エスケープ!

  • 190人登録
  • 3.55評価
    • (18)
    • (37)
    • (34)
    • (9)
    • (4)
  • 59レビュー
著者 : 渡部健
  • 幻冬舎 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017085

エスケープ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コントといっしょの勘違いネタ

  • アンジャッシュ渡部の処女作。アンジャッシュのコントそのまんまのお話を文字で読んでも仕方がないと思いました。これはやっぱコントとして実演で見るべきものでしょう。

  • いつもの”勘違いネタ”コントの
    小説版といった感じ。

  • まさに、アンジャッシュの代名詞である「勘違いネタ」が小説となったような感覚。大学生カップルと中年男を取り巻いて繰り広げられるスピード感あふれるドタバタ劇。「ラストはどんな着地が待ってるか?」脳内で、アンジャッシュの2人をキャスティングして、楽しく読みました。

  • アンジャッシュ・渡部が書いた小説。
    彼のコント同様、いくつかのすれ違いが連続しており那須群像劇が面白かった。

  • 不覚にも最後には涙してしまった。 著者の活動をほとんど知らないので、著者の術中にまんまとはまった形になった。 スポーツクラブのアルバイトの大学生に本くらい読めと言っていたら、貸されてしまい仕方なく読み始める。 こんなことでもないと手にしないのは著者に申し訳ない。 なかなか奥が深くて、人の心にしっかりと寄り添い、人々の心を鼓舞してくれる内容だと思った。 華やかな世界の側から、平凡がイイとおさまるのはどうかとも思うが(小説の中だけでも夢があってもいいから)

  • いかにも渡部らしい、アンジャッシュのコントを小説にしたってカンジ。率直におもしろい!
    2014.1.25

  • ようやく読めました。アンジャッシュ大好きだし、世界観もまんまでほんと楽しめた!声に出して笑いながら小説読んだのはじめてかもしれない。チカゲがかわいい!こういう女の子すき。

  • アンジャッシュが好きなので買いました。

    何と言うか、
    いつものアンジャッシュのコントを小説にした感じです。

    すれ違いと勘違いが笑いを呼ぶ。
    そんな話です。

    主人公が空き巣にはいる動機が、
    「刺激が欲しかった。」だとか、
    恋人の父親は、空き巣に入るほど追い込まれているのに、
    妙に余裕があるとか、
    ツッコミどころは満載なんですが、
    全体的に読みやすく、楽しめる作品でした。

  • 「エスケープ!」
    僕は、今の生活を楽しんでいる。でも、退屈だ。退屈だと一瞬でも思うと、退屈が頭を完全に支配する。あぁ、退屈だ。誰かHelp me!


    アンジャッシュという芸人をご存知でしょうか。メンバーは渡部建と児嶋一哉(敬称略)。94年にデビュー、同期はバナナマン。主戦場はコント。ネタの評価は高く、爆笑オンエアバトル、ボキャブラ天国などで活躍。しかし、近年は、ネタ番組も減り、それにつれてアンジャッシュのネタを見る機会も減ってしまいました。


    彼らのコントで最も有名なものは“すれ違いコント”でしょうか。このコントの凄い点は「日本人の特性を活かし切っていること」だと、私は思っています。その特性とは、“省略能力”。


    会話において、主語を省略するのはもちろん、アレやコレなどの代名詞を多用すること、それらが何を意味しているのか確認しないでおくこと(これは空気を読むに通ずる?)により多くを省略し、会話を簡潔化してしまう。


    「物事を簡潔にするのだから良いじゃないか?」


    と思えますが、会話の役割が互いを理解し合う、それも誤解無く、ものであるならば、


    「だよね!」


    とあっさり頷けない。なぜなら、省略し、簡潔にする、さらに確認もしないことで、お互いが理解し合えているもんだと思い込んでしまうことがあると思うからです。このとき、勘違いや誤解が生まれ、それらが放置されることになり、お互いが意図していない展開になっちゃう。


    「買ってって言ったでしょ?」


    「コレでしょ?」


    「え?ソレじゃないよ!俺が言ったのはアレだよ!」


    みたいな会話が起こっちゃうのではないかと。いや、起こんないのかなw。その“すれ違い”を具現化したのが彼らのコントではないかと思っているわけです(あくまで私の解釈)。


    そんなコントを作るのだから、小説を1本書き上げることが出来てもあんまり不思議ではありません。極端に言ってしまうと、普段のコントのネタを小説の量に引き延ばせば良い訳ですから。ちなみに、コントのネタは2人で考えているらしいですが、ここでは、渡部さんという仮定にしています。何故、児嶋さんでは無いのかと気になる方は、バナナマンのバナナムーンGOLDをお聞き下さいw


    さて、内容ですが、アンジャッシュらしい出来になっていると思います。アイディアはすれ違い。文章で映える「文字」によるすれ違いが取り入れられている点が大きな違いで、日本人の省略能力、それに加えた思い込みが絡んでどんどんすれ違っていく点は、まさにすれ違いコント通りw


    しかし、小説と言うよりは、ネタの台本を拡張したもののように感じました。描写が多いことは悪いとは思わないのですが、それらは説明一辺倒になっている印象を受けましたし、単純に量も多いですね。物語の流れがある程度予測出来ていた分、描写や人物の台詞が魅力的であって欲しかったです。小説としてはどうでしょうか、好みは分かれると思います。


    むしろ、コントで見てみたい。ちなみに、児嶋さんの方が、馬鹿やっているので好きですねw

全59件中 1 - 10件を表示

渡部健の作品

エスケープ!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エスケープ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エスケープ!の文庫

エスケープ!のKindle版

ツイートする