背の眼

  • 683人登録
  • 3.27評価
    • (22)
    • (112)
    • (199)
    • (46)
    • (3)
  • 151レビュー
著者 : 道尾秀介
  • 幻冬舎 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007314

背の眼の感想・レビュー・書評

  • 4.0 道尾氏のデビュー作。京極夏彦氏の二番煎じとの評価もあるようですが、私はおもしろかったです。真備のキャラも格好良い。

  •  作品解説(帯より)「レエ オグロアラダ ロゴ……」ホラー作家の道尾が、旅先の白峠村の河原で耳にした不気味な声。その言葉の真の意味に気づいた道尾は東京に逃げ戻り、「霊現象探求所」を構える友人・真備のもとを訪れた。そこで見たのは、被写体の背中に二つの眼が映る4枚の心霊写真だった。しかも、すべてが白峠村周辺で撮影され、後に彼らは全員が自殺しているという。道尾は真相を求めて、真備と助手の北見とともに再び白峠村に向かうが……。未解決の児童連続失踪事件。自殺者の背中に現れた眼。白峠村に伝わる「天狗伝説」。血塗られた過去に根差した、悲愴な事件の真実とは?
     第5回ホラーサスペンス大賞 特別賞受賞作

     冒頭部に登場する、初老の駅員との会話がテンポ良く、すんなりと物語に入り込める。が、真備の登場からテンポの良さが一転、無駄に長い説明やウンチクにより、内容に対する期待感が薄れてゆく。作品中では魅力溢れる人物だと強調したいようだが、現実に真備のような人物がいたら、鼻つまみものでしょう。
     必要以上に長いのではないだろうか、と思いながら読了。巻末の選評に同様の意見があり、出版にあたり枚数を削減したようなことも書かれていた。修正前の長さが気になります。所々に散りばめられた謎が、ラストでは一気に収束するので途中で読むのを止めないように!
     以前放送されていた『特命リサーチ200X』や、月刊『ムー』などの内容がお好きな方には好評価かもしれません。

  • ぐいぐい読めました。説明足らないとこもあるけどこれはこれで。

  • 心霊写真的な話から現実としての殺人事件という展開。作家、心霊探求家、助手はシリーズになりそうと思ったら、やっぱりこの後出ているらしい。読みたい。

  • 読みやすかった。

  • ホラー作家の道尾と霊現象を探求する友人・真備が白峠村で起こった児童神隠し事件の謎を解明していくという物語。前半かなり無駄に長い印象を受けましたが真相が明らかにされだしてからは一気読みでした。ホラーとミステリーが合わさった感じの内容でしたが、ホラー要素(霊の存在)は無くてもよかったように思いました。でもまあ、霊の存在があったからこそ、あのラストができたわけなので、結果ホラー要素を入れて正解という事なんでしょうかね。

  • この作品がデビュー作なのか…と若干驚きました。もっと古い人だと思っていた。
    なぜ私は続編から読むことが多いのだろう。

    で、続編と比べると空想系だなあと思いました。
    これはこれで面白いと思うのですが、あっさりと霊やらお化けやらと言われてしまうと、なんだか物足りない。
    選評によると、京極堂シリーズの影響を受けているとのことでしたが、それはあまり感じませんでしたなあ。
    だいぶカットされたそうなので、そのせいかも。
    しかし、何が驚いたかって、これ、「ホラー・サスペンス大賞」だったこと。
    どう読んだってミステリーじゃないかー。
    まあ、だからこそ霊がどうたらに重きがおかれていたのかもしれませんが。

  • デビュー作なんですか。すごい。

    民俗学的な要素もあってとても面白かった。
    登場人物のリンクも好きな感じです。
    シリーズになってるみたいなので、他のもよんでみようかな。

  • 真備シリーズ、1作目。これが著者のデビュー作だったようで。

    民俗学的ホラーミステリ、かな?ミステリ色の強いホラーなので、ホラー苦手な私でも大丈夫でした。選評にあるような冗長さはあまり感じず、むしろいろいろ詰め込まれている薀蓄があることで、最後まで面白く読めた。まぁ、犯人は結局、、、だったけれど、全体的には楽しめた作品だったかな。こちらの方が先ですが、私は三津田信三さんの刀城言耶シリーズをもっとマイルドにした感じだと思った(京極堂シリーズは大昔に2,3冊読んだきりなので覚えていない)。ホラー苦手な私にはこちらの方が手に取りやすいかも。シリーズ化されているようなので、次作も楽しみ。

  • 道尾秀介氏の本は、なんとなく敬遠していたのだけど
    この本を読んでイメージが覆された。

    こんなに熱い本格ミステリーを書く人だとは思わなかった。

    確かに長いし、京極氏の先行作との模倣性など
    気になる点もいろいろとあるものの、
    デビュー作でこれほどのものを書くのは
    半端な才能ではない。

  • 道尾作品2冊め。長編でしたが、いろいろな事件がつながって先が気になって、いっきに読めました。もっと道尾作品を読んでみたいと思いました。

  • ホラーサスペンス。京極夏彦っぽい。でもいろいろ語っちゃうところが若いな。

  • 姑穫鳥の夏との相似性って、誰か言ってるのかな?

