人生で大切なことは雨が教えてくれた

  • 90人登録
  • 3.78評価
    • (6)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 原 秋子 
  • 幻冬舎 (2012年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344021938

人生で大切なことは雨が教えてくれたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感傷的に、雨が好きになる方法がたくさん書かれています。
    「自分はこんな雨が好きなんだ」と客観的に分かるかもしれません。

  • 雨を憂鬱なものとして捉えるのではなく、ただただ眺めてみること。その音やにおいを感じること。そういえば昔は雨ってそんなに嫌いなものでもなかったけど、いつから鬱陶しいものになったのかな。

  • 雨についての考察。
    日本の雨の風景、雨についての文学、映画。
    それをこんなにやさしい感性で感じ取ることができるなんて。
    優しい雨の香りのようにうっとりしてしまった。

    雨は私たちが思ったより多くを与えてくれている。無条件に。

    この感想文の筆者は、これまで雨に色々な条件と要求し、それゆえに雨に不満があったのだろう。もうそんな下らない考えなど捨ててしまって、ありのままに雨と過ごしたい。

  • 請求記号:159/Lor
    資料ID:50066160
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • あまり名言集のようなものは好まない、のだけれど、本書は雨を扱った言葉を引用しながらも、そこからより内側に入っていくような記述が多くて、極端に言えば引用がなくても成立するのでしょう。科学的な話は皆無に近く、かなりメンタルな本。雨につきまとう陰のイメージはぬぐえなくとも、そこから幸福感や時間のイメージを膨らますことが出来る。
    折しも今朝は朝から霧雨が。雨から恍惚を引き出すのだ。それ故に、最終章だけがやけに具体的で違和感がある。広がった読み手のイメージの出口を閉じてしまったような。4章でやめてしまうのが、この本の趣旨にあうのではないかな。

  • 晴れている時にこそ、「雨の日の心の対策」を考えています。

    雨は憂鬱なものと感じることが多く、月曜日に朝から雨が降っていると、特に気持ちが落ち込み、仕事に出るのが嫌になります。
    仕方がないと割り切って考えることもできず、どうしたものかと思っている時に、こんな本を見つけました。

    特に、第1章及び第2章が、僕の考えの手助けとなってくれました。
    発想の転換の助けになります。

    おかげで、雨が、今までよりは好きになれそうです(そうはいっても、どしゃ降りは勘弁して欲しいですが)。

全7件中 1 - 7件を表示

ドミニック・ローホーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドミニック・ロー...
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
村上 春樹
三浦 しをん
ドミニック・ロー...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生で大切なことは雨が教えてくれたに関連する談話室の質問

人生で大切なことは雨が教えてくれたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生で大切なことは雨が教えてくれたはこんな本です

ツイートする