阪急電車

  • 7896人登録
  • 4.11評価
    • (1640)
    • (1436)
    • (990)
    • (63)
    • (25)
  • 1588レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2008年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014503

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

阪急電車の感想・レビュー・書評

  • 初有川作品。
    かなり出遅れた感は否めないけれど、初めて有川さんの本を読んでみた。図書館戦争あたりから、売れてるな~とは思っていたけどなかなか手に取る機会もなく。
    考えてみたら図書館に行ってもいつもどの本も貸し出し中だったんだ。それほど人気作家なんだな、なるほど。

    生まれてこのかたほとんど関東在住。
    関西の文化はケンミンショーなどを見聞きして知る位。
    でもこの本、絶対関東を舞台にしたらあり得ないでしょう。
    こんなおせっかい(良くも悪くも)な人たち、都内の電車にはいないし!
    他人とかかわらないように知らんぷりしてる人ばっかり。
    どの程度リアルなのか分からないけれど、こんな素敵なおせっかいが日本にはまだ残ってるのなら捨てたもんじゃない。

    余談ではあるが、学生の時にライブで一人で大阪球場までいったことがある。歳がばれる(^_^;)
    アーティストの都合でどんどん開始時間が遅れ、このままだと始まって数曲で会場を後にしないと最終の新幹線に間に合わない。
    困り果てた私をたまたま隣り合わせた女性が「うちに泊まっていけば?」
    と誘ってくれた。見ず知らずのずいぶん年下の私を泊めてくれるなんて!
    ありがたく彼女の好意に甘えてしまった。翌朝早くおにぎりまで持たせて見送ってくれた。
    やっぱり大阪の人はあったかい。
    世の中捨てたもんじゃないです。

  • 電車がひと駅進むごとに、小さな出逢いが幸せの種を蒔いていく素敵なおはなしです。

    有川さんらしい小気味よい会話も、
    「折り返し」をはさんで往路と復路の間に時間の経過があるという構成も、
    章が進むごとに路線図を電車がかわいらしく進んでいく扉絵も、
    とにかくぜんぶすばらしい!

    いつか阪急電車に乗って小林駅に降り立つ日のために、
    ハードカバーの他に、バックに忍ばせる文庫本も買ってしまいました。

    映画では、おしゃべりおばさん軍団に鉄槌を下すシーンで
    征志の「券売機でモラルは~」のセリフがなかったのが残念でした。
    あのセリフは、この作品での好きなセリフベスト3に入るほど
    お気に入りだったので。。。

  •  阪急電車今津線を利用する人々の、縁が織り成す物語。


     図書館で互いに顔を見知り、電車に乗り合わせた男女。寝取られた男の結婚式に、純白のドレスを着て出席した女。暴力オトコを彼氏に持つ女子大生。忠告する老婦人。大学デビューを目論む男女。グループの非常識を正せず追従している主婦。等々、大なり小なり彼らの行動が絡み合い、話が展開されていく。


     こんなに電車の中で、恋って芽生えるかなあっていうツッコミは置いといて、電車内での何気ない会話や行動、目線が捉えるものって、案外他人に注目されているのかもしれないなあ。
     乗り合わせた他人同士が、期せずして互いに影響を及ぼしあう。

     電車って、不思議な空間だなあ、と再認識した。

     阪急、大学生時代には利用していました。今津線ではなかったけれど。
     とはいうものの、私は、電車で通学や通勤をしたことがない。あまり、電車も利用しない。
     けれど、自分の最寄り駅にたどりつく前の、別の駅でふらりと下車してみたり、気になった人にちらりと話しかけたりしてみたいなと思った。


     逃していた出会いを、捕まえられるかもしれないなあ。

  • ──電車の中でのさりげない一言があなたの人生を変える。

    わずか十数分間の出会いは偶然か必然か。毎日淡々と続く電車内での日常。
    ふとしたことがきっかけで、今まで何の関わりもなかった乗客同士が会話を交わすことに。
    互いに相手のことを詳しく知っているわけではない。でも──。
    その何気ない言葉が、勇気をあたえ、新しい一歩を踏み出させてくれる。
    電車の中でのささやかな出会いによって織り成される世界、紡がれる言葉が生み出すハートウォーミングストーリー。
    是非、多くの方々に読んでもらいたいお薦めの作品。
    (もう、すでに多くの方が読まれているのでしょうが。未読の方は是非!!)

    有川浩作品二作目。私は遅すぎるほどでしたが、やはり間違いなかった。
    喜び、恥じらい、切なさ、悲しさ、悔しさ、そんなものがたくさん詰まった人々のエピソード。
    そのエピソードは、心通う大切な友人から届いた贈り物のように、ふと幸せな気持ちにしてくれる。

    阪急電車今津線。
    同じ電車に乗り合わせた人たちの様々な思いが、一駅ごとに交差し、絡まりあう。
    その展開が見事で、実にさらりと爽やかに話が続いていく。
    図書館で時々見かける、自分と同じ嗜好の本を読むかわいい女性。
    その女性と偶然同じ電車に乗り合わせ、しかも彼女が隣の席に座る。
    川に架かった鉄橋を渡るとき、突然彼女が後ろを振り向き、窓の外を見る。
    そこには“生”という字が石を積んで造形されていた。
    それをきっかけに、思いがけず彼女に話しかけられ、会話が弾む。
    ──そして彼女が降りる駅にさしかかったときの一言。
    「次会ったとき、一緒に呑みましょうよ」
    “え、次なんて言われても“ ”いったい何処で“ と戸惑う男性に彼女が続けて放った驚きの言葉。
    「中央図書館。よく来てるでしょう。だから、次に会ったとき」
    ──男は自分だけが彼女を意識していたのかと思っていたらそうではなかったのだ。
    もう、この台詞一発で「胸ぐらを摑まれた」じゃなかった、「首根っこを摑まれた」でもなかった、ハートを摑まれました。
    高橋源一郎風に評するなら「完璧!!」
    その他の次から次へと駅ごとに出てくるエピソードも、笑いあり、涙ありで読者の心を放さない。
    それでも、「そして、折り返し。」までの行きの電車だけで物語が完結していたら、ここまで心響くものにはならなかっただろう。
    「ああ、ほんわりした気持ちのよい小説だなあ」と感慨にふける程度の読後感だったと思う。
    この小説の懐の深さは、「そして、折り返し」から続く、その後の話の展開に尽きる。
    その後の彼、彼女、或いは様々な登場人物たちは、時が経ち、季節を越えてどうなったのか。
    その展開が、時を経た帰りの電車の中で深く描かれているところにこの小説の醍醐味がある。
    勇気を持って踏み出した一歩が、けして無駄ではなく、明るい未来に向かって駆け出すきっかけの一歩になったという内情が語られる。
    人生はこんな簡単にうまくいかないだろうけれど、それでも、後日談とも言うべき、その後のみんなの話は未来に希望を抱かせてくれる。

    各々のキャラクターの百人百様のそれぞれ異なった個性もなんと魅力的なことだろう。
    殊にベタ甘なおばあさんかとおもいきや、孫にしっかりと躾や規律を教える時江さんのキャラが粋だ。
    というよりも、全編の主人公のキャラがみんな最高なのだ。
    久々に心震える物語に出会った。
    文庫化されているので、是非購入し、手元に置いておきたい一冊だ。
    映画化もされているようだが、映画を観ても間違いなく感動してしまうだろうという確信がある。
    もう今からでもレンタル屋さんにDVDを借りに行きたい気分。
    うーん、ホントに借りに行きたい。雨さえ降ってなければなあ……。
    それほど素... 続きを読む

  • 映画化にもなった本だが、映画も観られず、ひたすら待ちに待った1冊の本でした。
    関西のローカル線だが、読んでいて本当、キュンとなりました。
    子供も就職して路線内に住んでいるが、こんな出会いがあると良いなとも思いながら読んでました。
    乗車されてる一人一人にも色んな人生があって乗り合わせてる。
    次回、電車に乗る時もそんな色んな事を想像して乗るんだろうなと思わせてくれるほのぼのとした素敵な本でした。

  • もう、大好きです。
    学校の図書室で読んで「欲しい欲しい欲しい」と思って単行本で買いました。
    たかが片道15分の電車内で起こる人間ドラマがすごすぎです!
    恋愛小説ですが、そういうのが苦手な人にもお勧めします。
    ホントにいい本です。

