最も遠い銀河〈下〉

  • 130人登録
  • 4.05評価
    • (21)
    • (24)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 白川道
  • 幻冬舎 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016972

最も遠い銀河〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.01.09
    読み終えるのに2週間以上かかった。これ程、続きを読みたくなる本は最近ではなかったなあ•••。
    桐生晴之(ハル)、江畑美里(ミサト)、李京愛、堀越次郎そして清家茜。刑事の渡誠一郎、息子の良一。やるせない内容だった。晴之が「偶然とか運命とか宿命とかいわれるような、人間の想像を超えた、つまり人智を超えたものやことがある•••。」と言ったが、正しくそんな内容の話だ。やるせない、本当にやるせない•••。愛は凄い!

  • ハードボイルドというのは、えもいわれぬ読後感がありますね・・・。

  • 2009年読了。

  • 茜との結婚は決めたが、渡元刑事に少しづつ真実を暴かれていく晴之。正直、真実を暴かれず逃れて欲しいという想いと罪を受けるが、次の光が見えるようなそんな終わりかたを期待した。大切な人の最後の頼みを実現した晴之は決して悪人ではなかった。むしろ、その想いに応えようとの一途な気持ちで突き進んだ。しかし、嘘を付かなければ前進できないその状況はやはり間違ったことなんだろう。

  • 文庫版の解説にもあったが、過去このようなストーリーの小説があり、新鮮味は衝撃的ではなかったが十分に長編を楽しみましたね。

  • 上下巻合わせて1000ページの大作。上巻に比べ下巻は読むスピードが少し落ちた。
    ともに大学で建築を学んだ3人の男、桐生・堀峰・葛城は卒業後も友人として付き合っていた。堀峰は企業に勤めており。後の二人は、建築家としてライバル的存在になっていた。
    桐生は、裕福な二人と違い貧しい生い立ちゆえの過去があった。

    残酷な運命、偶然、の中でも、登場人物の優しさがみえる。

  •  ある男の人生を大河ロマンのように叙述する。その男が、地獄も栄光も経験する宿命のもとに生まれ、その生き様が波乱万丈であり、その上、友情と恋愛のドラマをも抱え込んだ大変魅力的な主人公である場合に。

     いまどき、古臭いタイプの小説であるのだと思う。演歌のように、流行とは縁がない。それでいて読めば忘れ難い。そういう小説を、この作家はひたすら書き続けている。意図してかどうかはわからない。きっとロマンを描くという一念で、小説を書き進めているだけに違いない。

     それにしても人間観察眼の鋭さは、この作者が人生の途上において作家への転身を図った人とはとても思えないほどである。株とバブルで頂点を知り、失墜を知った体験を書いたデビュー作『流星たちの宴』からは、自分の体験を小説化した作品が当たっただけの一発屋であるように思えた。

     新堂冬樹がやはり実体験を基にした闇金融の世界を描いて一躍売れっ子になった『無間地獄』も、所詮一発屋と思った。

     最近はこうして経済の世界から小説のサイドに転身を図る作家が目立つように思える。一つにはバブルという日本独特の経済破綻を通過儀礼として持つことになった背景世界があっただろう。しかし、経済という水のように流れゆき予断を許さぬ世界に身を置き、ときには命のやり取りまでをも覚悟せざるを得なかった作家たちに、内なる何ものか(おそらくそれは自分自身)と対峙する機会を、小説というフォルムが与えてくれたのだろう。

     白川道という作家のベスト作品はまぎれもなく『天国への階段』であっただろう。浦河の北へ一つ隣の無人駅・絵笛をベースにした過去と現在の宿命の物語である。

     その意味では本書は、『天国への階段』を復活させ、さらにこの作家はこうした物語を生み出すことができることを証明するかのような作品である。ベースは絵笛ではなく、おなじ北海道ながらさらに有名きわまる小樽。

     新進気鋭の建築家として歩み出した男には、捨てられぬ過去があった。現在を彩る新たな恋の気配と、大企業の祝運に絡め、男は運命がふたたび彼を絡め取りにやって来た気配を五感で感じ始める。昔の仲間たちが蠢き始め、暗い世界からやってきた凶刃が現代を傷つける。

     大河ドラマであり、宿命の物語であり、正統なるロマンティシズムと叙情であり、そしてスケールの大きな叙事詩である。どこか黴臭い、職人部屋のような日陰の気配を感じながら、それでも巻置くあたわず読み進んでしまう。作家にとって、きっと一世一代の思いを込めた力作であることだけがひしひしと伝わってくる。

    <個人史> 2001年に『天国への階段』を読んだ当初、ぼくは浦河にけっこう出張仕事に行っていた。海沿いの単調な国道を嫌って、牧場に沿った道を辿ると、浦河に入る少し手前に絵笛という綺麗な名前の土地があった。 当時の札幌の行きつけの呑み屋には絵笛出身の青年が常連で来ていたこともあって、『天国への階段』はトップクラスの話題であり、あれほど長い小説であるのにも関わらず、常連みんなが読まざるを得ない雰囲気にあった。本は回し読みされていた。 その呑み屋からも札幌からも遠い関東の地でこの本を読むとき、その頃の微熱のようなプチ・白川ブームを思い出さざるを得なかった。人は変わり、運命も変わる。常連でなくなったその店では、あれほど高かったコンサドーレ熱が見事に消え、ファイターズ熱気でまとまっている。その変わり身の早さに着いてゆけない浦和レッズ・サポーターのぼくは、今でもあの店に白川道への微熱が続いているとは思えない。『天国への階段』を一過性のプチ・ブームに終らせない何かをこの作品が持っているかどうか、となると、正直心もとない。二番煎じ、ということ以上に、彼らのドライな頭の中には次の刺激を求める何かが立ち現われているだろうから。そもブームというのは、そんな夢まぼろしのようなことを言うのではないだろうか。

  • 上下巻合わせ1000ページの大作。貧しい過去から這い上がろうとするも、運命と偶然に翻弄されてしまう登場人物たち。とにかく切なく、やるせない。著者が書く小説の主人公は本当にストイックが多い。

  • 切ない話。
    天国への階段にも通ずるやるせないストーリーが悲しかった。

  • 面白かったです。昼ドラマ的な展開なのですが、そこが評価の分かれ目でしょうか?僕は俗っぽいのか、こんな話は好きだなぁ。偶然の連続で、そりゃもう運命なんだと思うしかないでしょう。貧乏のどん底から這い上がろうともがいて、あのラストは(わかっていても)悲しいです。やっぱり人生は不公平に出来てるってことなの?

全21件中 1 - 10件を表示

白川道の作品

最も遠い銀河〈下〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最も遠い銀河〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最も遠い銀河〈下〉を本棚に「積読」で登録しているひと

最も遠い銀河〈下〉の作品紹介

非業の最期を遂げた美里との約束-。小樽の街を見下ろすホテルを設計することは、晴之の悲願だった。建設の発注元は、巨大企業「サンライズ実業」。学生時代の親友が働くその企業には、美里を死に追いやった憎んでも憎み足りない御曹司がいる。しかも、その男の妹は美里と瓜二つなのだ…。その女への恋心と、同世代の建築家の中で頭一つ抜き出た学友への嫉妬心を押し隠し、金と欲が渦巻く「サンライズ実業」の中枢に食い込もうとする晴之。運命が仕組んだ糸に翻弄されながら、たった一つの夢のために己の全存在を懸けて戦った男が辿り着く、衝撃と哀愁のラストとは。

最も遠い銀河〈下〉はこんな本です

ツイートする