シグナル

  • 90人登録
  • 3.29評価
    • (6)
    • (12)
    • (26)
    • (5)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 関口尚
  • 幻冬舎 (2008年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014640

シグナルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映写技師という技師が主人公の物語。映写技師、という職業にも興味があったし、優しい人でいることの難しさとか、苦しさとかが見えてくる作品。

  • なんか設定がイマイチな本だなと思った
    だんだん謎が解けて行くのはいいけど、その答えが、よくわかんない感じだった
    でも優しいほど辛い生き方はないはよかった

  • あいつは、どうなったんだろ?

  • 〈内容〉地方都市の映画館でアルバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師の杉本ルカは、外へ一歩も出ることなく映写室で生活しているらしい。バイト採用の条件は、不可解な三つの約束を守ることだった。―切なく胸を打つ、感動の青春ミステリー。

  • このまま積んどく本かも。
    ラスト数ページで止まっている。

    映画館に三年間引きこもる美貌の映写技師と大学生の僕の恋。
    恋愛小説なのだろうけど、物語の予備知識的なものが多すぎて疲れる。
    映写技術に関することとか、サブキャラの心理描写とか。
    引きこもる理由もストーリー上のインパクトには若干欠けるかな・・・

  • 2012年6月9日公開

    ■監督
    谷口正晃

    ■キャスト
    三根梓、西島隆弘、白石隼也、おかやまはじめ、宮田早苗、梅沢昌代、緑友利恵、趣里、高良健吾、井上順、宇津井健

    ▼公式サイト
     http://signal-movie.com/index.html

  • 主人公は大学生の恵介。ワケあって大学を休学し、実家へ。
    地元の小さな映画館で映写技師の助手というバイトを始めることに。

    その映画館の映写技師は、恵介と同い年のルカ。
    支配人とは、バイトの条件として彼女に関しての3つの約束を
    させられることになる。。。

    その3つの約束は?そして、なぜそんな約束をしなければならないのか。
    そのあたりがミステリとしての題材となっています。

    途中まではとっても面白かったんだけどなー、ラストはあれでよいのかな!?
    まだ解決されていないところがあるような・・・

    ミステリ、恋愛モノという部分に加えて、「映写」についての知識を、
    それに打ち込む人の想いを知ることができます。
    このあたりは読むに値するんじゃないかなと。
    小難しくもなかったし。

  • 読みやすくて面白かった。
    舞台が映画館っていうのも良かった。
    ルカ可愛くて魅力的だし。

    ただ、レイジが気持ち悪すぎる!
    読んでてムカムカイライラしちゃう。
    ルカが映画館を出なかった理由も、なんだかなぁ…。

  • 【あらすじ】
    映画好きな恵介が始めたバイトは、怪我をした映写技術長の助手。その映画館は恵介が幼い時に通った昔ながらの歴史ある場所だった。そこに住み込んでいる技師長ルカには謎だらけ。そんなルカに興味を持ちながら、恵介は少しずつルカのことを知るようになる…

    【感想】

  • いびつなパズルを無理やり完成させるためには、最後のピースにさらなるいびつさが求められる。ウルシダという人物は、合わない型に無理やり押し込められた最後のピースにほかならない。

全20件中 1 - 10件を表示

関口尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シグナルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シグナルを本棚に「積読」で登録しているひと

シグナルはこんな本です

シグナルの文庫

シグナルのKindle版

ツイートする