ひぐらしふる

  • 122人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (13)
    • (39)
    • (5)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 彩坂美月
  • 幻冬舎 (2011年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019959

ひぐらしふるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何気ない日常に見せかけて小さなミステリを仕込んでいく。
    以前にも読んだはずだが改めて読んでみると、やはりまだつたない感じがして、またそれが良い気もする。
    これからブレイクしていくのかわからないが、ファンでいたいと思う。

  • 綺麗な文章で読みやすい。
    1話1話少し郷愁を誘う謎があり
    少し切ない終わり
    連作短編らしく最後には大きな謎が残されていて。

    全体的に叙情的な文体で詩的な表現が多くて、それがいいのでしょうけど、少しくどく感じる所もありました。
    この本のノスタルジックな雰囲気には合ってるけど。

  • 最後の展開に鳥肌がたちました。でも、納得。可愛らしい表紙だったので、ほのぼの日常ミステリーかな、と思っていたら全然違いました。疑問になる部分はあったけれど、面白かったです。

  • 祖母の葬儀のため久しぶりに地元に帰った有馬千夏は幼なじみの相葉成瀬、芥川利緒と再会。高校時代にあった不思議な事件の話を思い出す【ミツメル】他4篇

    ◆ん-、柘榴パズルが割りと好きな感じで辿ってみたけど、デビュー2作めだからかもしれないけどちょっと謎とき強引で、叙述トリックにすらなってない今まで晒してないことで読者引っ掛けるのは狡いな-。そしてちょっと人間関係ドロドロしそ-だね…いいのかな、これ。という読後感(笑)

  • 祖母のお葬式のために田舎に帰省した夏。

    再会した同級生の利緒と成瀬、式部。

    高校時代の思い出話。
    成瀬の双子の姉にたいする本当の気持ちと仕返し。
    校舎が紙花でいっぱいになった真実。

    利緒と行った夏祭りで
    先輩たちの色恋沙汰騒動。
    みかげ先輩が本当に好きだった人。

    大学時代の友達のバイトで起きた不可解な出来事。
    恋心を抱いたバイト仲間、不審な男の正体。

    式部の子供時代、
    UFOにさらわれたと思った体の弱かった同級生のこと。

    4つの話に秘められている矛盾点。
    もうこの世にはいない有馬千夏。

    4つの話に登場するちぃ「千夏」は実際にはもう亡くなっていて
    プロローグとエピローグに登場する妹のちぃ「千春」が
    亡くなった姉を思ってその4つの話を書いた、ということ。

    おお、整理するとすっきり。
    読んでいて矛盾点が多々あったからそういうことね、と。

    ただ最終章で利緒がちぃに残した時計の針の位置だけど
    三時五十分→三時十分→王!って
    なら最初から時計の針の位置は三時十分で良いのでは。。。??????

    とても偉そうな書き方で著者には恐縮だけど
    話のアイディアは面白いけど
    もう少し改良と書く技術がいるのでは。。。とか。。。
    そんなこと言える立場じゃねーっす)^o^(

  • 【収録作品】プロローグ/第一章 ミツメル/第二章 素敵な休日/第三章 さかさま世界/第四章 ボーイズ・ライフ/最終章 八月に赤/エピローグ 
    *最終章の展開がかなり強引な感じがする。

  • 読み進めているうちに「あれ?もしかして?」みたいな疑問が生まれて、最後に種明かしがあるという話。

  • やっぱりこの文体と雰囲気が良い!話運びはまだぎこちない感じもあるが。文庫化が待たれる。

  • 夏の終わり、田舎に帰ってきた千夏。昔の記憶と現在の出来事が、行ったり来たりしながら物語は進んでいく。
    誰かにじーっと見られているような気がしたり、自分がもう一人いるような錯覚に陥ったり。
    暑い夏、少し背中がゾーっとする。
    読んでから、ひぐらしが鳴いているのを聞くと、怖さが倍増するかも・・・。

  • 本格派の女性探偵小説家に出会った感動を又も味わいました。
    連作短編の秀作ですね。加納さんや青井さんや大崎さんのワクワク感がある正統派です。
    それにしても、何故かこの分野は「あ行」の作家が多いのでしょうか?それも「あ」は圧倒的に多数をしめますね。これも謎かな?泡坂さんに依ると、書棚の並びで最初に目にして手に持つのが「あ」だそうですが!
    本格派のファンなら涙ものの一冊です。

全34件中 1 - 10件を表示

彩坂美月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綾辻 行人
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
有川 浩
有川 浩
冲方 丁
有川 浩
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

ひぐらしふるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひぐらしふるを本棚に「積読」で登録しているひと

ひぐらしふるの作品紹介

大衆の真ん中で突如消えた親子。UFOに攫われた幼馴染。身の回りで起こった不思議な出来事は、はたして怪現象なのか、故意の犯罪なのか。-夏の終わり、恋人との関係に迷いを抱えながら、実家に帰省した有馬千夏。地元の旧友とのとりとめもない会話から、千夏はかつて身の回りで起こった不思議な出来事を知る。誰もいないさくらんぼ畑からの突き刺さる視線。山奥の霊場で失踪した親子連れ。山のてっぺんでUFOに連れ去られた幼馴染…。そして、千夏の目の前にたびたび現れる"自分そっくりの幻"の正体とは。最後の最後に、二重三重のどんでん返しが待ち受ける。ひと夏の青春。精緻かつ大胆な仕掛け。異色の連作ミステリー。

ツイートする