エンジョイしなけりゃ意味ないね

  • 130人登録
  • 3.22評価
    • (2)
    • (19)
    • (29)
    • (6)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 朝倉かすみ
  • 幻冬舎 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344015913

エンジョイしなけりゃ意味ないねの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。(連作もあり)。朝倉かすみの本読むと、しばらくの間心がざわざわする。この作者ほんとに意地悪目線だなー。はしゃぐ四十路に対しての後輩OLのコメントの辛辣なこと。
     でも反対にベテラン女性からの厳しくもやさしい場面もあったりで、ほっとする。

  • (2017/4/29読了)
    様々なOLの物語。日常の話なので、日常のように読める=小説的な非日常的なことがなくて少し物足りない。
    最後は少しまとめすぎ?

    (内容)
    “このままでいいのかな…”って思わない日はない。「ねえ、わたしたちって、いま、なんか、すごくOLっぽくない?」ふかくうなずき、おどろき、わらい、ほろっとなける―ザッツ・オーエル・エンターテイメント。

    (目次)
    直立チューリップ
    千鶴餅
    ひきしまった、わたしのからだ
    まだ好きじゃない
    絶対、無理
    おしゃべり仮面
    エンジョイしなけりゃ意味ないね
    今年こそ
    久保田さん失踪事件
    うちの天下り
    あともう少し
    六年後、またはYeah!

  • すべてのOLたちの心得。

    新人が見たコントのようだと思っていた先輩たちの本音。
    「いまのままでいいなんて思わないで、自分には素晴らしい可能性があるとも思わないほうがいい、でも、そこから現実が始まるの。」

    舐めきっている老舗社長の秘書の奮闘。
    若い男性社員に見栄を張って、とにかく筋トレに励む日々。
    派遣の佐竹千乃と先輩のアッコさんと、男性社員2人での海辺デート。
    霊感を持つ弱気OLが、霊の言葉を伝えにいった相手は同僚だった事実。

    いろいろチャレンジしまくるブログでのとまらないおしゃべり。
    銀行OLの忙しい日々、時代と過ぎていった時間の経過で思うこと。
    冴えない男にたいする母性に似た欲望を燃やすOL。

    ベテランOLの失踪と、隠す真実。
    作家志望のOLが天下りじじいに言われたこと。
    佐竹千乃とアッコさん物語2つ。

    霊感OLと表題の銀行OLが特に印象的。

    はっとされられる言葉が散りばめられていて
    精神年齢が低い自分だからかもしれないけど、多分20代前半だったら何も感じなかった。
    でも、20代前半に出会いたかったかも。

    自分も、年を取った)ToT(

  • コントみたいだ、
    ー〔直立チューリップ〕横関美夏


    12のOLさんの短編。
    それぞれ面白かった!

  • 2014/9/8 読了

  • 「コントよりコントっぽくない?」

    どこ行っても何してても演じてる感じ、
    わからなくない。

    だけどそんな現実でも、
    エンジョイしなけりゃ意味ない、ね?

  • 朝倉かすみさんの小説を読むといつも「ああっ!」と嘆きたくなります。
    何といいますか、登場人物があまりにも人間くさすぎて。
    いつもどこかしら「イタイ」感じの人ばかりでてきます。
    それでこちらは短編集なのですが、「だからどうした」というような話も
    時々あります。
    朝倉さんのすごいところは「だからどうした」という話を小説に出来るところです。

  • まあまあです。こういうのあるなあっていうお話なのですが、もう少しぐぐっとする感じがほしかった。奥田英郎さんの短編を読んだ時とくらべると、何かが足りない気がする・・

  • 普通に働いている普通のOLさんたちのお話。

    普通のお姉さんたちはみんな強か。
    そこらへん読んでて面白かった。
    OLというものを着こなして、
    でもときどき着崩れしちゃって、みたいな感じ。

    そこらへんを歩いている女の人たちの後ろには、
    それぞれに物語があるんだなぁ。

    「エンジョイしなけりゃ意味ないね」というタイトルに、
    すごく女の人の強さを感じるなーと思った。

  • 一度読んだのにすっかり忘れて図書館で借りて再読した。
    それくらい、すすーっとあっさり通っていってしまうお話たち。
    色々な立場条件のOLたちのお話なので、面白いし、
    短編だからあっという間に読める。ただ中身はあまりない。
    その立場に共感して、うんうんわかるって思う内容はある。
    しかし、タイトルまで忘れてまた借りるなんて不覚。
    どんなにあっさりした本でも自分が読んだ本のタイトルくらいは
    覚えているのにな。
    深く考えこまない娯楽的読書を希望する人に最適の本。

全28件中 1 - 10件を表示

エンジョイしなけりゃ意味ないねを本棚に「読みたい」で登録しているひと

エンジョイしなけりゃ意味ないねを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンジョイしなけりゃ意味ないねを本棚に「積読」で登録しているひと

エンジョイしなけりゃ意味ないねはこんな本です

エンジョイしなけりゃ意味ないねの文庫

ツイートする