世界でただ一人の君へ―新人類 北島康介の育て方

  • 28人登録
  • 3.44評価
    • (4)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 平井伯昌
  • 幻冬舎 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006508

世界でただ一人の君へ―新人類 北島康介の育て方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北島康介

  • 「最初の『志』が到達点を決めてしまうのだ」、これは重い言葉だと思った。

    中学二年生だった北島康介にオリンピックを目指そうと勧め、ともに歩んできたコーチである著者。

    「いければいいなあ」、「なれればいいなあ」ではなく、「いく」、「なる」という強い気持ちがまずありきであった。
    そして、そのために何をすべきか、経験の中から学び、常に考えていく北島選手と平井コーチのアテネ直前までが描かれた一冊。

    彼らは高いレベルでの大胆な試行錯誤を繰り返しながらもブレがないのは、オリンピックに出る・金メダルを取る・世界新記録を出す、という本筋を決して見失うことがないからだということを知った。

    変えることと変えないこと、変わることと変わらないこと、これらの違いは非常に微妙なものなのだと思う。
    しかし、彼らはそれを知りえたからこそ、平泳ぎ2種目オリンピック連覇という大偉業を成し遂げられたのではないかと、この本を読み返してみてそう思えた。

  • 最初の志が到達点を決める。

    純粋な人間ほど、強くなれる。

    指導者には才能を見抜く謙虚さが必要。

  • 北島康介が金メダルまでにたどり着くまでの過程を描いた北島のコーチの本。
    金メダルを獲る前に出版された本。

    計画的に正しい練習で強くなった。
    こういう練習がやりたい、と思った。

    選手の気持ちを理解し、練習そのものに「ウソ」が限りなく少ない勝者のやり方。

  • 父さんが買ってきてくれました。『読め!』とか急に言われたんですけど、なかなかおもしろかったですよ。

全7件中 1 - 7件を表示

平井伯昌の作品

ツイートする