2012年、日本経済は大崩壊する!

  • 156人登録
  • 3.73評価
    • (8)
    • (30)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 朝倉慶
  • 幻冬舎 (2011年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020160

2012年、日本経済は大崩壊する!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先進国で増え続ける財政赤字。上昇し続ける国際商品が契機となるインフレへの懸念。日本においては原発危機による国家存亡。決して明るくない未来が綴られていて読んでいて気がめいるほどでしたが目はそらせません。

    僕がこの本を手に取っていたのは、大学時代に経済関係にのめりこんだ時期があり、その名残から現在ではかつてより執念めいたことはやっておりませんが、こういう話は頭の中に入れて損はなかろうと思い、読んでみることにしました。

    これを書いている段階で激動の2011年も終わりの段階に差し掛かっているのですが、ここに書かれてあるように、ヨーロッパではギリシャ、イタリアなどの財政危機によるユーロ経済圏の崩壊。トウモロコシや小麦などの農産物や、石油などの代表されるエネルギー資源を総じて国際商品の価格上昇によるインフレの懸念。経済の『隙間』を狙って天文学的な利益をあげようとするヘッジファンド。ここでは『債権王』の異名を持つピムコのビル・グロース氏が取り上げておりましたが、彼が保有していた米国債をすべて売りに出していた、という記述には衝撃を受けました。

    日本は日本で『いつ破綻してもおかしくない』水準にまで達してしまった国債の発行残高を日銀がこれからも引き受けることができるのか?そういうことを鋭い筆致と文章で綴られており、久々に経済に関する知的な興味を刺激されたとともに、これから私たちの身に降りかかる経済的な災厄がどれほどのものかを思うと、最後のページを閉じたときには背筋が少し寒くなったことを思い出しました。

  • 今のギリシャの状態。

    瀕死のシマウマにハゲタカが群がり肉をつついたかと思えば
    しばらく休みまた肉をつつきと、やがて来る死の前に、なぶり
    弄んでいる状態。

    そして日本も、欧米に仕組まれた国債暴落の引き金を引く
    タイミングを、ハゲタカ達と格付け機関がじっくり呼吸を
    合わせて絶妙なタイミングを待っている状態。


    トヨタを筆頭に震災以降の回復で平穏無事に経済回復を
    続けているように見える日本。本当は嵐の前の静けさなのか?


    心臓に悪い一冊。


    でも読んでおいたほうがいい。

  •  石油を支配できれば国を支配できる、食料を支配できれば人間を支配できる。これひと言に尽きる。

     日本だけが蚊帳の外で取るに足らないゴタゴタで未来の糧を失い続けている。

     本当にこれでよいのだろうか。書かれていることおおむねその通りなのだろうが今年がその2012年。今だ”大”崩壊の兆しはない。何を信じるかがこれ重要だろう。

  • 確かに市場は効率的とは言いがたいし情報の非対称性は否定できない

  • 「2012年、日本経済は大崩壊する!」(朝倉慶著)読了。ヘッジファンド・IMFやユーロの当局(FRB、FOMC等も?)・格付会社などグルになって日本の債券暴落を謀っており時間の問題との事。怖い。ただし対策有り。著者は資本主義の限界を冷静に予見。精神性を重んじる世界が来る?
    朝倉慶氏も藤巻健史氏も「日銀が国債を引き受けたら日本国債暴落の引き金となる」と共通の意見。その後ハイパーインフレ。これはもう常識なのかなぁ?

  • 「資本主義は持続性のない自滅的なシステムである」マルクス。いずれ必ずこの国の財政は破綻します、それは今年(2012年)なのか来年なのかそれとも5年後なのか、この答えは誰にも分かりません、ただひとつだけ言える事は、いつか必ずこの国の財政は破綻してしまいます。この本を読み終えたとき、あなたはそう確信せざる負えなくなることは間違いないでしょう。

  • 金融を理解している人を最低限のラインとして
    書かれている本。

    ところどころ作者の感情そのままに語りかけてくる
    記述には若干萎えるところがあるが、全体的に
    作者が記述している理論の説得性は高い。

  • 経済は苦手なので初っぱなのコンピュータに躍らされているかのようなマネーゲームに20世紀のSFをみて怖くなった…。

    読み進める程に、暗たんたる気持ちとなり
    どうしたらいいのかわからなくなった…。

  • 日本の株価が3.11で大きく崩れた。しかし、経済を揺るがしたのは株ではなく先物だった。なぜなら先物取引にはレバレッジがかけられるからだ。現物の十倍、百倍の取引が常に行われていると言う事は単純に株の十倍百倍の影響があると言う事だ。そして、震災前後で日本で一番取引が多かったのが、ゴールドマンサックスでも野村證券でも三井証券でもない。誰も聞いた事の無い会社だった。これは真実であり、テレビでは決して報道出来ない。真実は自分で読み自分で判断するしかない。

  • 僕も相当の妄想家だけどこの人にはかなわない。スゴイな!!

全30件中 1 - 10件を表示

朝倉慶の作品

2012年、日本経済は大崩壊する!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

2012年、日本経済は大崩壊する!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

2012年、日本経済は大崩壊する!を本棚に「積読」で登録しているひと

2012年、日本経済は大崩壊する!の作品紹介

世界的な商品高騰、日欧米の国債暴落により世界連鎖危機が起こる。資本主義システムの破綻を前に、個人がいかに資産を防衛すべきか。

ツイートする