  • 向日葵の咲かない夏、を読んでそれを、ほぼ忘れた頃に道尾秀介氏を思い出して手に取りました。期待通り暗い。心霊現象から殺人事件に移行する様は、まぁあるよね、、とは思うもののとても面白く読めました。途中からなんとなく犯人はわかります、笑。でもその背景とかまではさすがでした。向日葵の咲かない夏、は読み終わった時に本を投げつけたくらいの衝撃だったんですが、さすがにそれはなかったです。シリーズものということで、真備氏の活躍をもう少し追ってみようと思います。

  • 友人にすすめられてホラーサスペンスとは知らず、読み始めました。いきなり表紙が怖そうで嫌な予感はしたのですが、やっぱり怖い!!!しかもお盆だったので怖さ倍増!でも、だんだんサスペンス要素が強くなってきて、怖さも忘れてページがすすみました。

  • 謎だらけで犯人がなかなかわからなかったし 気になって読み続けた意外な結末で憑依とは・・

  • 敬愛して止まない道尾さんのデビュー作。

    なかなかの長編。
    既に道尾・真備・凛のシリーズは読んでいたから自然に入り込めたが、確かに解説で指摘されてるように冗長ではあったかも。

    途中疲れかけたけど、終盤は随所に散りばめられた伏線や謎が一気に紐解かれていくので最後はすっきりして読了。


    厳密には☆3.5くらい

  • 道尾秀介氏のデビュー作。久しぶりに2段組の本を読んだので読了までかなり時間がかかった。デビュー作でここまで書けているのは凄いと思うけど、道尾作品をいくつか読んできているので物足りなさを感じた。道尾作品故かなりハードルをあげてしまっている自分がいるのだろう。選評にもあるように長い。作品全体に道尾秀介の初々しさが出てるのかな。2012/018

  • 実際は文庫の上下巻で読んだのだが
    分けて書くのも何なのでこちらでまとめて。

    小説家・道尾が寂れた民宿の近所で聞いた謎の言葉。
    天狗伝説の色濃く残る彼の地では
    謎の子供たち失踪事件(神隠しとも天狗にさらわれたとも)があり
    そのうち1人は死体となって発見されている。

    謎の言葉を聞いて体調不良になった道尾は
    大学時代の友人・真備(現在霊を探求する仕事をしている)に相談。
    同時期に上記失踪事件および連続自殺事件を追っていた真備、
    自殺した人々は直前に撮影された写真で
    いずれも背中に目が写っていた…。


    【ネタバレつっこみどころ】
    ・真備がチートすぎ(美形、高身長、悲しい過去、美人の秘書)
    ・真犯人が下巻まで出てこない
    (犯人自体は正しく上巻に出ているのだが、
     犯人の中での真犯人である妻は存在自体上巻には出てこない)
    ・背の眼のせいで自殺するのではなく、
     自殺しそうな人のそばに霊が現れやすいため眼が現れた
    →「自殺しそうもない人っていう周囲の評価はあてにならない」えー
    ・最後の最後に真備の亡き妻の存在を涼しげに匂わせる


    長いのに一気に読めるので(特に下巻)
    読み応えはあるのだが背の眼の理由がいかんせん。
    また、シリーズものにする気満々じゃないですかー。
    という気持ちが私を現実に戻してしまうの。

  • ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作ですが、ホラーらしい粘着質のある雰囲気は足りない気がしました。
    真相もあまり納得出来なかったです。「背中に映った眼が意味するもの」については多少驚きはありましたが、これでは「背の眼」は無くても良かったのでは…と思ってしまいました。犯人に関してもあまり納得が出来なかったです。
    物語全体としては色々な箇所で工夫が見られ、楽しめる内容になっていると思います。意外な後味を残す結末も良かったです。

  • 以前このシリーズの三作目を読み、今回やっと一作目を読み終わる事ができた。道尾さんのデビュー作。
    本自体も分厚い上に表紙を捲った途端に読み切れるかと不安になる程の長編。福島の山奥、白峠で起きた子供の神隠しと、心霊写真に写り込んだ謎の目と自殺…様々な事がたくさん詰め込まれた作品だった。実際読み始めると結構テンポ良く読めた。
    元はもっと長かった?ようで、更に推敲すると素晴らしい作品になりそう。でも、デビュー作らしくて良かったです。

  • いつもの文章のキレがないと思ったらデビュー作でした。
    漂う雰囲気はいまと変わらないけれど、話はもう半分になる気がしました。

  • 道尾さんのデビュー作品。
    いろいろ詰め込みすぎな感じ。

全151件中 1 - 25件を表示

背の眼を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする