だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日

  • 67人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (8)
    • (26)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 塚田努
  • 幻冬舎 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344010901

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いは面白いのだが、どーも大昔の山谷を上っ面だけとはいえ見てきている身としては、エラくライトだなと。学生が逃げる場所じゃぁ無いんじゃないかな。表現悪いが吹き溜まりの集まりなんだから。今は大分その匂いが消えちゃってるけどね。ただ面白おかしく書いているのではなく、若い人の体験記として書かれているところは良い。

  • アウトロー大賞受賞作品。
    これは面白い
    ノンフィクションだから 非常にリアルです。
    今も昔も問題になっている「雇用」について
    下請日雇い労働者の立場から見た話
    著者の塚田氏は当時大学院生で
    大学にあまり行かず 日雇労働者として
    現場での体験した生々しい生活や体験を基にした本。
    今まで知らなかった世の中が
    ちょっと垣間見えた
    そんな感じです

  • どこにも「それが当たり前」と思っている人がいるもんで、ということは今自分に与えられた環境を当たり前と思ってはいけないな、なんてそんなことを考えた本でした。
    それにしてもほぼ同い年でこの経験。尊敬するわ。

  • 5月23日読了。就職について悩み、大学院に進みながら山谷で日雇い労働に従事した著者によるルポ。山谷、寿町などのドヤ街やホームレスとして生きる人々の存在はもちろん知っているし、その実態について興味はあるのだが、道で遭えば目をそらすだろうし関わり合いを避けるであろうもの。著者の体験は生々しく、とても面白い。・・・山谷や飯場は確かに「社会不適合者の吹き溜まり」ではあるのだが、オシャレや恋愛などの楽しみをシャットアウトさえすれば、少なくとも「生きる」ことはできるし、仲間もいて安心を得られる場所でもあるという指摘は確かに、そうなのかもしれない。メディアの情報に振り回されない分、フリーターとして都市で生きるよりは精神的にラクに生きられるのかもしれないな。ただ、工事現場の作業の実態など、長生きできる職種では決してないようだ。

  • 面白かった。
    知らない世界。
    飯場とか山谷とか。
    地下鉄とか。

  • 7月。子どもの感想文みたいな文体なのに最後まで嫌にならず読めた。作者は自分に正直に書き通すことだけが俺にできることだ!というような姿勢があって気持ちよく読めたのかも。

  • 何も考えず高校を卒業しなんとなく就職した自分が最近,生きにくく感じるので,著者が体験しようと行動したのはすごいと思う。

    ただし,読んだあと満足感は得られなかった。

  • 大学院生の「僕」が山谷で、過酷な労働状況の飯場で、過ごした日々

    本の中の男達の日々は、客観的に見ればお金も時間も空虚に舞っている。
    工事現場で、日雇いの現場で、一生懸命働く。
    得たお金は将来に投資するでもなく、自分のギャンブルや酒など日々の欲望に忠実に使う。

    生き方に選択肢がないわけではない。

    彼らは自ら自由気ままに生きることを選んだ。世間の一般的な幸せからは遠のくのと引き替えに。


    ただ、彼らが送ってきた人生での選択肢は世間の人より狭かったことも事実



    就職活動中の今、自分がどう生きたいのかを考える。



  • タイトルとジャケに惹かれたので購入したところ、おもしろすぎて1日で読んでしまった。山谷や飯場の生活を綴った文章もいいが、著者の葛藤が特に良い。

  • 山谷や飯場の生活を体験してみた学生さんの手記。外から見るだけではわからないことばかりです。

全15件中 1 - 10件を表示

塚田努の作品

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日に関連する談話室の質問

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日を本棚に登録しているひと

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日を本棚に「読みたい」で登録しているひと

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日を本棚に「積読」で登録しているひと

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日の作品紹介

ごく普通の大学生の「僕」は、就職活動を前にしてドロップアウト。そして始めた東京・山谷でのドヤ暮らし。宿なし・金なし・家族なしの中年男たちと寄せ場や職安に通い、スポーツ新聞に掲載された求人を頼りに飯場の世界にも飛び込んでいく。彼らは、そして就職を選べなかった僕は、ダメな人間なのか?答えは肉体労働の中にある。だからひたすら汗をかく。今日も、明日も、明後日も-。ドヤ街の男たちと寝食を共にした一人の大学生による傑作ノンフィクション。幻冬舎アウトロー大賞大賞受賞作。

だから山谷はやめられねぇ―「僕」が日雇い労働者だった180日はこんな本です

ツイートする