「自分」から自由になる沈黙入門

  • 534人登録
  • 3.41評価
    • (33)
    • (58)
    • (90)
    • (22)
    • (8)
  • 94レビュー
著者 : 小池龍之介
  • 幻冬舎 (2008年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014787

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
デール カーネギ...
村上 春樹
小池 龍之介
小池 龍之介
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「自分」から自由になる沈黙入門の感想・レビュー・書評

  • 読みやすかった。
    作者の経歴は置いといて面白かった。


    ヨガと共通していることが多くて意外だった。
    だけどもうヨガもやめちゃったから、こういう
    お話は久しぶりで新鮮でした。

    ロックオンとかね、イメージつかみやすかったです。

    現代風でドライで。飄々としているような
    感じだけど、少し違うよな…と思う点もあったり。
    ここまで詳しく書いていいのかな?と思った。


    そして最近自分を客観的に見れていないことに
    気がついた。昔はドライだったんだけどな。
    私は…ジブン薄く出来ないな~。たぶん。
    ほしい本だらけで、「読欲、読欲、読欲」って…。


    そして絶望先生掲載誌を拾って読んだのかよwと
    小池さんおかしかったです。
    数冊図書館にあるので借りて見ます。

  • まさか『さよなら絶望先生』の話題が出てくるとは思わなかったが、幅広く何でも読んでる人なんだなと思ってそういうところにも興味がわく。
    人に対する「期待感」をどう薄めていくか、という話が一番参考になったかもしれない。

  •  「自分」から自由になる、というフレーズに惹かれて手に取った。些細なことでイライラして、余裕がない。口から出るのは愚痴ばかり。そして、自己嫌悪の繰り返し。そんな「自分」から自由になる方法を教えてくれる。この本で語られる「沈黙」は、自己顕示欲の濃度を薄くしましょうよ、という意味である。
     自分のことを「自分大好き人間」だなんて思いたくないけれど。思い通りにならなくてイライラする、自分の主張を人に押しつけてスッキリする、どうしようもないことを悩んでクヨクヨする。
    どれも根底には「オンリーワンな私の価値を理解して欲しい」欲求があると気づかされる。
    それが伝わったからといって、誰が嬉しい気持ちになるわけでもない内容なら、
    そんな考えは葬ってしまえばいいだけの話であります。(本文より)
    貪欲(ヨクボー)、瞋恚(イヤイヤ)(怒り)、愚痴(マヨイ)、いらないもの、余計なものをたくさん背負ってしまっているから人は苦労する。捨てたいと思いながら捨てられないものもある。 そういうものに、必死にしがみついていることさえある。ある意味それが人間らしさであるとも言えるし、日常の中でそれを超越するのは困難かもしれない。ただ、そんな「自分」に苦しくなったとき、こうして心静かに「自分」を解放することができたら、もっと肩の力を抜いて生きられる気がする。

  • 第一章では日常の中に潜む心の病を仏教的に解説。
    怒り、不快感、自慢など分かりやすい言葉で心の成分のうち不善心所を解説。
    第二章では欲望をどのようにして消していくかの解説。
    第三章では貪愼痴(欲望・イヤイヤ・迷い)を減らす修行として、瞑想を紹介。状況に応じた瞑想が具体的で面白い。
    たとえば「眠れぬ夜の身隨念」「大切な場面を前にして緊張してしまうときの身隨念」「良き案が思いつかぬとき」

    全体的に上座部仏教の紹介になっている。

  • 2010Aug @京市国際
    後半読みやすく啓示に富む 再読ならここらから
    ---
    おとなしい僧侶的な生き方・・・・・・どうか?
    『お嬢さまことば速習講座』 加藤ゑみ子 023
    ---
    021, 050, 054, 063-6, 086, 088, 109, 139, 143-4

