。① 闇の掟 ② 木戸の椿 ③ 拷問蔵 ④ 奈落のみず ⑤ 背中の髑髏 ⑥ ひとでなし ⑦ にたり地蔵 ⑧ 恵比寿町火事 ⑨悪い棺 ⑩ 釈迦の女 ⑪ 無頼の絵師 ⑫ 比丘尼茶碗 ⑬ 雨女 ⑭ 世間の辻 ⑮ 女衒の供養 ⑯ 千本雨傘 ⑰ 遠い椿 ⑱ 奇妙な賽銭 ⑲ 血は欲の色

  • この著者は優しい心根の持主と、本を読んでいて感じられる。登場人物に悪人がいない。居ても止むを得ない事情があるとか真からの悪人がいない。著者の後書きでは現代を時代ものにアレンジしているとの事であるが、現代の問題を巧みに、読者にそれと感じさせずに時代物としているところはさすがである。

全3件中 1 - 3件を表示

沢田ふじ子の作品

釈迦の女―公事宿事件書留帳の作品紹介

お釈迦さまがお姿を変え、あそこで寝てはる。京の由緒ある寺・知恩院の本堂の回廊で、誰に咎められることもなく、毎日寝転がっている女。「お釈迦さまに違いない」と言う者もおり、世間の注目を集めていた。菊太郎は図太い女がいたものだと呆れつつも、なぜか気になり、女の正体を探ろうと知恩院へ足を運ぶ。そこで彼が目にしたのは、横たわる女と、彼女に襲いかかる男たちの姿だった。彼女が毎日回廊で横たわっていた理由とは?男たちはなぜ彼女を襲ったのか?心暖まる傑作時代小説シリーズ最新刊。人気時代小説シリーズ第十集。

釈迦の女―公事宿事件書留帳はこんな本です

ツイートする