有頂天家族

  • 4965人登録
  • 4.06評価
    • (964)
    • (812)
    • (680)
    • (42)
    • (17)
  • 872レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 幻冬舎 (2007年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344013841

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有頂天家族の感想・レビュー・書評

  • 雰囲気がある。リズムがある。
    いつも目に見えている世界から、少しずれた異世界へ、ほとんど違和感なく連れて行ってくれる。
    楽しく本を読む時間を過ごさせてくれる。

    森見さんの本は、京都大学臭が強く、もうお腹いっぱい、と思っていたが、娘の勧めで読んでみた。
    思いのほか面白く、娘と同じものを楽しめるようになったことも含め、楽しい時間を過ごすことができた。

  • 京都にすむ狸と天狗と、天狗的人間(笑)
    亡き偉大な父狸に、愛にあふれた母狸
    それぞれ個性的な4兄弟
    キーワードは「阿呆」

    森見ワールド炸裂です
    偏屈ジジイの天狗師匠も、敵役の狸たちも
    ひとしくみな愛おしい

    軽妙洒脱な文体もあいまって、最高に楽しい1冊

  • 今は亡き偉大なる父、雷が苦手な優しい母、生真面目で堅物な長兄、とんとやる気のない次兄、純真で頼りなき弟、そして阿呆な主人公である三男・下鴨矢三郎。京都の街で繰り広げられるは、偏屈ジジイである恩師の届かぬ片思いと数々の悶着、宿敵・夷川家とのてんやわんやの攻防戦。でもこれは全部、狸と天狗とたまに人間たちのお話。狸界を震撼させる狸鍋騒動とそれに乗じた陰謀に、団結して立ち向かうのだ、下鴨兄弟。毛深きモフモフの家族愛と少しの涙が、今日も優しくコロコロと転がり続けていく。
    面白おかしきことも、悲しいのに許してしまうことも、すべからく阿保の血のしからしむところのようだ。一緒になって大声で叫びたい、くたばれ!

  • たぬきと京都が主役の、ヘンテコファンタジー。
     森見登美彦さんワールドは相変わらず。
     たぬきに感情移入できなくて、なかなか読みづらかったですが、この世界観は嫌いじゃないです。

     ちょうどアニメの2シーズンが始まったようですね。
     北海道ではやってない、と騒いでいたら、
    娘から「ニコ動でみればいいんだよ」とあっさり言われてしまいました。
    アニメで見るほうが、このヘンテコ世界観は受け入れられそうです。

  • 狸と天狗と人間との摩訶不思議な話。
    面白さを求める狸の下鴨矢三郎とその阿呆な兄弟達、天狗の赤玉先生、天狗より天狗らしい人間の女性である弁天など個性豊かなキャラクター。
    古風な言葉と言い回しで一見難しいが、とにかくテンポが良くて読みやすく、たまに出てくる「ぶっちゃけ」とか現代用語も面白い。
    狸の4兄弟が最後力を合わせて父の仇を取るところは典型的であれどわくわくした。

    これ全部人間が考えた話なんだと思うと物凄い想像力。

  • (蔵書管理)祝!アニメ2期制作決定!愛すべき毛玉達よ〜

  • 狸と天狗と人間が わちゃわちゃする話。
    ややクセあり。

  • アニメの再放送を見ていてむくむくと読みたい気持ちが湧いてきてしまい、再読。
    アニメーションの美麗な背景画を見た後だと、小説の文字を追っていても脳裏に鮮やかな情景が浮かぶようで、初めて読んだ時以上にワクワクドキドキしながらページをめくりました。

    どの登場人物(狸・天狗)も生き生きと物語の中で駆け回っていて、その姿が愛おしいです。特に赤玉先生。なんという愛すべき偏屈ジジイぶり。そんな先生と父上、矢三郎の「先刻御承知」な関係が堪らなく優しくて、切なくて、胸がぎゅっとなります。

    何度でも読み返したくなる、素敵なお話です。

  • わずか3分、いや、1分も経たずに引き込まれました(笑

    あぁ、なんて面白いんだろう!
    言い回しや表現の仕方、とにかく全てが完璧!!!と言えるほど好きになりましたっ。

    森見登美彦さんの本全て読んでみたいと思えるくらいに気に入りました!

    私は泣ける本が好きなハズなのに、あれ?こんなに面白くて勢いがあって心温まっちゃうなんて、あれ???ってほど衝撃的な出会いを果たした気分です(*´∀`)

    しかも言い回し的に勝手におじいさんかと思ってたら、随分お若い先生で更に驚かされました。

    とにかく!オススメですっ。

  • 京都市内が舞台。狸・天狗・人間のファンタジックな関わりが楽しい。

  • ストーリーは、亡くなった父狸の座を狙う権力争いで
    しかも、その座を狙っているのが、亡き父の弟。
    下鴨四兄弟の叔父である。
    こいつが無茶苦茶嫌な奴で、その息子兄弟がボンクラである。
    そこに恋やら嫉妬やら画策やらが入り混じって
    人間界ではありがちなドタバタドロドロな話だけど
    主役が狸となると、なんか滑稽なんだなぁ~
    しかも、偉大な父親の死の理由が、タヌキ鍋だなんて・・・
    鍋を囲んだのは七福神の名を持つ人間で・・・
    はぁ~??┌┤; ̄▽ ̄├┘

    ファンタジーというか、コメディだなぁ~(^◇^;)
    これはアニメ向きの話だなぁ~と思ったら
    アニメありましたぁ~
    どうやら結構いい出来のようなのでそれも見てみましょ。

  • 愛すべき狸たちが巻き起こす大騒動とは。

    森見作品といえば、主人公(語り部)がやたら尊大でムツカシい言葉を操りながらも、その実あまりにも純真で不器用な姿に、大笑いしながらも何処か爽やかさと愛おしさを感じさせる、、のが特徴だと思うのですが今回はそれに加え、家族愛が、
    もう家族愛がすごい!