  • つまらん!読まなかった

  • いまここに。

    表現方法が昔風でよみづらく少し理解に苦しんだ。というじぶん。

    なかなか自分の感覚に集中、マインドフルネスにと同じだけどとてもためになった。

  • ヨクボー、イライラ、マヨイの三つの毒を取り除き、ジブンジブンと言いたくなる自分濃度を薄めることで、フシアワセから解放されるための心の練習の方法。著者は東大卒の僧侶。古語めいたおどけた語り口とほのぼのとしたイラストで、構えずに読める。成程と思うことばかり。例えば、酷い仕打ちをしてきた相手を心から許す方法、不快な感情から解放されるための方法など、こういう考え方をすればよいのかと目から鱗。すごい。「毒」が侵食してくる都度、読み返して実践すれば、よい解毒剤になりそう。

  • 我の強さが、時には面白いことを引き起こす場合だってある。それに我の強さがなければ、この世は無味乾燥。
    でも人と人との関係上では、我を取り除いた付き合いができれば肩の重みもストレスもなくなるんだろう。
    瞑想することは大切だと思った。

  • 仏教の教えを紹介している本。

  • お坊さんによる易しく今どきの説法。ジブンを語ることはすべからく他人からはどうでもよいことであるから、自分濃度を薄くして他人と上手く関わろうということが記されている。「自分濃度を薄く」という表現の仕方は「自己主張をしない」とよく似た意味合いだが、なぜか新鮮だ。ちょっと声高に話をした自分に「おっ今の話は自分濃度が高かったなと」自分を戒めるのにお手軽に使えそうである。『美味しいお菓子を作るのにジブンなんてうアクの強い成分は小さじ1杯で十分であります』いう一文にひどく共感した。

  • 仏教の考え方をわかりやすく現代の生活に当てはめて解説してくれている。わかりやすいけど実践するのはほぼ無理だな、と思った。
    特に最後の方、感覚を研ぎ澄ます訓練は日常生活にはなかなか落とし込めなさそう。
    古文のような文章の書き方には馴染めなかった。ロックオンという表現もいまいちピンとこず。
    迷う、ということはどちらでもいいということ、という考え方は納得。「どちらでもいい/どうでもいい」と唱えることは役に立ちそう。

  • ゆるいイラストと絶妙なカタカナ使い(ヨクボーとかイライラとか)、ときどき現れる古文のような文体(候。おきませう。思ふ。など)。これが、この本にスッと入れる要素だった。
     元の上司から譲ってもらった本。この上司さんに対するいろんな評価を耳にしているけど、この本を手に取る人だから心根はとても良い人だと思っている。

  • 何人かのレビューにあったけど、文語体の文章は最初読みにくかったけど、逆に
    「ゆっくりと文章をよむ」
    という意味ではこれが正確だと思う。

    実践へんもあり、久しぶりに趣味の領域ではない本を買いたくなった

  • 坊さんが書いたからか、耳が痛いというか
    今の自分と正反対のススメって感じで
    斬新だけど、実行するには・・・・・・

    ただ、こういった考え方も重要で
    反省させられることが多い一冊でした。

  • あ~わかる、わかるわ~!
    そうそう、為になるんよー!
    ってふノリでさらりと読める仏教エッセイ(と云うカテゴリでいいのかしら。)
    口語体と云うか、独特な語り口調が
    非常に読み辛かった…

  • さらっと、読める。

    身に当たる点は多し。
    省みるという点では有益なきはする。

  • はじめて読んだ小池龍之介氏の著書です。
    何かと効率に追われる現代人にとって大変有用な本だと思います。
    スローに今を確かめながら生きていく・・・
    良いですね。
    天皇陛下の話はゆっくりなので、私を感じさせないというのはなるほどと思いました。

  • ん?これ、読んだ。前にも読んだよな…と思いつつ一気読み。
    本棚に登録されてなかったので、今度こそ登録。

    ケチつける人、私も嫌~い!!
    そのメカニズムが解ると、いろいろ納得する。

    なんだろ。照れ臭くて、この言葉遣いなのか??
    いや。いや。ケチつけちゃいかん!!

全94件中 1 - 25件を表示

「自分」から自由になる沈黙入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「自分」から自由になる沈黙入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「自分」から自由になる沈黙入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「自分」から自由になる沈黙入門を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする