鹿男あをによし

  • 4430人登録
  • 3.79評価
    • (572)
    • (939)
    • (902)
    • (69)
    • (22)
  • 909レビュー
著者 : 万城目学
  • 幻冬舎 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344013148

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鹿男あをによしの感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    ファンタジーな作品が好きなので、あり得ない設定にワクワクして読みました。
    茨城の鹿島神宮に参拝にいきましたよ。
    いつか奈良にも行きたいです。

  • <閲覧スタッフより>
    奈良といえば、一番に浮かぶのは鹿。もしもその鹿がいきなり話しかけてきたら…?そんな妄想じみたことすら本当に起きてしまいそうな、神秘的な地、奈良。古墳や神社仏閣など、有名な場所もたくさん出てきます。作中にもある美しい夕焼けを見に、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
    --------------------------------------
    所在記号:913.6||MAM
    資料番号:20091077
    --------------------------------------

  • とても面白かった。
    「坊ちゃん」のオマージュ、非常にうまくてびっくりした。
    さらに、歴史に対する深い造詣。鼠=難波宮なんて、日本書紀をよほど読み込んでいないと出てこない。三角縁神獣鏡のあたりも、著者は相当深い知識を持っていると感嘆した。

    それらの知識を土台にして展開されるストーリーも、非常に面白い。手に汗握る場面あり、ほのかなロマンスあり、豊かな人間関係あり。
    主人公の成長ぶりも、本家「坊ちゃん」に通ずるところがある。読後感も爽快。この著者の本は初めて読んだが、ちょっとはまってしまいそうだ。

  • 奈良、歴史、謎、部活…私の好きな要素が詰まっているだけに、とても愛着のある1冊。特にラストシーンが良い。

  • ホルモーほどの爆発力はなかったけど面白かった。顔が鹿になるなんて一大事なのに淡々としていた。堀田さん可愛い。マイシカ。京都市動物園に行った時は狐を探そっと。

  • 資料ID:W0150193
    配架場所:1F電動書架C

  • TVでドラマ化した時は全く見なかったけど、その時期に小説は面白いと言ってた知人がいたし、ちょっと前に読んだ「鴨川ホルモー」が気に入ったので、読んでみた。

    よく理解できないまま話が進んでいくので、ダメな人はダメだろうなあ。

    評価はわかれるんだろうなあ。

    個人的には、ホルモーのほうが好き。

  • 言わずと知れたあをによし。文句なく万城目さんは面白い。ドラマも好きだったな。とくにエンディングの鹿の後ろ姿が。ラストでどどどっとまとめて一気に伏線を回収するので、ここでスカッとするか、まとめてやりすぎだろ、と思うかは好みかなと思う。

  • ★★★しゅららぼんやホルモーに比べるとインパクトに欠けるような気がした。サンカクをかけた大和杯!剣道の試合、スピード感緊張感が伝わってきた。堀田イトの活躍が眩しい。ハッピーエンドで読後も爽快!

  • 一日で読んでしまった。ありえない展開がすごい。
    もう少し盛り上がればなーとは思った。

  • ドラマは観てなかったけれど、万城目さんのお話は、映像にしにくい場面が多いので、本で読む方が断然面白い!
    それぞれの頭ん中に、鹿男や鹿女、狐女など妄想を膨らませるのが楽しいだろうなぁ〜

  • ドラマ見るぞォー(*^^*)

  • ちょっと前半はもたついたのですが、中盤から一気に面白くなりました。

    主人公が後半にいくにつれどんどんいい男(いや、鹿男?)になっていく!謎もなかなかロマンチック。神様ってやるなあ。

  • よくこんな設定を思いつくなと感心した
    現代を舞台にしたファンタジーだけど、入り込みやすくてかなり面白い

  • 読んでいる途中で、これは『坊ちゃん』だなぁと思ったのですが、果たしてWikipediaにも“『坊ちゃん』の本歌取り”との記述があるし、そういう台詞も出てくるので、正解だったなとほくそ笑んでいるのですが、何をほくそ笑んでいるのかというと、黒板のいたずら書きの時点で、あれ坊ちゃん?とひらめいたからです。小学生の時に読んだきりで、そんな初めの方の細かいエピソードまで覚えていなかったのだけれど、先日テレビのバラエティ番組で『坊ちゃん』の解説をしていたのを思い出したのでした。以前同僚から(仕事もせずにお喋りばかりしている人で、わりとどうでもいい理由で辞めていった)この本の話を何度となく聞かされていたので、図書館の返却本コーナーでふと見かけて手に取ったのでした。こういうきっかけで、今まで読んだことのない種類の物語に触れるっていうのも、アリですね。(2015-09-15L)

  •  剣道の青春物だと思って読みだしたら、あらあら顔がだんだん鹿になってしまう先生の物語でした(^^ゞ
     鹿や鼠が話をするのだからファンタジーとしか言いようがないですね§^。^§
     地震が起こるし、富士山が噴火するかも?なんてハラハラドキドキもあって、どうなるか?気になって読了。
    一応ハッピーエンドでしたが、もう少し希望が持てる終わり方にして貰えたら最高だったと思うので、そこがとっても残念でした(・.・;)

  • 2015/07/16購入
    2015/07/13読み始め
    2015/07/21読了

  • 鹿、狐、そして鼠。
    関西には、神秘的な逸話が多い。

    文句なしに万城目ワールドを堪能できるッ!

  • 2015-43
    面白かった!
    ベタな展開ではあるけど、歴史も絡めて面白く読めました。

  • 「鴨川ホルモー」「偉大なる、しゅららぼん」に続いて3作目を読む。

    主人公が大学院の研究室をとある理由で離れ、女子高に赴任してから巻き起こる喜劇。何故鹿男なのか、その理由が面白い上、奇想天外なストーリーだけど何かゆったりとした時間の流れを感じさせ懐かしさも同居した作品。

    個人的には万城目学さんの作品の中では一番好きかもしれない。笑いあり、感動あり、ほろ苦い恋愛ありと色々な要素を含みながら優しさも感じることができた。

  •  2回目の挑戦。面白かった。奈良一色。風景も思い浮かび、より楽しい。
     話や設定が夏目漱石の『坊ちゃん』を思い出させた。

  • 最近、奈良に行った時に同行者から勧められた本。
    春日大社、平城宮跡を生で見たばかりなので、イメージがしやすい。
    読みながら、「おーい!鹿さん、狐さん、鼠さん!今が出番だよー!頼むよー!」と、思わずにはいられなかった。。。
    テンポよく読めるし、面白い本です。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:913.6||M
    資料ID:50700209

    2008年本屋大賞第8位
    映画化・受賞作(2008年6月)でも使用

全909件中 1 - 25件を表示

鹿男あをによしに関連するまとめ

鹿男あをによしを本棚に「読みたい」で登録しているひと

鹿男あをによしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿男あをによしを本棚に「積読」で登録しているひと

鹿男あをによしのKindle版

ツイートする