明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

  • 1132人登録
  • 3.60評価
    • (60)
    • (160)
    • (137)
    • (31)
    • (6)
  • 183レビュー
著者 : 山田詠美
  • 幻冬舎 (2013年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023376

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちの感想・レビュー・書評

  • 再婚して、2組の家族が、新しい家庭を築き、又、そこで、新しい生命の子を形成していくのだが、、、
    母親の方には、澄生と真澄。
    父親の方には、蒼太。
    2人の親から千絵が、誕生。
    澄川家は、順風満帆で、とても素敵な家庭であったのだが、家族の要でもある長男の澄生が、雷に打たれて亡くなって慕しまったことから、澄川家の隙間から、どんどんと亀裂がまして来る。
    その原因が、母親のアルコール中毒である。
    子どもたちが、一人づつ、その気持ちの展開を描いているのだが、、、最後に家族が増えていきそうな背景と、母親が、少し、病状が良くなって来るのが、良い。

    祖母の「人生よ、私を楽しませてくれてありがとう」の言葉が、もう少し、最後の方でも欲しい感じがしたのは、私だけであろうか?

  • 久しぶりに読む山田氏の作品。珍しく家族モノ。
    若くして雷に打たれて死んだカリスマ的存在の長兄を心の奥に誰もが抱えたまま生きていく家族たち。
    どんなに素晴らしい死んだ者も、生きている大切な人には敵わない。
    その人のために自分は決して死んではいけないと思えるような大切な人に出会って、力強く生きたいと思った。
    2017/05

  • 澄川家のみんな好きなキャラだったので面白く読めた。
    タイトルにも惹かれた。
    最後のページであれ?っとなる。

  • 素晴らしかった。実際にアル中の家族や兄の死を経験した人には軽すぎるのかもしれないが。内面の描写がうまくて心に残る。どれも、どの心情、行動も自分にもあると思わされる書き方。各章の最後の一文が印象的。
    どうにもならな気がする家族の闇は私も想像出来る。次の闇はこないで欲しい。。。こういうときひとりっ子は共有できる人がいないんだよなあ。

  • すごく嫌な母親だと思う。好きになれない。
    でも家族だから仕方ないのかな。

  • 母親がどんなにダメダメでもかつての家庭を諦めないそれぞれの家族たち。私だったら家出してそう。

  • どんでん…ではないかもしれないが、最後の数行におおっとなったのは確かなので。

  • あ〜家族!家族の話。そこはかとなく、爽やかなのは山田さんが清らかだからだなぁ。家族の話でこんなに爽やかなのは日本では数少ないかも。

  • 兄の澄生が、雷に打たれて17歳で死んだ喪失感から
    母がアルコール依存症に陥った澄川家。

    両親が子連れの再婚をして出来た家族なので
    義父と血縁ではない 澄生、真澄の兄妹。
    義父の連れ子で母と血縁ではない 創太。
    再婚後生まれた 千絵

    17歳でなぜだか人を引き付ける澄生の
    影を学校や家庭の中で感じさせられる 兄弟たち
    澄生は、死んだことで家族の中で
    永遠に何も変わらないが、誰よりも大きな存在と
    なってしまったことで、誰もが澄生を
    きちんと「死なす」事が出来ないままでいる。

    生きている四人の姉弟視点で、澄川家の日常が
    語られていくけど、本当の主人公は澄生。
    意識しなくても、いつだって澄生を感じている
    澄川家。

    最後は、澄生をちゃんと死なすことが出来たんだろうけど、あれは良い最後なのかハッキリしない。
    もっと、澄生のカリスマ性を感じる様なエピソードが知りたかった。 みんなどうして澄生をあんな風に感じるのかを。

    人って死んだら、生きているより大きな存在に
    なるのだろうけど、残った者はそれをしっかり
    受け入れて生きてかないといけないんだな。
    今まで、読んだ山田詠美じゃなかったから新鮮だった。

  • この人はいつも希望を書いてしまう。でも、不在の重さは宴のあともゆっくりと続いていく。失うこと、失ったことを認めること。何かを何かで埋め合わせようとすること。

  • 澄川家のかけがえのない存在だった長男澄生の突然の死、その喪失感から、アルコール依存症になってしまった母と、それを支えて暮らしてきた家族。

    今の私には、実感としては感じることの出来ませんが、ものすごく辛く悲しいことだと思います。子が親よりも先に逝くなんてことがないといいのに。

    残された子供たちの、心の傷や痛みも、想像以上だと思います。
    家族の太陽たるべき母の崩壊をもってしても、3人がきちんと大人になれたのは、多く書かれていないけれど、父親の力もあったとのだと思います。

    最後のサプライズ?
    一瞬、え?となりました。
    その後は、ハッピーエンドという方もいたようですが、私は、違う解釈をしてました。
    どれが正解なんでしょうか??