  • 物語の構造がすごく好きです。
    同じ時刻の同じ電車に乗り合わせる赤の他人の乗客たちが
    それぞれ色んな気持ちを持ち合わせて時間と空間を共有し、
    それが複雑にすれ違い、絡み合い、それぞれの気持ちに作用しあうという、一期一会の物語☆
    「電車でそんな多発しやしないよ」って思うような
    別れや出会いのエピソードが1本の電車に沢山詰まってる。
    でもそのエピソードがどれもホッコリするようなステキなものばかりなので「こういうの、あったらいいなぁ」って思って気持ちが温かくなりました。

    今の時代こんなこと起こらないってわかってるけど、
    実際に普段から電車に乗る時に
    「今私の横に座ってる人はどういう生活の流れでこの時間を過ごしているんだろう…」
    って想像してみたりするもんね。
    だからこういうエピソードが日常でもっと自然に起こったらステキなのに、って思いました☆

    往路を受けて、時間軸をズラして復路。
    折り返してからの復路は、往路エピソードのその後が知れたので
    面白かったです。
    1番好きなシーンである翔子とミサが「年の離れた友達」になる場面も
    往路復路を経た2人だったからこそ。
    往路から時間が経って成長した2人だからこそ好きになったんだと思います。

    あー映画も早く見てみたい!

  • 良かったー。
    映画化されて、それをちょこっと
    テレビで見かけてて…
    理由もなく敬遠してたんやけど
    もっと早く読めば良かった。
    そして、映画が割と原作に
    忠実なのがわかった。

    なんかね、物凄く
    微笑ましくなる本。
    あったかくって、すっきりする。

    なんか、読んでたら
    すっごく阪急電車に乗りたくなった。

  • 阪急電車のこの沿線は何度も乗ったことがあるので、具体の風景が頭に浮かんで、ストーリーが進むにつれ次々と脳内で映像化された.
    自分の気持ちを大事にしながら、自分の周りの人たちの気持ちを思いやれるカッコイイ女子に、私もなりたいと思った.

  • 私は有川浩ファンになっているようです(^^

    「阪急電車」映画になるんですね。
    有川浩さんにでてくる人たちって素が気持ちいい。
    sweetでもありsmartなアマアマ。

    満足感いっぱいの読後感でした!

  • 有川浩の作品を読むのは2作目だが、もう3作目はないと確信した作品。読むのが苦痛で、折り返し地点でギブアップ。
    だめな理由は3つ。
    1つめはTPO、作品内容に応じた書き分けができない点。
    まえがき、本文、あとがきが同じテンション・文体て。おかしいでしょ。
    2つめは相変わらず説明しすぎの文体。たとえば電車内の女子高生の会話シーン、
    「どうやらえっちゃん、かなりの話術の持ち主だ」
    って。地の文で説明しちゃダメでしょ。文章でそう言わずに会話文のみで表現するのが小説家の仕事でしょ、なにさぼってんのさ。
    3つめは、これが一番私が拒絶反応起こした点だが、この作品の倫理観、低すぎないか?
    寝取った女への仕返しが白いドレスで結婚式に出席して、その意図が
    「同じような恰好したら新婦より私のほうが美しいに決まってるんだから!新婦はそれ見て悔しがるといいわ、そして新郎は逃がした魚が大きいって思い知るといいわ」
    っていうんだからなー。引くわ。そしてその復讐を称える、初対面の老婆。なんだこの世界観。ついていけん。
    その他にも、割れたグラス駅構内で捨てて帰るな!とか、中学生にもなって電車内で荷物置いて席取るって、一体どういう家庭教育受けてきたんだよ、とか。
    全体的に倫理観がおかしい。
    そのせいで却って阪急電車のネガティブキャンペーンになってないかと思うんだが。
    私なら乗りたくないけど、子供が泣き出す勢いで喧嘩するカップルとか、ブランドバック投げて席取るマダムがいる電車なんて。
    でも非常に評判がいい作品なんで、きっと私のほうがおかしいんでしょうね。

  • アッサリと読めました
    折り返しがとても良かった
    読み終わって「良かったね」って思いました。
    登場人物がみ~んな優しい。
    そしてカッコ良いさ!
    折り返しのところが、とても良い。
    しょう子さんお二人ともが
    素敵な恋を楽しめたら良いね!

