ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生

  • 223人登録
  • 3.22評価
    • (12)
    • (38)
    • (77)
    • (11)
    • (9)
  • 65レビュー
著者 : 山田宗樹
  • 幻冬舎 (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344011533

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明日香、笙のその後の話。
    その年代ならではの葛藤がよく表されている。
    が、前作の印象が強すぎたためか「いい話だな」で終わってしまった印象。
    続編でなく全く違った形であればまた違った感じ方ができたかな、と思う。読後感は爽やかで好印象でした。

  • テレビドラマみたいな話。でもきらいじゃない。ベタな設定は人を幸福にすると思う。 3/13読

  • グッとくる言葉は所々あったが全体的にちょっと薄っぺらい

  • 誰かのレビューにもあるかも知れないけれど、『続・嫌われ松子の一生』を副題に付けるのは嫌らしいなぁと思った。けれど、松子を読まずに読むと、笙の考え方に影響を与えた松子を知らない訳で、松子はメインストーリーに登場しなくても、笙に影響を与えた人物であるわけだから、松子を読んでから読むに越したことは無く、松子の続編だと知って読んだ方が分かりやすい事はあるかもしれない。

    嫌われ松子の一生から4年後の話。松子に一度も会った事がなかった甥の笙と、笙の恋人だった明日香の現在が交互に描かれている。明日香は東京の大学を辞めて、医師になるという夢を叶えるために医学部のある大学を受験し何と合格。医学部の大学生となっている。
    笙は大学を卒業後も定職に就く事が出来ず、パチンコ店のホールでバイトをしている。
    明日香は偶然飛行機で出くわした出来事により、より明確な夢を持つようになり、がしかし同時に老舗の病院の御曹司である恋人からプロポーズを受け、一緒に親の病院で歯たる事を打診される。
    笙は偶然出会った、どこか松子を思わせるユリという女性や、ユリが所属する劇団の団長であるミックとの出会いによって役者という、もしかしたら天職とも思える夢を持つに至る。
    嫌われ松子の続編、とは言え、松子は既に亡くなっているので登場しないが、松子の一生を知った事によって、笙や明日香に何かかの影響があった事が分かる事が嬉しい。松子の親友だった沢村めぐみが少しだけだけれど登場するのも嬉しい。
    何よりも、このまま接点がないまま終わるのかと思われた笙と明日香が終盤、再会する事によって、お互いに影響を与えられた事が嬉しい。

  • あの日の自分に恥じない生き方。

    生きる道のための覚悟を、思い出せた。

    頑張らなきゃと思わされた一冊。

  • 嫌われ松子の一生の続編。
    松子の甥、笙と別れた明日香の4年後の話。
    笙は素直な性格のせいか周りに流され、明日香は自分の行動を冷静に分析してやるべき事を見つけていく。
    最後は久しぶりに再会して、
    お互いの進む道を認め合って爽やかに終わったけど、なんだかなぁ〜。
    二人の成長の物語としてみればいいとは思うけど、明日香が自由すぎる印象。
    松子の続編とは書かないで欲しかったなぁ…
    ほとんど関係ないじゃない…

  • 前作は小説も映画も観ました。
    大好きな作品!
    今回は本当の(?)主役だった、シュウくんと明日香の表舞台に出るお話。

    所々に前作の余韻を残しつつ「今」を生きるふたり。

    お互いに恥じない生き方をしたいと、再び歩き出したふたり。

    とても、読後感が気持ちよかった。

  • 嫌われ松子の一生の続編。甥が主人公で面白かったかな。時折、aikoのアルバムや曲が場面に出てきてた。

  • みなさんも書き込みされてますが、「続編」ではなかった。。。

  • 嫌われ松子の一生の続編。

    松子の甥、川尻笙とその元恋人明日香のその後。
    笙は大学を卒業しても定職につかず、下北沢でのひょんな出会いから演劇の世界に目覚める。
    明日香は医師を目指すため笙と別れ佐賀の医科大で日々勉強に励む毎日。

    そんな2人が夢を追いかけて行く姿が描かれていて、
    一気に読み進むことが出来る。
    2人とも松子と同じようにガムシャラに生きてる。

    自分の夢に向かえるって羨ましい事だ。

全65件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生を本棚に「積読」で登録しているひと

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生はこんな本です

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生の文庫

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生のKindle版

ツイートする