    狸四兄弟の個性が鮮やかに描かれ、実に生き生きと彼らは動き回る(暴れ回る)。もちろん母も負けず劣らず存在感がある、というか母ファンも結構いるのでは。
    彼らの父は亡くなっているのですが、皆一様に父を尊敬しつつも様々な思いを抱えていて。
    そして彼らは本当にお互いを思い合っている、これが、グッッとくるんです。
    普段は阿呆だなんだと罵っても、兄の危機、弟の危機、家族の危機には何をおいても駆けつける。
    そんな騒動の合間の何気ない家族間の会話が、またさりげない思いやりに満ちていて、思わず鼻の奥がツンと、ああ兄弟家族っていいものなのかもしれないなぁと。

    一つ一つの騒動が、最後の大騒動に綺麗に(はちゃめちゃに)繋がっていくのは、構成としての素晴らしさも感じさせます。
    森見登美彦が好きな方はもちろん、兄弟のいる方、そして狸好きな方は是非!

  • また土地勘のある京都のお話。叡山電車への愛を感じます。

  • まず先に、森見先生の小説をまじめに読もうとしてはいけない。
    基本「んな、アホな!!」な設定と展開の連続である。
    しかしながら、読み進めていくうちに「もしや、私が知らないだけで、世の中には本当はこんなことも、あんなことも実際に存在するのでは・・・??」とこれこそアホな考えに支配されてゆき、気づけばどっぷりハマりきって抜け出せなくなるのが、森見ワールドの不思議。

  • 2016.07.24
    何年ぶりかの森見ワールド。

  • 京都を舞台とした狸と天狗と人間の話。


    森見ワールド全開の小説でした。軽口を叩き合う会話のテンポがとても痛快で楽しい作品です。
    なかなかひどい話ではあるのですが、主人公が暢気な狸なのでまあ良いのかという雰囲気で最後まで楽しく読めました。


    「面白きことは良きことなり!」

  • 四兄弟とお母さん、赤玉先生、弁天、金閣銀閣がキャラ濃くて一気に引き込まれました。
    弁天に恋しちゃう矢三郎は、身分違い(というかなんというか…食べられそうになっちゃうんだからそれ以上)の悲愛で、ロミオとジュリエットもかくやというくらいのお話にしてもいいところを、「阿保の血のしからしむるところ」とした森見登美彦さんが素敵。

    矢三郎がへそ石様を燻る禁じられた遊びに興じているところ、腹筋やばかったです。

    最後の怒涛の展開が素晴らしい。
    続きが出て嬉しい♡

  • 何度読んでも、やはり大好きな作品です。
    父の血を几帳面に4つに分けた四兄弟。性格もバラバラな四兄弟ですが、それでも雷が一鳴りすれば、雷の苦手な母の為どこにいようとも駆けつける優しい四兄弟。
    そんな優しくてモフモフな狸たちが京都を舞台に織りなす物語。
    父の発つ日、冒頭が印象的です。
    「よっ!赤玉先生!!」と思わず叫びたくなる爽快なラスト。
    ニヤニヤしながら読み終えました。

  • 食べちゃいたいほど好きなのだもの!
    そんな可愛いたぬき達。
    樋口一葉…四文字熟語にしたらそれらしい意味になったりするそのセンス!
    京都は摩訶不思議。
    すれ違う人がたぬきか天狗か人間か考えながら歩きたいです。

  • 現代の京都を舞台に、人に化けながら快活に生きる狸が主人公のジャパニーズファンタジー。

    森見登美彦先生と言えば京都。そしてどこか古風な表現ながらも愉快で笑える文章。
    盛り込まれたユーモアにいつの間にか引き込まれます。
    今作の核は狸の棟梁を巡るお話。主人公下鴨矢三郎は兄が棟梁になるべく奮闘するもおかまい無し。人間・狸・天狗の隙き間をのらりくらりと軽快に現代京都を「阿呆の血のしからしむるところ」をモットーに物語の中を行きます。

    アニメを先に知りましたが、アニメもそんな森見さんの表現を余す事無く、かつ京都の風景を素晴らしく表現してくれています。

  • たぬきの話。おもしろかったけど、前作のほうが笑えて好き。
    家族愛がよく伝わって、最後はホロリとしてしまった。

  • 「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。
    「Amazon内容紹介」より

    森見さんの小説は枝葉末節にこそその面白みがある.また、一風変わった擬音語もその魅力の一つだ.自分にはその一風変わった擬音語の方がしっくりとくる.
    面白きことは良きことなり!

  • 映画、平成ぽんぽこを一瞬思い起こさせる、狸と天狗と時々人間の物語。
    主に四兄弟の狸をメインにストーリーが進んでいく。小説というよりも、ドラマを見ている感覚になる語り口調。
    面白くなってくるのは中盤の後半寄りから。狸鍋にされてしまうという大事件を力を合わせ解決していく様子には、家族愛や過去の恩返しが含まれていて温かく感じられた。

  • たぬきがかわいい。
    あほうの表現がすき。

全872件中 1 - 25件を表示

有頂天家族に関連するまとめ

有頂天家族を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

有頂天家族を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

有頂天家族を本棚に「積読」で登録しているひと

有頂天家族の作品紹介

糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の狸、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天-。狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。

ツイートする