    図書館で借りました。
    読み終わって
    友人と話し出したら関西ナマリになってた
    関西に暮らしたこともないのに。。。

  • 阪急今津線を舞台にした連作短編集。
    十六編の物語を少しずつ重ねて、組み立てていく構成が見事だと思います。
    今津線を利用したことはないのですが、阪急沿線に住んでいるということもあってか、読んでいる間ずっと、あの小豆色の電車に揺られているような気持ちになりました。
    所々で、そんなに上手くいくかなぁと思いながらも、軽快なテンポで進む物語は心地よく、読後はほんのりとした温かさに包まれるようでした。

  • まだ恋愛をしたことない、
    恋愛に憧れているような
    学生に是非読んで欲しいです。
    ほっこりします。

  • やっと読んだ。
    ずっと読みたかったのに、機会がなくて。

    さらさら読めるし、読んだあともしばらくじんわり暖かくなるような物語でした。
    翔子とえっちゃんと時江さんが特にお気に入り。
    えっちゃんの彼氏も可愛い。

    電車内にたまたま居合わせたこの人にもあの人にも、ひとりひとりに物語があるんだなあと思うと当たり前のことなのになんだか不思議。

  • 雨もあがったことだし…夜の10時も過ぎ、
    洗濯機をまわしながら、気軽に読めるものが
    いいな…って手にした一冊…一気に読んじゃいました!
    なんだかユル~イ感じが、すごく心地いいっ~

    こういうのって、あるよなぁ~ あれ? ちがう…
    ありそうだよなぁ~ またまた、ちがう…
    ありそうだけど、きっとないよなぁ~ で、
    どうなるの? どうするの? って思いながら読まされ、

    けっきょく、なるようになるんだけど…いや…
    おそらく、近頃、こんなふうに、なるようにはならない
    世知辛い世の中だからなのかなぁ~(>_<)
    読み終わって、ほくほく心のコリがほぐれました。

    阪急電鉄に舞台設定したのも、きっと、
    すっかりはまってるし、なにより著者の話のまわしかたが、
    めっちゃ(゚д゚)ウマー! 映画も、よさそうだなぁ~
    ゴンちゃんが谷村美月ちゃん! そりゃ、観なきゃ!

  • 話題になったのは随分前ですが、今さらながらに読んでみました。
    可愛らしい装画ですね。中表紙には阪急カラーのマルーン(あずき色?)が使われています。

    内容もとても良かったです。話題になって映画化されたのにも納得。
    それぞれに事情を抱えた乗客たちがたまたま同じ電車に乗り合わせた者同士、無意識のうちに相手を救っていたという繋がりに心和みました。
    こんな世知辛い世の中ですが、人の持つ温かさを信じたくなります。

    関西在住で阪急電車にはまったく縁が無いわけではないので、沿線の私立大学がどこかはすぐに分かりました。
    今津線まではなかなか乗る機会が無いのですが、小説の世界を知るためにちょっと乗ってみたくなりました。

  •  有川さんらしさ満載でとてもよかった。
     阪急今津線往復がそれぞれの駅ごとに描かれているが
    すべてリンクしていてより楽しめる。

     図書館での出会いがいい。(いいというか個人的にうらやましい)
    いっしょに本の話ができるというのは素敵だ。
    「いい本選ぶなあ」と思いながら女の子の腕のなかの本に視線を送るなんていう
    実際に起こりそうな視点。
     そんなありそうな日常がつまっているところにうっとり。

     最高でした。

  • 一話一話がすごく短くて、あー、もうちょっと読みたい!というところで終わってしまう。そういう「もっと!」という欲をかきたてられる小説でした。
    何気ない電車内でのすれ違いが物語を産む。誰にでも起こりうるさりげないことを、見事にすくいあげて連ねられた物語。オムニバスだけどほんのちょっとだけ個々の話に繋がりがあって、どのお話もほっこりしました。読後感の暖かい本でした。
    映画も観てみたいなぁ。

  • 阪急電車
    有川浩


    日常の中に溢れている、小さなキラキラを集めた宝箱みたいな小説。
    阪急今津線を舞台に、同じ電車に乗り合わせた人々の、出会いや別れを、短編で繋いでいく。
    ちょっとした偶然から始まる、ちょっとしたドラマ。
    それは、電車が折り返し地点を過ぎても、そして電車を降りてしまってからも、いつまでも続いていく。
    幸せと一緒に。

    人と人が出会うって、こんなに素敵なことなんだ。
    「一期一会」って言葉がぴったり。
    暖かくて、優しい気持ちになれる小説。


    以下、内容(「BOOK」データベースより)