  • 父が死んでから、ずっと思いかんがえたこと

    かけがえのない事はわかった けど
    涙がつくようで いて
    自分のことしか考えられない

    思いやりのなくて でもそうでしかない心

    重々しくもなく 形式ばってもいなく うつくしくは映らなくていいから

    ただそんなしかたない死を

    この涙もただ自分を思う涙だけど

    そんな死を

  • 家族の死がもたらす、家族の群像。
    愛情とは?愛とは?死とは?を問うているようです。
    テーマや内容は確実に深いと感じるのですが、自分に限っては、明日につながる生へのエネルギーにはつながらなかったように感じました。

  • 基本暗い?話。それだけに最後の4ページくらいの反動がとてもいい。これからも続くであろう、陰鬱さを含んだ日々。それでも光るものがある。

    雨上がりの晴れ間。
    滴るしずくに反射する太陽光。
    ってイメージ。

    こころがこんがらがったとき、まだらなとき。例えばコーヒーにミルクを入れた直後みたいな。

    もっと乱してくれる。もっともっとかき混ぜて、最後はカフェオレになる。

    人の清濁併せ呑む。
    人生には辛いこともあるけど、いいこともある。

  • タイトルに惹かれて購入。
    『人生よ、私を楽しませてくれてありがとう。』という曾祖母のメッセージがこの物語にどう影響するのかと読み進めたが、
    このメッセージを知る長女の真澄のエピソードに少し絡むだけ。
    最愛の長男の死をきっかけにアルコール依存性になった母と
    長男の死をそれぞれに受け入れる過程の家族の物語。
    結局何が言いたいのかよくわからなかった。
    「死は死んだ本人を差し置き、残された人たちのもの」と言いながら最後は澄生に生かされる。
    生きている人は死んだ人によって生死をジャッジされている?と考えると一貫性もなく。
    物語として尻すぼみ感があった。

  • 2015年9月西宮図書館

  • ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、さらにその後、千絵が生まれる。それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた“ある死”をきっかけに、澄川家の姿は一変する。
    ダメママがタイトルの手紙書いて、感動オチかなと思ってたら違ってた。

  • 死してなお残された人に影響を与え続ける存在は良いことなのだろうか?
    澄川家は誰もがとらわれ過ぎていて歪んでいるけれど忘れるのではなく自然に時が解決していくしかないと少しずつ受け入れていく姿が偽りがなくてよかった。
    澄生安心して見守っててね。

  • 家族の死、兄妹の関わりを描いた小説を最近をたまたま連続して読んでいる。なんとなく既視感があった。そしてみんないい人達だなあと思った。

  • 読みやすいからか、感情移入してしまって苦しかった。

  • ああ~
    なんか、誰の視点で書かれているのかよくわからないなぁ~と思う箇所があったのだけど・・・
    はめられた(・・A;)
    ※普通だまされないか??
    再度、視点の主を意識して読み返さなければ(T∇T)

  • 家族を支えていたのは、兄澄生の存在だった。
    愛する家族の死を乗り越えられない残された家族。
    兄の死からの家族の日常生活を兄弟たちそれぞれの視点で描いている。

全183件中 1 - 25件を表示

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちに関連する談話室の質問

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちに関連するまとめ

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたちの作品紹介

ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、さらにその後、千絵が生まれる。それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた“ある死”をきっかけに、澄川家の姿は一変する。母がアルコール依存症となり、家族は散り散りに行き場を失うが―。突飛で、愉快で、愚かで、たまらなく温かい家族が語りだす。愛惜のモノローグ、傑作長篇小説。

ツイートする