しあわせの雑学―一日一杯の読むスープ

  • 16人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 近藤勝重
  • 幻冬舎 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344010789

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「やっと着いた」「やっと会えた」「やっと心が通じた」・・・、そんな「やっと」の思い、昔は頻繁に感じたものでした。切なさ、未練、ときめき、狂おしさ・・・、このような感情も、確かに、ゆったりとした時間の流れがつくり出すものかもしれませんね。1945年生まれ、近藤和重さんのエッセイです。2005.12発行。ビートたけしさんが大怪我をして入院中のときの話が紹介されています。「窓から外を見ると、寒そうにコートの襟を立てて歩いている男が見えた。あの人になりたいなと思った」と。幸せの真髄を語られている気がします!

全2件中 1 - 2件を表示

近藤勝重の作品

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープを本棚に登録しているひと

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープを本棚に「読みたい」で登録しているひと

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープを本棚に「積読」で登録しているひと

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープはこんな本です

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープの文庫

ツイートする