落英

  • 145人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (33)
    • (22)
    • (6)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 黒川博行
  • 幻冬舎 (2013年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023550

落英の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #読了。大阪府警薬物対策課の桐尾と上坂は、覚醒剤犯罪を追っていた際、拳銃を見つける。その拳銃は迷宮入りした殺人事件で使用された拳銃だった。和歌山県警の満井と組み、真犯人に取引を持ちかけるが。関西弁での掛け合いは面白く、ラストも黒川さんならではか。

  •  大阪府警薬物対策課の刑事、桐尾と上坂が覚醒剤のガサ入れでヤクザの借りている駐車場から拳銃を発見する。本部長賞いただきと思われたが、その拳銃が十数年前和歌山の地銀の副頭取殺害に使われたものと特定されたことから、二人は和歌山県警との合同捜査の特命を受ける。二人を待っていたのは、定年間近の盗犯係の刑事満井。やたらと金払いのよくどこか胡散臭い満井に警戒しつつも、二人は拳銃の出所を捜査するといいながら抜き差しならない深みにはまっていく。

     警官としてご法度の風俗嬢(しかも、一度自分が逮捕している)と肉体関係を持つバツイチ刑事の桐尾が主人公だが、相棒の丸ぽちゃ映画オタクの上坂(勤ちゃん)のキャラクターがいい。満井はボルサリーノのパナマ帽をハゲ頭に載せている初老の田舎刑事で、最後まで二人を振り回す。

     予備知識なしに読み始めたので話がどの方向に転がるのかと思っていたら、あれよあれよといわくのある拳銃を巡るどす黒い裏社会の人間関係の物語に引きずり込まれる。主人公たちが大阪・和歌山・京都を動き回るスピーディーな展開はいつもどおり。警察・ゼネコン(マリコン)・裏社会のねじれた関係を描いた警察ノワール小説ともいえるが、登場人物の個性が際立っているので、映像化向きだと思う。大阪府警でなくても描くことが出来ると思うので、ぜひドラマにしていただきたい。そりゃ、大阪府警に越したことはないですけど。

     あと、毎度のことながら、食い物のシーンが美味そうです。

  • 長い。小説としては、もっと短く凝縮した作品に出来ると思うし、その方がスリリングで面白いだろうと思う。丹念に丹念に事件の詳細情報を盛り込んでいるが、そこまでいる?と思うのが正直なところ。というか、それが成功してるのか疑問。警察小説にクソリアリズムを求めたいファンには好まれるのかも知れないが。自分のように雑読、乱読派にはちょっともて余す。黒川さんも楽しんで書いてたのかなあ。無理に引き伸ばしてないか、これ?と何度も思った。全体的に爽快なストーリーでもないし。後半登場するはみ出しものの刑事は面白かった。落ちはあまりスッキリせず。でも、黒川ワールドが嫌というほど味わえます、これ一冊で。

  • 6月-3。3.0点。
    大阪府警薬物課の刑事ふたりが、主人公。
    薬物のルート解明、一斉ガサ入れ時に古いトカレフ発見。
    昔和歌山で起きた事件の、曰く付きの拳銃。
    ふたりは拳銃の捜査で、和歌山へ。
    和歌山の癖のある刑事と、合同で追う。

    読みやすいが、「悪果」と非常によく似ている感じ。

  • ちょっと長すぎたあ。ダメ刑事には制裁を。

  • 落英

  • 黒川作品を読んでいると警察が信じられなくなる。
    「悪果」ほどの毒々しさはないが
    少し悪い部分を持っていないと、この世界は渡っていけないのではないかと思うぐらい。

    前半の麻薬取締の実際の事件はこうやって調べるのかと
    リアルな実態に感心していました。

    そして、後半、1つのヒントから和歌山へつながり
    どんどん展開していく様はうまい!と思いました。

    ただ、ラストはちょっとおとなしくなってしまった感じがした。
    それだけが残念です。

  • 前編後編と大きく2部に分かれた印象。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13431223.html

  • あの分厚い本を何度かに分けたとはいえ一気呵成に読んだ。フィクションであり、警察にありえない登場人物の行動であるが、小説上ではおもしろく、あれよあれよと起こる次の展開に期待してしまった。犯罪は人が起こすものだが、警察も人が捜査するもの。こんな、警察官
    がいてもいい。

  • ハードボイルドすぎて・・・私にはいまひとつ。最後のオチは???

全23件中 1 - 10件を表示

黒川博行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

落英を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落英を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

落英を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落英を本棚に「積読」で登録しているひと

落英の作品紹介

大阪府警薬物対策課の桐尾と上坂は覚醒剤密売捜査の最中、容疑者宅で想定外のブツを発見した。発射痕のある中国製のトカレフ-迷宮入りしている16年前の和歌山・南紀銀行副頭取射殺事件で使用された拳銃だった。ふたりは拳銃を調べる専従捜査を命じられ、射殺事件を担当していた和歌山県警の満井と手を組む。しかし、満井は悪徳刑事だった。桐尾と上坂は、事件当時に犯人と目されていた暴力団幹部に、発見した拳銃と同じものを売りつけるよう、満井に持ち掛けられる。金さえあれば、いつでもあの女を抱ける-。黒い欲望が、刑事を危険すぎる囮捜査に走らせる。

ツイートする