偽憶

  • 67人登録
  • 2.31評価
    • (0)
    • (1)
    • (13)
    • (9)
    • (6)
  • 15レビュー
著者 : 平山瑞穂
  • 幻冬舎 (2010年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019164

偽憶の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々にほんとにつまんない本読んだ。
    下手くそで独りよがりな文章に辟易しつつ
    この、見るからに怪しい話の裏に
    さぞかし面白いネタがあるんだろうな‼︎
    と頑張って苦痛を感じながら読んだのに、
    リアルさの欠片もない人々が
    リアルさの欠片もなく動き、
    頭お花畑な不可思議エンドという、
    ひたすらつまらない一冊。
    そもそも無理矢理作り出したサマーキャンプの意図はなんだったのか。
    そっちの方がよっぽど面白かったかもね…
    久々に人に聞かれたら時間の無駄だからやめな、
    って真剣にお伝えする本。
    あと、未だにこんなひどいなまりで会話してんの、静岡市民⁇
    あんまりあったことないけど

  • 著者、初の本格ミステリーとのこと。
    15年前のサマーキャンプに参加した27歳の男女5人が、キャンプ主催者の遺言執行者と名乗る女性弁護士に突然集められた。この中の1人が遺産31億円の相続資格者だと言う。
    遺産はどうなるのか、5人の男女のキャラも生活も様々で、前半はワクワク感があったが、後半は別の話のよう。あまりに思い込みの動機はいただけない。
    (図書館)

  • 突然31億がもらえるという話が降ってわいたとしたら・・・。
    この本は、そんな夢のような話が現実となった20代の男女、5人のお話。
    彼らは突然、とある男性の遺言執行者という弁護士からある事を告げられる。
    とある男性というのは、彼らが小学校6年生の時に参加したサマーキャンプの主催者。
    彼はそのサマーキャンプに参加した子供の一人に31億の遺産を引き継ぎたいという遺言を残していた。
    ただし、条件はそのサマーキャンプで彼を喜ばせ一生の思い出となる「ある事」をした人間に譲りたい、だから出来るだけ当時の事を思い出しレポートにまとめて欲しいというもの。
    レーポートの提出期限は2ケ月。
    当時そのサマーキャンプに参加していた子供は6人。
    その内の一人は死亡しているので、受け取る権利があるのは5人。
    少年院に入った経験のある者、元アイドル、フリーターの男性、優等生タイプの女性、そして主人公の男性は当時の記憶を思い出そうとする。

    レポートの提出期限が2ケ月でその日はそのまま帰される登場人物たちを見て、「えっ!それでいいわけ?」と思いました。
    その場で思い出せる事を出来るだけ書かせるのでなければどんな不正があるか分からないのに・・・。
    そういう事から始まり、ストーリー自体、ちょっと設定に無理があるな・・・と感じるお話でした。
    ただ、話の流れが想像通りでないのは良かった。
    普通、31億がもらえるなんていうと目の色変えて、裏切ったり、出し抜いたり・・・という血みどろの展開を想像したんだけど、この登場人物たちは結構冷静で淡々としている。
    相当お金に困っている人間もいる割には・・・。
    31億という金額はあまりに大きすぎてちょっと現実離れしていると思いますが、それだけにこのお金を誰が手にする事になるんだろう?と思ったり、私だったらどうしようか?なんて事を思いながら読むことができました。
    ただ登場人物一人一人もかなり個性的でアクが強いのに、どうもそれが生かされてない感じ。
    せっかく面白い材料をもってきたのに、それを生かしきってない残念な印象の本です。

  • 小学6年生のとあるキャンプに参加した男女5名に届いた、弁護士からの手紙。そのキャンプを主催した資産家が亡くなって、その遺産について何か連絡があるというが……。アスペルガー症候群と思われる少年のエピソードが胸に痛い。実際に「扱い辛い子」「困った子」とされて、たいへんな思いをしている子はいっぱいいるのではないかと思う。人々の記憶の不確かさを描いた本。

  • 登場人物、ストーリー共に全く魅力が感じられず、なかなか続きを読もうという気になれずに読了まで数日かかってしまった。

  • 面白かった。
    最初に提示される状況(遺産を相続するために、子供の頃に行ったサマーキャンプの手記をかき、老人を喜ばせた「或ること」をしたことを証明する)が、いろいろ想像させてくれて、ミステリの良い導入剤となった。
    タイトルとの関連は何だろうとか、真相はどこにあるとか考えながら読み進められた。
    この人の本は4冊目だけど、それぞれジャンルが全然違って楽しい。でも、この本は、「ラスマンチャス通信」の暗い感じや、「忘れないと誓った僕がいた」のさわやかと切なさ、「有村ちさとによると世界は」で見たようなキャラクターの心理の掘り下げ方などが、同じ作者だなーと感じられたな。

  • 帯コピー【その思い出が31億円。遺産が相続されるのは15年前、”或る事”をした人ーーー人間の記憶の暗部に迫る群像ミステリー!錯綜する過去が紡がれて浮かび上がる、もう一つの過去ーーー。】
    帯に煽られた感が非常にある。「遺産」「ミステリー」というキーワードで、期待が大きすぎた。

    薄幸の女といえば、イメージはいいだろうけど、個人的な感想で言えば、後ろ向きな思いこみの激しい僻み根性むき出しの女にしか見えなかった。元肥満児の女とどっこいどっこいなタイプ。読み終えて、ゲンナリした。唯一の救いは、普通のサラリーマンの好青年と生真面目な女性のお兄さんが、とてもイイ漢だった事。

  • ミステリーとしてではなく読み物として。
    人物描写は読みやすい

  • 著者初の本格ミステリーといううたい文句ですが、ミステリーとしてはいささか底が浅く展開はすぐに読めてしまいます。救いがないとまでは言えないラストだけが救いでしょうか。

  • 15年前のサマーキャンプで、「ある事」をした人には巨額の遺産を相続させる、という話を聞かされた五人は・・・
    つかみはオッケーだけど、なんだか話が粗い。
    結末も、納得できたような、できないような。

全15件中 1 - 10件を表示

平山瑞穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

偽憶を本棚に「読みたい」で登録しているひと

偽憶を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偽憶を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽憶の作品紹介

15年前のサマーキャンプに参加した27歳の男女5人が、キャンプ主催者の遺言執行者と名乗る女性弁護士に突然集められた。この中の1人が遺産31億円の相続資格者だと言うのだ。「"或る事"をした者」という以外故人が明確にしなかった該当者確定のために、5人はキャンプの詳細をレポートにするよう求められる。事実を捻じ曲げて独り占めしようとする者、分割して相続することを望む者、少額でも掠め取ろうと謀略を練る者、端から関心がない者…。莫大な遺産への欲望に差はあるものの、5人は遠い夏の記憶を手繰り寄せる。

ツイートする