月の夜に洪水が

  • 22人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 川口晴
  • 幻冬舎 (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344012578

月の夜に洪水がの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 運動神経がよく、男の子みたいなりりしい顔つきの晶が、小学生の時にであった男の子の、メイシャ。

    クラスは一緒でも、二人の家庭環境も経済力も歴然として、劣等感や意地悪な疑いすら抱いてしまうこともあった。

    けれどどこまでも優しいメイシャとは互いにひかれあい、誰よりも心が通じあっていた。

    メイシャ、事故で亡くなってから、私の心はかたく閉ざされ死んだも同然の日々を送るだけだった。

    東京から北海道、そしてまた東京へ、
    小学生のままのメイシャの記憶と、よく3人で遊んだ香織、風俗の世界に入って不安になったり穏やかな日も傷つきボロボロになって、出会った人々と新たな道。

    なんだ、死ネタか、とは思わなかった。
    ただなんか悲劇のヒロインになりすぎな感じもしたり話が出来すぎな感じもしたり(笑)

    あまりに計算されて作られすぎだ。
    でもすらーっと読める。
    大崎義生のタぺストリーホワイト思い出した)^o^(

  • こころがほんわり温かくなった。

  • なんとなく気になって手に取った小説。
    冒頭の「屋上」に心ひかれた。

    夜中2時にもかかわらず、読むのを止められなくて、
    かなり没頭して読んでました。

    今まで触れたことのない感じの、新鮮な文章。
    さりげなくて、きれいで、さらさらしてるようでいて、硬質的で。
    言葉と言葉をつなげると、きれいに和音を奏でるみたいに。

    タイヤ男
    メイシャ
    ヘアー
    曾根くん
    中田
    香織
    キャット・ピープル

    話の展開がこうも重苦しくなっていくとは思わなかった。
    主人公の人生を狂わせて、雅美のようなひとは許されるんだろうか?
    ってすーごく思った。
    信じられない。
    そこまでさせるような思いって一体なんだろう。


    西日を透かした布地はマーマレード色に翳り、埃と日向の匂いに包まれて暖かだった。

    また読みたいな。

全3件中 1 - 3件を表示

川口晴の作品

月の夜に洪水がはこんな本です

ツイートする