どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心

  • 1075人登録
  • 3.88評価
    • (135)
    • (180)
    • (141)
    • (20)
    • (4)
  • 225レビュー
著者 : 益田ミリ
  • 幻冬舎 (2010年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344018761

どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんとに現実に嫌いな人がいる時に読むと、嫌な気持ちが増幅されてしまう。
    彼女たちのような解決方法が取れない立場だとなおさら。
    増幅された分、解決できない現実がつらくなります。
    嫌いな人が現実にいる方には日曜日の夜に読むのはオススメできないです。

    解決できたあとで読むなら、客観的に読めるとおもいます。自分も。

  • 何が羨ましいってこの「お母さん」。
    みんなこんなに心広いものなのかしら?理想を描いているのかな?
    娘に「それでよか」。そして、困っていたら「帰ってくる?」それも「帰ってきなさい」ではないところが素晴らしい。
    このお母さんの一言で、すーちゃんはすべてリセットできると思う。
    嫌な奴に媚びながら続く毎日。生きていたら絶対ある「生きづらい期間」。自分で終止符が打てて、逃げられるなら、逃げていいんだよ。その勇気を認めてくれるお母さんの一言が羨ましい巻でした。

  • 過去シリーズも読みましたが、その上で…

    すーちゃんが過去作品の中で頑張っていた姿が印象に残っていたので、最後いきなり有給入れて出勤しなくなったり、碌に引き継ぎもしないで辞めていく、その展開は想定外でした。
    『それほどまでにイヤになっていた』ともとれるかもしれないけど、私的にはがっかり感の方が強かったです。30代でお店を任せられる人のやる事とは正直思えなかった…まぁフィクションですが(笑)
    やっぱり世の中逃げるが勝ち、なのかなぁって気もしてしまって…

    そういった点で、読後感はあまり良くなかったです。

  • なんというか、もやっとする本だ。職場に好きになれない、というか、嫌いな人がいるという状況はよくわかる。実際、感じが悪い人だし、仕事にさしさわりもあるし。ただ、嫌だからといって、店長まで任されてる人が、急に休んで有給消化して辞めてしまうの?責任感ちゅーものはないのかね。もっと、きっちり、社長なり、嫌な人本人なりと話し合ったり、対決したりしないの?ま、それは無理としても、せめて、引き継ぎくらいしようよ。と思うのは、嫌な奴を我慢しつつ、なおかつ、嫌な奴のせいで急に辞めちゃった同僚の穴埋めをしなくちゃいけなかった私の言い分。いとこのあかねちゃんにしても、お店の人への気遣いはわからんでもない。けど、家庭の教育がそうだったのかもしれないし、好きな人が嫌な態度をとってるんだったら、それは教えてあげるべきなんじゃないの?言ってもわからん奴はしょうがないけど、ただ、気がついてなかったり鈍感だったりするだけじゃ?ま、その鈍感さがどうしても嫌というのならわかるけども・・・コミュニケーションとらなくちゃ、わからないことだってあるのに、すーちゃんにしろ、あかねちゃんにしろ、さっさと諦めて、身を引いてしまって、自分はすっきりするかもしれないけど、自分だって他の人のこと、考えられてないんじゃないの?といやーな気持ちになった。嫌な人がいるというだけで、真っ暗になる気持ちというのは私もわかるし、ほんとにつらい。だから、辞めるなとか、逃げるなとかは言いたくないけど、でもさー。と思うのは私がそれなりに口に出せる人だからでしょうか。多分、これ読んで、「そうそう、私も逃げる勇気がほしかった。」と踏ん切りがつく人もいるだろうし、それもまたありかなあとも思うのですが。でもなー。なんか、えんえんとつづく愚痴を聞いているようで、そして友人の愚痴と違って、こっちの声は届かないんで、しんどい気持ちになりましたよ。

  • 私も職場にどうしても好きになれない人がいて、すーちゃんならどうするのかなって思って読んでみたら、なんとお店を辞めちゃうなんて><
    でもわかるわ~て思うところがたくさんあって。
    どうしたって苦手な人っているし、その人に合わせられない自分が悪いのかなって病んじゃうぐらいなら、離れるのが良い選択肢なのかなって思いました。
    でもあの無神経な社員のせいで~!って思うととても悔しい。
    カフェ店員さんじゃないすーちゃんなんて・・・。

  • 逃げはいけないと教えられてきたけれど、自分が追いつめられてどうしようもなくなったら、逃げるという選択もありなんだなと思えた。
    悩み苦しんだ末逃げるのなら、誰かに何かを言われたとしてもしょうがないと思えるのだろう。
    次の仕事を見つけるのは逃げるために大切なことだ。

  • ああ、わかるなあと共感できることがあった。
    益田ミリさんの本は、絵がシンプルで好き。
    すらすら読めるし内容も親近感のわくものが
    多いので、もっと読んだことがない他の本も
    読んでみたいと思う。

  • 職場のお姉さんに借りた。すーちゃんの選択は、正しい。しかも誰にも相談せずに1人で苦しみと向き合って、のたうちまわって、1人で決めたのは、すごいと思った。
    私は、そうしないで母・父・親友2人・いとこのお姉さんにSOSを出して、職場の先輩方も私を心配して、守ってくれて、幸せ者だ。
    つらいとき、ギリギリで耐えられないとき、思い切って逃げるという選択肢は、正しい。でなければ、死んでしまう。死んでしまうよりも、逃げて、逃げのびて、生きよう。

  • 「嫌いな人」を相手にしない、気にしないことが出来ればいいけど、それが出来ないなら「どうしても嫌いな人」なんだよね。

    私はすーちゃんの選択を、激しく支持します。
    体や心(精神)を壊す前に、逃げ出すのは生き物として正しい選択です。
    私たちはまず、生きなきゃならない。生活の糧を得る方法を変えることで、うつ病や自殺の危険から逃れられるなら、逃れた方がいいに決まっています。

  • シリーズ通して読んでいますが、今回のはちょっと読後感が悪く感じました。登場人物全員それぞれ、なんか嫌な感じ…

全225件中 1 - 10件を表示

益田ミリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
益田 ミリ
村上 春樹
村上 春樹
益田 ミリ
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする