バカを使いこなす聞き方・話し方

  • 68人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (11)
    • (3)
    • (6)
  • 10レビュー
著者 : 樋口裕一
  • 幻冬舎 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344011816

バカを使いこなす聞き方・話し方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バカを細かくタイプわけし、それぞれについて解説と対策が記述されており、それなりに面白い。但し、バカは基本的に1つのタイプではなく複数のバカ要素が組み合わさっているので、その対策が実践できるかどうかは相手にするバカによる。■また、「使いこなす」ことに主眼を置いているので、バカに対する育成責任を負った上司にしてみれば、やっぱり内容に不足がある。バカをバカでなくするにはどうすればよいか、それはやっぱり永遠の課題か。

  • バカを33種に分類。上司部下という権力構造が前提となっているために汎用的ではない。厳密に言うと「バカ」ではなく、「バカな部下」を使いこなす方法の本になっている。
    ただし、小論文の講師の本なだけあって、論理性を追求している点は参考になる。基本的にバカには説明をしない。説明してもムダ。結論・要点だけを伝えるというのがポイントかな。

  • よくあるマネジメントの書籍の中身をスカスカにした感じです。仕事ができないの表現を全てバカに統一しただけで、特に新たな発見は無い。
    バカというキャッチ―な表現を使って売ろうという目的が露骨な書籍でした。

  • 人間関係について知りたてく読書。

    世の中の人間はバカばかりという性愚説を前提に展開する。本書のバカの基準だと私もバカである。しかし、自分がバカであることを自覚しているだけましかもと、勝手な自己肯定。

    関わるとストレスとなる、エネルギーを吸い取る、×0.9な人たちとどのように上手に距離を保ち、あるときには協力してもらい、そして、敵に回さずにしつかりと自分の身を守るのかをもっと学びたい。

    残念ながら第6章は、あまり参考にはならなかった。私的な他人の問題、人間同士の揉め事や恋愛のもつれなどには、意図して徹底して関わらないは、いい氣づき。

    読書時間:約1時間5分
    (9月11日完読)

  • 本質的"バカ"多きこの世の中、仕事場でも"バカ"な人間は必ずいるもの。
    そんな"バカ"とどう付き合えばいいのか、といった一冊。

    タイトルに「使いこなす」とあるように、職場などで人を使う側向けに
    一応は書かれているが、使われる側が読んでもいいとは思う。

    …のだが、"バカ"の定義が広すぎて、誰もが多かれ少なかれ当てはまる
    であろう構成になっているし、少し考えれば分かりそうな対応がほとんどで、個人的にはあまり参考にはならなかった。

    これから人をまとめる立場に立つ人、職場などにどうにも扱いに
    困る人間がいる場合は読んでみるのもいい…かもしれない。

  • いやぁーひどいというか、面白い本です。

    バカをMECEに分けてそれぞれについての対処方法が書いてある。ほとんど下らないけど中には一理あるものもあって、自分の行動規範とかにもなったりして。
    ---------------------------------------------------------------------
    2012年8月にレビューを見直すが全く覚えてない…これは一読の価値が?

全10件中 1 - 10件を表示

樋口裕一の作品

バカを使いこなす聞き方・話し方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バカを使いこなす聞き方・話し方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バカを使いこなす聞き方・話し方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バカを使いこなす聞き方・話し方の作品紹介

質問の仕方、指示の出し方から叱り方、おだて方まで、バカを相手にした話し方や行動に焦点を当て120%活用する方法。

バカを使いこなす聞き方・話し方はこんな本です

ツイートする