香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則

  • 121人登録
  • 3.44評価
    • (7)
    • (19)
    • (35)
    • (1)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 林和人
  • 幻冬舎 (2006年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344012400

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても面白くて一気に読めた。「3年後の仮説」を立てることと、経済合理性に基づいて投資することの重要性を説いていたが、いざ、「3年後の仮説」を立てようとすると、何もイメージに浮かんでこないことに驚いた。
    3年後の仮説が立てられるような知識を収集しなければ。

  • 華僑の方のお金に対する考え方がわかる本です。
    同じアジア人(?)ということもあり、分かり易い部分もあるかと思います。

  • マカオがブームになる時に、「これからはマカオだ!」と鼻息荒かったユナイテッドワールド証券の林さんの本。
    香港とマカオにそこらじゅうに転がっている「儲け話」や「うまい話」も、普通の人が書いたら面白くないのだろうが、香港在住18年という人が書くと、あたかも「そんなに現地に長い人が言うんだから。。。」と真実味が一気に増す怖さがある。
    ましてや自分で証券会社を立ち上げた人が書いた本となれば尚のこと。

    ここでこうやって本を書いて、結果的に「香港に投資しよう」とか「ユナイテッドワールド証券に口座を開こう」と思う人が出てくるかもしれない事を狙っている点では、香港人以上に商売上手かも(笑)

    ただ、あんなにマカオブームの時に日本のマスコミに散々登場していたのに、最近はあんまり聞かないし。。。というのを見ると、著者のビジネスセンスってどうなのよ??ということはお忘れなく。

  • 赤裸々に入社から現在までを書き上げていて且つ香港富豪のトレードの鉄則も書かれていて、とっても面白かったです。又いつか時間が経ったら読み返してみたい本ですね。今使ってる証券会社を変更したくなりました。

  • 資本主義経済社会に

    生きているのなら、

    そのルールを

    もっと有効利用しよう。

  • 「香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則」という題名を見たとき、そういえば中国のお金持ちはとんでもなくお金持ちって言うよなーとなんとなく興味をもち手にとってみました。 株や投資等に興味がある人には新しい発見があるかもしれません。 というのもよく聞くような(本に載っているような)方法と違うのです。
    http://book4idea.com/3.html

  • 徹底した経済合理性の追求を強調。感情を挟むなと。分散投資は薦めない。一極集中と。不労所得の「ダークサイド」も強調する。香港大富豪はその対処も怠らないと。常に3年先を検証せよ。

  • 今後、不労所得で生きていきたいとひそかに考えているので、興味があり購入。
    今年の10月発売にもかかわらず、すでに第4刷までいってるって、かなり売れてるんですね。
    ということで、読んだ感想。香港(華僑)の大富豪がどのような考え方で利殖に励んでいるのか、そしてそれを模して財をなした著者の生き方には大変共感した。ただ、この本を読んで理解したことを実生活でどこまで模していけるのか、微妙な気もする。しかしながら、今後は是非とももっと情報収集、思考ということにこだわって生きて行こうと思う。
    読んでよかった。

  • 華僑をクライエントに持つ証券会社会長の営業マン時代からの華僑との関わりから学んだ、実体験の華僑本。
    良い人脈に恵まれるという人は、こういう人の事を言うのだと思う。つまりは努力の賜物。

  • 「経済的合理性」をキーワードに、証券マンとして香港大富豪と付き合った著者が、彼らから学んだ事柄を、お金儲け7つの鉄則として紹介。最初から、お金持ちになるには不労所得が欠かせないと説くが、その前提として正業を極める事=ビジネスに対して真摯であるべき事が強調されており、タイトルから連想されるような、安易な投資術的な内容ではない。(逆にタイトルで損をしているとも言える)

    大富豪の立志伝や、著者の独立までの経緯と"ダークサイド"のエピソードなどは楽しく読める。印象に残ったのは、時間の長さは誰に対しても平等という点。それを有効に使えるかが成否を分けるという正論は、自らの生活を省みる良薬になりそう。

全23件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ブライアン トレ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則の作品紹介

資産1500億の彼らも、はじめは無一文だった。香港在住18年、華僑の資産運用を手がけた証券マンが、その全貌を明かす。

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則はこんな本です

ツイートする