アロハ魂

  • 414人登録
  • 3.35評価
    • (22)
    • (42)
    • (101)
    • (17)
    • (2)
  • 74レビュー
著者 : 小林聡美
  • 幻冬舎 (2009年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017139

アロハ魂の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小林聡美ハワイ旅日記。ところどころに入ってる写真はおもしろいものもあり。長老のエンドウ氏はいい味だしてる。

  • 旅行中に起きたことを淡々と自分の言葉で綴ってるけど、途中で笑えるところもありつつで面白かった。マンジュウ屋さんのスタッフさん達が最後まで見送ってくれるところにほっこり。旅行ってこういうのがいいんだよなあ、ってなった。

  • ハワイ島いいですね。
    ハワイ通がいいとこ教えちゃう系の本ではなく、ゆるゆるした文章のエッセイです。

    殿様旅行いいなー

  • 2015.4.5読了。図書館で借りた。

    もしハワイへ行くことがあれば、行きの飛行機の中で読めば、気分が盛り上がりそう。

  • 最近ハワイがちょっと気になるので手にとってみた。

    小林聡美のエッセイは初体験。イメージのまんまの空気感、ゆる~りと静かに独特の時間が流れているような。特に面白く書こうという意識もしていないような、小林聡美感。心揺さぶられるような旅行記ではなかったけれど、あーいいなぁーハワイ行ってみたいなぁーと思いました。いやまぁもとから気になってたわけだから、このエッセイのおかげじゃないのかもしれないけど。

    ここまで長いのは無理としても、旅行のこと、こんなふうに振り返りながら記録できたらいいなーと思いました。写真もカラーが多かったしよかったです。

  • 花泉図書館。

    ハワイ旅行の復習をしていたところへ、この本の発見。
    ハワイ島を中心に書かれた本書はまさにドンピシャ!
    さらに著者が小林聡美氏でドンピシャ!
    実際に自分も行ったところが書かれててドンピシャ過ぎ。
    あの時の景色・風・香りが思い出される楽しい本だった。

  • ずっと前に家族で行ったハワイ旅行をおもいだした。
    やさぐれ馬にも乗った。
    当時子どもだったので、なめられまくって全然言うこと聞いてくれなかったあの感じ。

    ハワイ独特のゆるーい空気感。
    写真もいい感じ。
    また行きたくなった。

  • 小林聡美さんの文章は読みやすいです。枕元においてさらっと寝る前に読むのに最適。ハワイに興味なかったのですが、行きたくなりました。ちゃんとJALの目的果たしている内容かな?

  • 小林聡美さんのエッセイ、なぜか読んでしまう。
    とびきり面白いってわけでもないし、なんだか最近は『かもめ食堂』以降、作られた感があるキャラがたってしまっていて女優さんとして残念な感じも。。。
    それはさておき、この本はハワイ島での一週間の旅行記。一週間の体験を一冊の本に、というのだからある意味すごいな、と。膨らませる技量が。1365円だって、あこぎだな、と。私は図書館で借りましたけど。

    内容は、ハワイに行ったことがある人ならば、たとえそれがオアフ島だけだったとしてもこれといって真新しい話、おもしろい話が書いてあるわけではなかった。本当に個人的な旅日記。
    それゆえ、さらさら短時間で読めて、たとえば寝る前に読む、暇つぶしに読むものということであれば最適。

全74件中 1 - 10件を表示

小林聡美の作品

アロハ魂を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アロハ魂を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アロハ魂を本棚に「積読」で登録しているひと

アロハ魂のKindle版

アロハ魂の文庫

ツイートする