小泉進次郎の話す力

  • 108人登録
  • 3.41評価
    • (6)
    • (9)
    • (13)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 佐藤綾子
  • 幻冬舎 (2010年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019331

小泉進次郎の話す力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  タイトルには「小泉進次郎」のみが出てくるが、小泉進次郎、小泉純一郎、オバマ大統領などを中心にスピーチ,演説の手法について解説している。

     日本人が比較的、演説は下手だという印象はありますが、読んでみると一つ一つの要素について解説があり、確かに上手い・下手の違いがあるということを感じます。国会議員には、紙を読み上げるだけの人など多くいますから。

     本書中でたまに出てくる「ASコーディングシート」は、演説中、顔がどのような動きをしているのかわかって面白いです。

     また、菅直人氏や仙谷由人氏などを、「『話す力』が不足している」と言い切ってしまうあたり、痛快に感じました。

    ◆細かいですが注意点
     短くインパクトのある言葉で聴衆を引き付けるテクニックを「サウンドバイト」(音の"噛みつき")と著者は言っていますが、これは日本でいう「ワンフレーズポリティクス」です。
     「サウンドバイト」とは本来、"メディアが" 言葉を(インパクトをもたせるためや時間の関係で)断片化させて伝えることを指します。
     もちろん、このメディアによる「サウンドバイト」を政治家が利用することはありますが、「サウンドバイト」するのはメディア側です。
     これを踏まえたうえで「サウンドバイト」と言っているのであればよいのですが・・・。

    ◆目につく点
     本書を読んでたまに目につくのが下記3点。
     ・著者自身のアピール
     ・小泉氏などへの過度な絶賛
     ・不要な英語表現
     
     著者自身のアピールというのは、例えば、田中真紀子氏の会見での涙が意志によるものという指摘のあと、
    "ビートたけし氏が出演している『たけしの日本のミカタ!』に出演するために、再検討してみたのですが、やはりこの時の真紀子氏の泣きに関する動きは、一般人の泣くときの動き方とは違うということを再確認しました。"
    と、続きます。しかし、ここで著者のテレビ出演の話は何か関係があるのでしょうか?読者からすれば何の関係もないことです。

     過度な絶賛というのは、例えば、本書では2010年5月13日の衆議院本会議での小泉進次郎氏の発言を絶賛しています。しかし、実際の映像を見ると(ほかの議員とはやはり違うものの)そこまで絶賛するほどではありません。少し誇張が入っているようです。

     そして、何か出典があるのかわかりませんが、不要な英語表現が多く感じました。
     ・(視線の配分の箇所で) "視線のデリバリー"
     ・演説の訴求力において、小泉純一郎は田中角栄以来の "マグネティックパワー" を持っている
     ・(演説の主張の後ろ盾の箇所で) 支持材料 "サポーティングマテリアル" として最適
     など。"専門用語で○○という" と明言している箇所はまだよいですが、自然に出てくるところが多い。わかる範囲の易しいものではあるが、読者にわかりやすくしようという努力が少し足りないか、説明しなくてもわかるという感覚のズレだと思いました。

    ◆話し方として印象に残った箇所
    ・街頭演説ではノイズが多いため、ゆっくりめにしゃべる。
    ・長く話すと聞き手の集中力がもたないため、最初に短いはっきりした言葉で相手の心に噛みつく(著者の言うサウンドバイト)
     (「何か面白そうなこと、大事そうなことを言ってるな、何だろう」と思わせる)
    ・小泉純一郎氏の話し方は、腕を振り下ろし、また上げる。
     菅直人氏のように振り下ろしたままだと押しつけがましくなる。

    ◆まとめ
     テーマは面白い。内容一つ一つも興味深い。
     それなのに書籍としてはイマイチな点が多い。編集があまりよくないのかもしれません。

  • 著者の佐藤女史は、スピーチ学の専門家。
    政治家にスピーチの仕方を教えているようです。
    日本の政治家で欧米の政治家に負けないくらいスピーチが上手いのが小泉親子。
    純一郎、進次郎ともに堂々と自信たっぷりにしかもユーモアを交えてスピーチすることができます。
    彼らのスピーチの仕方を分析してどこが魅力的なのかを解説しています。
    話をすること、そして相手を引き込むことはどんな職業でも大事なことです。

  • 小泉進次郎、その父、小泉純一郎、オバマ大統領の三人のスピーチ力を分析したもの。
    小泉進次郎の演説は直に聞いたことがあるけれど、本書で紹介されているように、引き込まれるというのか、つい聞き入ってしまうような魅力のあるものでした。
    聴衆を引き付ける話し方のコツも紹介されているので、人前で話す機会のある人には読んでもらいたい一冊。

  • ただの2世政治家ではないとのこと。政治家は言葉が命かもしれないが、しっかりとした政策で政治家の役割を果たしてほしい。スピーチに関しては今後参考にしていきたいと思うところばかりだ。最近は人前で話すことも増えた。説得したり、納得してもらったりすることが多いので。

  • 人前で話すことは苦手ではない。思い起こせば、小学校3年生から高校3年生までクラス委員をやっていたことが大きかったのかもしれない。ありがたいことだ。前職は営業だったし、今の職場においても、話すという研修に数多く出してもらい、庁内研修の講師としても何度も登壇する機会をもらっている。それでも、もっともっと上手く話したいと思ってる。そんなこんなで、この本。小泉進次郎、彼の演説は素晴らしい。惚れ惚れする。この本は、彼の演説を取り上げながらも、一般的な話し方のスキルにも多く触れている。そして、筆者のドヤッが沢山盛り込まれている(苦笑)。読みやすく、一気に読めた。講師登壇の際にはまた読み返そう。

  • さすがに自分は演説することがありますが、
    いろいろプレゼンとかする方には、
    どのように訴求力を与えるか、
    ヒントが散らばっています。

    オバマ大統領の演説の訴求力の秘密も載ってます。

  • 会話の手法をこと細かく書いているのはいいけど、少しごり押しが目立つ所が難点に感じました。

  • 小泉親子とオバマ大統領のスピーチを解説したもの。天賦の才はとても真似出来ないが、多少取り入れられそうなテクニックはあったので参考に。時折作者の自己愛が強く見られるのはご愛嬌。

  • 進次郎だけでなく、パパとオバマの演説方法を解析し、なぜに彼らの演説は上手いのかブリッジング効果とかパフォーマンス学で説明。彼らの話し方をネタに自分の話し方を良くするにはどうしたらいいか教えてくれます。

  • ●あなたがどんな
    素晴らしいことを考えていても、
    それが適切な形で表現されなければ
    相手には何も伝わらないのです 。

    若手ながら説得力のあるスピーチ
    臨機応変なパフォーマンスの小泉進次郎。

    彼の与えるイメージを
    バーバル、ノンバーバルの
    両方の視点で分析。

    自分をメディア化したい
    男性経営者にオススメの1冊です。

全17件中 1 - 10件を表示

佐藤綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ロバート キヨサ...
落合博満
古賀 茂明
ジェームス W....
佐々木 圭一
伊賀 泰代
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

小泉進次郎の話す力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小泉進次郎の話す力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小泉進次郎の話す力を本棚に「積読」で登録しているひと

小泉進次郎の話す力の作品紹介

なぜ彼のまわりには人が集まるのか?父・純一郎の教え-入魂の言葉を武器にする。パフォーマンス学のプロが、「伝える力」の磨き方を徹底解説。

ツイートする