ここは退屈迎えに来て

  • 1672人登録
  • 3.63評価
    • (92)
    • (221)
    • (181)
    • (35)
    • (13)
  • 232レビュー
著者 : 山内マリコ
  • 幻冬舎 (2012年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344022324

ここは退屈迎えに来ての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地方都市に住む10-20代の女子達の連作短編集。
    登場する女子たちのこじれっぷりが、とっても魅力的。
    そんな彼女たちの共通点は、椎名とのつながり。
    小学生の時から人気者、みんなの中心にいた椎名。高校を卒業した途端に普通の人になってしまい、今ではいいお父さん。
    各時代の椎名と、彼女たち。『ここは退屈』と思いながら、実は平和で幸せな時を過ごしていたんだなと、きっと思い返す日が来るのだろうな、と思います。

    さら~っと読んでしまったけれど、深かったです。
    もう一度読んでみたいと、終わった今、改めて思っています。

  • 単純に面白かった。
    R-18文学賞絡み(官能系)とは切り離して読んだ方がイイでしょう。
    自分は、ピース又吉「友達から同級生のその後を、聞いているような哀愁」という帯に惹かれて購入。
    中身は全八編からなる連作短編集。それぞれ異なる主人公による、陰の主人公、椎名一樹に絡んだエピソード達。それらが時系列を遡るように並べられています。
    インターネットの普及により、地方と都会の温度差は以前よりも小さくはなっているものの、地方の人間の、都会への憧れ、劣等感。地方の沈滞、閉塞感。地域ごとに細部は異なれど、大同小異。どの地方にいても、共感出来る部分はあるだろう。かくいう自分も、括り的にはUターン(都落ち)組。
    文章はネット世代特有の表現があったりと、全体的にサラッと軽い。また、その時代、時代の小ネタもなかなか効いている。
    個人的には、「アメリカ人とリセエンヌ」が一番好きかな。特にラストは二通りの捉え方出来るのよね。他に「地方都市のタラ・リビンスキー」はありがちなオチではあるが……。この3編目「地方都市の……」で前半の勢いから少しシフト。シフト後の方が自分は好み。
    さて、「友達から同級生の……」というのは少し共感出来たが、「哀愁」……はどぅかな。どのエピソードも「哀愁」というには甘酸っぱ過ぎんじゃない。
    コレも、オーヴァー40のオッサンに薦められる1冊ではないな。アラサー女子のオヤツ感覚の読書には、イイかも。

  • これ好きな人は『ヤング≒アダルト』って映画も好きだと思うし、『ヤング≒アダルト』好きな人は、これ気に入るのではないかと。。。

  • ロードサイドで戦う女子たちへ、当時そんな帯がついていたと思います。
    ハードカバーなんだけどおしゃれでどこかうさんくさく感じる表紙に一目惚れして購入しました。
    東京ではない、どこか画一化されたある地方での話。短編集なのでどこから読んでも楽しめるけども、全ての話にある人物が様々な視点で登場します。
    ああ~いるいる、こういう人!!そんな感想を必ず抱くと思います。
    そして出てくる戦う女の子たちに、共感の嵐。わーあなたも分かるし、あなたも分かる!私もおんなじ気持ち!と、ちょっと仲のいい女友達の話を読んでいる感覚。
    戦ってるのは私だけじゃないんだ、と少しだけ後ろを向きそうなときに読みたい本です。

  • 私は東京出身で、地方に住んだこともないけれど、少なくとも日本に住んでいる女の子はみんな共感出来るのではないだろうか。
    ドラマチックなことが起こるわけでもない日常。上辺だけの対人関係。全てがめんどくさく、どーでもいいのだけれども、愛おしい自分の人生。
    あーわかるよその気持ち、あーわかるーそういうのあるー。
    読めば読むほどあるあると思い、たまに涙が出るほどではないけれど、鼻の奥がツンとする物語。
    今、この年で、この環境にいる時に読めてよかった一冊。

  • 元々都心部出身で一人暮らしも経験なく結婚したせいでこのリアルさを実感はできない、が リアリティなのだろう、とは思う。

    なんとなくミニシアター上映の映画になりそうな雰囲気。椎名は誰かな…綾野剛あたり?オダジョーでは未だにかっこよすぎるし。

  • 2015.10読了。

    もっとできるはずの自分、特別なはずの自分、何者かになれるはずの自分。
    少し前まで自分だってそうだった。いや、今もか?
    そういう経験をたくさんして女子は大人になる。

  • 私は生まれてからずっと東京に住んでいる。
    だから、田舎の子が考えてることは、分かるけど、本当に理解することはできなかった。

    中学の頃は、平凡な社会人になりたくなくて、所帯染みたおばさんにもなりたくなかったのを思い出した。
    でも今、わたしは平凡な社会人になりたいし、結婚をして子供も産みたいと思ってる。
    本にもあったとおり、多くの人がどこかで人生のレールを直されていくのかもしれない。
    だからこそ、もう一度、あの頃の自分が思ったことにまた挑みたいと思った。

  • 地方を礼賛するでもなく、唾棄するでもなく。
    たぶんこれが、そのどちらかの視点に偏っていたとしたら、ここまでおもしろくなっていなかっただろうと思う。
    どんな場所に生まれたか、どんな青春を過ごしてきたか、いまどこに暮らしているのか、それによって好き嫌いは別れるだろうけど、
    少なくともこれを読んで「特に何とも思わない」という人とは、僕は友達にはなれない気がする。

    固有名詞の使い方が絶妙だと思った。
    鬱屈とした田舎の空気感と微妙な「ひと昔前」感とが行間に満ちて、ページの間から流れ出してきて、
    まるで高校生の頃の、地元の田んぼだらけの道を歩いた時の土の匂いがするようだった。
    田舎っぽい言葉遣いはしていないのに。
    良い小説っていうのは、そういう「空気感」がちゃんと書かれているもののことを言うんだろうな、と思ってみたりした。

  • あるある感はあるけど、なんかリアリティのない田舎。
    よくわからないけど、なんかちぐはぐな感じの田舎だなと思った。

全232件中 1 - 10件を表示

ここは退屈迎えに来てのその他の作品

山内マリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ここは退屈迎えに来てに関連する談話室の質問

ここは退屈迎えに来てに関連するまとめ

ここは退屈迎えに来てを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ここは退屈迎えに来てを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ここは退屈迎えに来ての作品紹介

地方都市に生まれた女の子たちが、ため息と希望を落とした8つの物語。
フレッシュな感性と技が冴えわたるデビュー作は、
「R-18文学賞」読者賞受賞作「十六歳はセックスの齢」を含む連作小説集。

ツイートする