テレビの中で光るもの

  • 97人登録
  • 3.26評価
    • (5)
    • (7)
    • (35)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 銀色夏生
  • 幻冬舎 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014190

テレビの中で光るものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日常における洞察力がはんぱない人を、今ならツイッターですぐに見つけだせちゃう。すぐに共感していることを、言えちゃうし。なんなら転載だってすぐできちゃう。でも、ツイッターの登場する前から、そういうクリエイティブなアウトプットをしてきている人たちがいる。日常の洞察を、「本」っていうかたちで手に取れるのは、すごく嬉しいことだ。

  • 銀色夏生をずっと気になっていたけどまだ読んだことありませんでした。
    たまたま見つけて読むと、毒舌!
    2007年のものですが、テレビ好きの私はおもしろおかしく読めました。
    いまの時代の批評もききたい

    コラムは奥深いものがあり、こっちが有名な銀色夏生なのかな。

  • 【資料ID】103564
    【分類】914.6/G46

  • TVで見る芸能人&テレビ番組を
    著者(詩人)独自の視点で評。
    コラムが読ませる。。。

    乙武洋匡と藤山直美の件が好き。


    評された人(抜粋);
    藤山直美
    徹子
    松ちゃん
    大竹しのぶ
    郷ひろみ
    K
    新庄
    大泉洋
    乙武洋匡
    飯島愛
    安住アナ
    千原ジュニア
    石原さとみ
    壇ふみ&阿川佐和子
    松坂慶子
    蒼井優
    イチロー
    ダルビッシュ有
    グッチ裕三
    スピッツ草野マサムネ
    上戸彩

    番組;
    オーラの泉
    水曜どうでしょう
    東京R不動産
    踊る!さんま御殿
    情熱大陸
    リンカーン
    浜ちゃんと

  • 似顔絵おもしろすぎ

  • ほんっとに 銀色夏生さんが見たテレビの感想&似顔絵ただそれだけただそれだけなんだけど なんというか彼女のポリシーなんかが感じられて好きな人にはいいかもまー似顔絵はヘタウマなんだけど似てる!本人が見たら気を悪くしそうだけど(笑)

  • わたしは図書館で借りてしまったが、これは買うべし。

  • よくもまあこまで鋭く人を見られるもんだ…!圧巻。この人のこういう感性の本がもっと読みたいなあー

  • 「的を得てる」が一発目の感想。
    自分と同じ見解多し。

  • 銀色さんのテレビ評。

    つれづれの中でもテレビや芸能人について思ったことが時々書かれているけど、こんな一冊が出ているほどテレビ好きだとは知らなかった。

    似顔絵が添えられていることなどもあり、ナンシー関と比べられていることがあるようだが全然ジャンルが違うね。
    神・ナンシーの大いなる客観性を持った書きっぷりに対して、この本は微に入り細に入り主観の塊。あまりにも自分の世界を掘り下げすぎて時々何が書いてあるのかわからないほど。
    それもつれづれファンなら別に吃驚もしないが。

    私は一人の作家を続けて読む癖があるようなのだが、ここ2冊続けた本で銀色さんのことが本当に好きなのかどうかわからなくなってきた。
    しばらくちょっと離れよう。

全18件中 1 - 10件を表示

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
銀色 夏生
有効な右矢印 無効な右矢印

テレビの中で光るものに関連する談話室の質問

テレビの中で光るものを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テレビの中で光るものを本棚に「積読」で登録しているひと

テレビの中で光るものはこんな本です

テレビの中で光るものの文庫

テレビの中で光るもののKindle版

ツイートする