檸檬のころ

  • 768人登録
  • 3.68評価
    • (95)
    • (133)
    • (206)
    • (14)
    • (1)
  • 178レビュー
著者 : 豊島ミホ
  • 幻冬舎 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007475

檸檬のころの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「檸檬のころ」まさにそう表現できそうな青春の一コマ。作者はあとがきで「地味な人なりの青春」を書きたいと思っていたと綴っていたが、どんな世代だって大半は平凡で地味な学生時代を送るんじゃないかと思うし、またそれが一番青春らしかったりするんじゃないだろうか。何か大きい事をやり遂げなくても、友達と笑い合ったり、恋愛したり、趣味にのめり込んだり…それだけでも人生の中で青春時代は大きな意味を残す。
    この短編集はそんな普通の小さな青春時代が描かれていて、好感が持てた。

  • いっそ痛いと思った、その痛みだけは思い出せた。
    かっこ悪くて情けなくて、でも忘れられない瞬間がある。
    田んぼと山に囲まれた田舎の県立高校を舞台に綴る青春の物語。

  • 高校時代の恋ってこんなにきらきらしてて
    甘酸っぱかったのかーって

    途中で話が全部つながってることに気づいたけど、
    視点が変わることで、それぞれの想いが
    それぞれに伝わってきてせつなくなる

  • あまりの青春っぷりに途中で挫折しかけたけど最後まで読みきった。もうちょっと若いころに読めばもっと楽しめたかな。

  • 普通の高校生の青春を切り取った短編集。


    きっと誰もがあの頃感じていた気持ちがちゃんと文字におこされていて、そう!それだ!と思いながら読みました。良かったです。

  • 「底辺女子高生」を思い出しながら読んだ。自分と重なる部分があって、うわーってなった。

  • すごく共感できる…

  • 「ルパンとレモン」

    辻本くんの対応ってば高校生離れしてる(「ラブソング」)

  • 高校生たちの短編集。著者も言っている通り、地味なほうの子たちにスポットを当てたお話。でも、それがよかった。実際に存在するのだって憧れられるような子たちばかりじゃないし、ほとんどの生徒とはその他の地味な部類なんだし。だからといってつまらないわけは決してない。苦しいほどにもがいて悩んで心を上手く表現できなくてもどかしくて、そういう思いを存分に描いてくれたこの短編集は、とってもおもしろい。甘酸っぱくて、せつなくて、こういうお話にきゅんと反応できる心を持ち続けたいものです。

  • 派手でも病んでもいなくて、
    大した問題児でもない高校生の青春。

    なんか、痛いなー。

全178件中 1 - 10件を表示

檸檬のころのその他の作品

檸檬のころ Kindle版 檸檬のころ 豊島ミホ

豊島ミホの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

檸檬のころを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

檸檬のころを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

檸檬のころを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする