自分なくしの旅

  • 164人登録
  • 3.55評価
    • (11)
    • (16)
    • (22)
    • (7)
    • (0)
  • 27レビュー
  • 幻冬舎 (2009年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017672

自分なくしの旅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なりたい自分を探すんじゃなく、今の自分を知ってやるべきことをやればいい…そう言うことなのかな?

    そうだとしても自分はなくならないんじゃないかな?

    などと、考えさせられた

  • 独り暮らしで女に溺れちゃうとすべて流されちゃうのよね
    ぜーんぶ
    浪人生も大学生もそれは変わらないと思う
    でも猶予がない浪人生の方がヤバイかもねぇ

  • 様々な事をやっているみうらじゅんさんの自伝的青春小説『自分なくしの旅』を読了。京都育ちの青年がふとした事から美大を目指し、二浪しながらも武蔵野美術大学ににゅうがくするという単純な話なのだが、一浪中に出会う金持ちの娘で上智大学生の彼女との恋愛、受験勉強、母親の思いなどなど誰にもある青春の一ページが浪人生の目を通して瑞々しく描かれている。はっきり言って小説ととしては??だが楽しく読めるのでみうらじゅんさんが好きな方は是非!

  • ものすごく面白かった。
    浪人生が大学に受かるまでの1年半くらいの話。
    友達、恋、親、現在の自分への焦燥。
    私は浪人生ではなかったけれど、その焦燥はなんとなくわかる。何者でもない自分。自分ってなに?何がしたいの?何ができるの?でも、結局自分なんてどこにもなくって、思ってたより自分は人任せだったり、卑怯者だったりする。それでも、そんな自分で生きていく。
    10代後半から20代前半の自分を、小さな胸の痛みと共に思い出す。みうらじゅんさん、素敵な人だな。

  • オカンがなにしろいいんだ。

  • 仕事で資料として借りてたさほど興味のない本たち。
    それを借りたことすら忘れていて督促対象になっておった。
    先日その事実を大勢の前で曝され意外と傷ついた私は実はそれ以来図書館で本を借りていない。

    これはさっき読み終わったけど、現在の不安や、未来に対しての希望と同時進行しての目先の欲とか寂しさの折り合いの付け方のヒントに自分の中ではなったというか、感情に左右されることに対してちょっと冷静になった。し、バカバカしいシーンに笑った笑った。好きな本なら数時間で読めちゃうのになー。

    『アイデン&ティティ』の映画を観返したくなる一冊。

  • 「リリーフランキー激賞!!」って、同世代だから懐かしいだけでは?
    暇つぶしには良いけど、70年代生まれの自分にはやや時代が古いな。

  • 2012/12/07
    移動中

  • 時代が想像できなくて違和感があった…。

    同じ時代に青春を送った人なら楽しく読めそう。

  • 浪人生の話といっても美大を目指す浪人生は違うのだなぁと思う。
    青春の痛みや女性との関わりなど、とにかく痛い。
    時折出てくる当時の世相、アースやディランなどの洋楽に懐かしさを覚えるのは、作者と同じ歳だからなんだろう。
    時代はぴったりと自分にも重なるわけで、あの当時の細かなことなど忘れてしまった。「自伝的小説」という描き方、今になるとわかるなぁ。

全27件中 1 - 10件を表示

みうらじゅんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

自分なくしの旅を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分なくしの旅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分なくしの旅はこんな本です

自分なくしの旅のKindle版

自分なくしの旅の文庫

ツイートする