天帝のやどりなれ華館

  • 119人登録
  • 3.68評価
    • (8)
    • (11)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 古野まほろ
  • 幻冬舎 (2013年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023567

天帝のやどりなれ華館の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  東京駅ステーションホテルのスイートフロアで、エボラ出血熱が発生! というトンデモな事態のお話なんだけど、シリーズで一番読みやすかった。
     何故なら! まほちゃんが語り手ではないからだ!!wwww

  • bit.ly/10pLNPmのは誰か?という視点で読んでいたので犯人は分かりました(そもそも容疑者が少ないが)。そこから先の展開は今までになかった人間ドラマあり、恒例のスペクタクルあり、という贅沢な仕上がりでした。よしよし。

  • 古野まほろ天帝シリーズ最新刊にして番外編。
    1.5巻という位置づけなのですが、語り手がまほろではないため随分と新鮮な印象で読むことができました。
    柏木のキャラクターって確かに冷血とか言われてたけど、事件の経過の中での捜査などここまで徹底しているとは思わなかったので、その辺は意外でした。それにしても。

    柏木は親友を思った。ここにはいない親友のことを。もし此処に奴がいたのなら、絶対にこう言うだろう。ねえ柏木、すごいよ、明治のひとって僕等とは違うんだねえ、頑張って頑張って背伸びして——見てよこの赤煉瓦、こんなに湿度と温度を感じる煉瓦、僕見たことない。柏木綺麗だよ、触ってみようよ、本当に美しい——。

    ってこれ完全に出来上がってますやん!相当に恋愛のフィルターかかってるでしょ!!

    はふう。もとい。

    今回は今最もホットな話題(なはずなのですがもう旬は過ぎてますね、本当に時勢の移り変わりははやいです)のエボラ出血熱に取り憑かれた東京駅ホテルを舞台にしているのですが(これも最近ホットな話題でしたね)、続巻があるので主人公たちが生き残るのは分かっているはずなのに、はらはらドキドキしっぱなしでした。
    ここ最近の天帝シリーズの傾向として、舞台がどんどん混沌としてきているように感じているのですが(鳳翔なぞ3000人殺しだぞ)、この話では余りに舞台が過激すぎて逆転現象が起き、肝心の推理(殺人事件)の部分が印象が薄くなってしまいました。密室とか、分かりやすい謎もなかったし、推理合戦も弱めだったので。

    さてこれでずっと溜め込んでいた天帝シリーズを遂に読み切ってしまった訳ですが(今年あたり新刊出ないかなあ。短篇集出るっぽいことをtwitterで書いてたんだけど辞めちゃったからなあ)、文庫(新訳)版に、流れていこうかなと思っています。

  • 図書館にて借りる。これから東京駅使う時に思いだしそう。

  • 天帝シリーズだけど、ちょっと番外編という感もあるかな? あ、一作目と二作目の間の物語なのですね。
    バイオテロの発生により、封鎖されたホテル。その中で起こる殺人事件。感染の恐怖と殺人者の恐怖と、しかもタイムリミットが来れば軍によって抹殺されてしまうという、そりゃもう救いようのないスリリングすぎる状況。それなのに冗長な語りを繰り広げるのねやっぱりこの人たちは(笑)。
    この状況で殺人を犯すことの動機等についてはきっちり本格。でもこのいろんな手がかりはちょっと難しかったかな。○○の違いについては全く分からなかった……。

  • 新種のエボラウイルスが蔓延するクローズド・サークル内における連続殺人。シチュエーションの異様さに対して、推理パートは堅実そのもの。謎解き部分にもっと、ウイルステロの最中だからこそのアクロバティックな発想や動機を組み込めていれば、よりレベルの高いミステリに仕上がったと思います。とはいえ、アウトブレイク系のパニック・サスペンスとしては充分以上に面白い。「天帝」シリーズの番外編にして『群衆リドル』の元凶であり、『セーラー服と黙示録』や『復活』ネタを回収しつつ、「探偵小説」シリーズがなぜコモの独壇場だったのかという裏話も明かされる、“まほろワールド”史上最も重要な位置付けにある一作です。

  • 古野まほろ最高。

  • (2013.4)

  • 天帝シリーズ最新作(番外編)。
    仕掛けは派手だがミステリとしては堅実なのはいつも通り。
    それにしても、講談社ノベルズを離れてから、作風も文体もかなり変わったなぁ……文体が普通になってしまったのがつくづく惜しい。

  • 外伝的な位置付けのため、いつもの古野まほろ――不可能犯罪と夥しいガジェットの詰まった本格探偵小説、ではない。
    ミステリィとしては地味なフーダニット・ホワイダニットのみ。けれど、物語の展開は面白く、途中で手が止まらなくなった。

全18件中 1 - 10件を表示

古野まほろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
青崎 有吾
有効な右矢印 無効な右矢印

天帝のやどりなれ華館を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天帝のやどりなれ華館を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天帝のやどりなれ華館の作品紹介

別名『氷の聖女』。子爵令嬢にして英国公爵令嬢・修野まり。頭脳明晰だが、感情面に難あり。『冷血柏木』柏木照穂。気の強さは天下無双。無類の文学狂い美少女・峰葉実香。降りかかる厄災と大人たちの思惑、はりめぐらされた罠に、3人が立ち向かう!脱出不能の華館に蔓延する致死ウイルス。しのびよる殺人鬼に刻々と近づくタイムリミット-絶対絶命の状況に、3人の高校生が挑む。

天帝のやどりなれ華館はこんな本です

ツイートする