    電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。

  • 一年ぐらい遅いけど読みました。
    映画もチラッと観て、空気感がなんともいい映画やなと思ってましたが原作はもっとよかった。
    駅ごとにちょっとしたシーンや出会いがつながっていくストーリーの作り方・つなげ方は天才やなと思いました。
    あと、女の子に関西弁のセリフ喋らすのがメッチャ上手い。
    作者自身も関西育ちの女の人やからというのもあるんやろうけど、阪急電車に出てくる女の子の関西弁読んでると、それだけで癒されるし、セリフ読んでるだけで、ほっこりしてくる。

  • 一気に読んだ。
    映画を先にみていて、ストーリーを知っていたので、すらすら読める。
    映画とは違った部分も多々。
    私は小説の方が好きですね。
    これ、手元において置きたいくらい、気に入った!(今回は図書館の本で読んだので)

    映画でもあったが、私はこの言葉が好きだ。
    「価値観の違う奴とは、つらいと思えるうちに離れといた方がええねん。無理に合わせて一緒におったら、自分もそっち側の価値観に慣れてまうから」。
    以前、人付き合いをする中で、私が真っ先に考えていたのは「これを言ったら、やったら嫌われるかも」ということ。
    そのために、かなり無理した時期もあったが、あの頃、無理しているという感覚すらなくなっていた。
    根底ではおかしい。と思いながらも、嫌われるのが、ハブられるのが想像できたから怖かった。
    だから、康江さんの気持ち、すごいわかる。
    今は離れて、自分の価値観、取り戻したけど。

    翔子さん、時江さん、ミサさん、えっちゃん、美帆ちゃん。
    この作品の女性は、自分をもってる。
    迷いながらも苦しみながらも、しっかりと自分で立っている。
    そんな彼女たちに、あってみたいなー。

    最後に、「生」の理由を知って、ああ、そうか。って、この作品自体に合点がいった。

  • 「お見事!これは女のサガの縮図だ。」

    関西圏でもおなじみの私鉄・阪急電鉄。中でもえんじ色の車体にレトロな内装の今津線は最もローカリーな電車である。だが、短い路線のうちにも繰り広げられる様々な人の物語をのせて、阪急電車今津線は今日も走る。

    「そして電車がホームを滑り出た。西宮北口から宝塚までを遡る車中、乗客たちがどんな物語を抱えているか―それは乗客たちそれぞれしか知らない。」

    知らないはずの物語を、読者はここでは知ることができる。
    しかも縁あってつながっていく彼らの物語を。

    車両の天井を全て剥がして彼らのことを
    上から俯瞰しているような感覚とでもいうのかな。

    すごいな。
    これってやっぱり読書の醍醐味だろう。
    作り事とわかってはいても、それらが現実には決して知り得ない物語と知ればこそ 逆に劇的につながっていく彼らの物語に素直に感動する。

    個人的には、折り返してからの門戸厄神駅のおばさんグループのエピソードと、同じく折り返しの小林駅、小学生の少女のエピソードにノックアウトされた。

    同級生の少女たちにいじめられてなお凛とした姿勢を貫く少女と
    そのあつかましさや品のなさに嫌気を覚えながらも
    グループから抜けられずにいたおばさんは
    もしかして相対的に描かれている?!

    さらに言うなら「少女とおばさん」という二種の「女たち」を
    その間で冷静に見つめるのが、
    年齢的にもその中間にいる「女たち」である「OLと女子大生」というあざやかさ。

    これはもうお見事というほかありません。

  • 阪急電車、今津線というあまりメジャーでない路線内での人々の物語です。複数の登場人物が交差していく自分の一番好きなパターンでした。恋や別れ、叱咤激励。色々な人が色々な人と出会い別れていく。恋愛の場面ではこんな出会いええな~なんて思って久々に図書館へ行ってしまう始末wwまぁもちろんこんな出会いなどありませんでしたが・・・読んでいてほっこり、明るくしてくれる本です。とても読みやすく展開もスムーズなので疲れてるときに読んだら癒されます。

  • 偶然以上、運命未満。

    片道たった15分の電車に乗り合わせたことで始まるお話。
    今起こった事件を傍観してた人が次の主人公...
    初めて読んだときの感動と言ったら...

    電車に乗るのが楽しみになる一冊です。

全1588件中 1 - 25件を表示

阪急電車に関連するまとめ

阪急電車を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

阪急電車を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

阪急電車を本棚に「積読」で登録しているひと

阪急電車の作品紹介

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく-片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。

ツイートする