Bボーイサラリーマン

  • 70人登録
  • 3.69評価
    • (9)
    • (9)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : HIRO
  • 幻冬舎 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007321

Bボーイサラリーマンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この一冊を読んで、そのあとツアーDVDを見る。
    グッとくるものがありますね。
    HIROさんのそしてメンバーの努力。
    ファンなら必読です。

  • HIROさんがLDHの社長になるまでの経緯を知りたくて読みました。
    少年漫画のような成長ストーリーが「自伝的小説」という体裁で、すっきりした構成でシンプルに描かれ、非常に面白かったです。
    また、人の上に立つ存在になるうえでとても大切な心がけが具体的に書かれているので、ビジネス書としてもとても勉強になる本でした。

  • 最近になってEXILEが好きになり、読みました。
    2005年の作品なので、今の大所帯になる前の本ですね。

    Hiroさんが、若いときの自分を、何もわかっていなかった無知で未熟な子供だったとさらけだしています。
    己を知るところから、もう一度夢への挑戦が始まったようです。

    夢と愛、他人を思う気持ちを大切にすることが、グループでも、会社でも珍しく共有できている不思議な空間を作り出しているそうですが、Hiroさんの失敗体験からきているんですね。

    自叙伝としては普通にさくさく読めました。
    Exileが隙かどうかで思い入れは分かれると思いますが。

  • 2012.1.15

  • LDHの社長でもあり、EXILEのリーダーでもあるヒロが200時代からさかのぼって業界の話をしています。若かったゆえに失敗したことなどが書かれていてとても面白いです。
    メンバーの人気のひみつがわかってとてもよかったです♪
    (ペンネーム Summer)

  • EXILEもHIROもあまり知りませんが面白かったです。
    HIROは人間味があるし、いい意味で単純。
    魅力的な人だなと思いました。

    EXILEのリーダーとしてだけじゃなく社長としても頼りがいあります。
    常に真剣、大まじめな感じが文章に現れてました。

    余談ですが実家が近所だった事にもビックリ!
    良く通っていた友&愛にも来ていたらしいし
    しかもそこの友&愛はavexの社長が店長やってたらしいです。
    面白いもんですね。

  • やっぱり出会いというのは大切だなと感じた。どんな人でもいろんな危機を乗り越えているのだと思った。

  • 06/25

    エグザイル・リーダーによる話し言葉をそのまま文字にしたような栄光と挫折のストーリー。最後は明日を見つめてハッピーエンド。

  • HIROさんかっこいい

  • これはEXILEのHIROさんが自分の半生をつづったお話です。
    2005年までのHIROさんやEXILEが誕生するまでのお話でEXILEファンなら読んで損はない一冊です。
    お話とお話の間にメンバーのHIROさんについてのコメントもあるので退屈せずに読めます。

全17件中 1 - 10件を表示

HIROの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
有川 浩
齋藤 智裕
有効な右矢印 無効な右矢印

Bボーイサラリーマンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

Bボーイサラリーマンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Bボーイサラリーマンを本棚に「積読」で登録しているひと

Bボーイサラリーマンはこんな本です

BボーイサラリーマンのKindle版

Bボーイサラリーマンの文庫

ツイートする