禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧

  • 265人登録
  • 3.60評価
    • (10)
    • (22)
    • (26)
    • (3)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 枡野俊明
  • 幻冬舎 (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023840

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所作の美しさを
    『上品』とか『気品がある』などと
    表現していいのであれば、
    それは
    年を重ねるほど、内側から滲み出てくる輝きの様なものではないか?
    と、私は感じている。

    と、言うのは、
    おそらく先日偶然バスで隣り合わせた御夫人の『所作』が、
    見惚れてしまうほど美しく、可憐であったのを思い出しているからなんだろうなぁ~

    不快にならない程の距離は保ちつつ、気遣いや時折ユーモアも交えて会話される。
    (どうやら『愛語』というらしい。)
    そこには見知らぬ人との気詰まりな時間、など微塵もなく、
    ほんの一時ではあったが、心地よい時間を過ごす事が出来た。
    (あ~、年をとったら私もあんな風に…。)
    と、本を手にしつつぽやぁ~ん、と夢想しているだけでは
    この本が単なるノウハウ本としての道を辿っておしまい、になってしまいかねないし、
    所作の美しい人には絶対なれっこない。

    学んだ事をなかなか実践しない私の為に
    枡野さんが
    お手本となる人を紹介してくれたのだろうか?

    なんてね♪(^^;

  • 私が子供の頃、家にきていただいていた若いお坊さんが、永平寺での修行を終えて帰ってこられた時に、身体の動きがとても美しくなられたなと思ったことを覚えています。
    「当たり前のことを、当たり前に、心をこめて丁寧におこなう。それが悟るということであり、整った所作、正しい所作でもあるのです。」「一息に生きる」ひと呼吸するその一瞬をおろそかにしない。すぐに動いて「ひとつ」きちんとしてみる。
    所作を整えることにより、智慧を身につける。そんな清々しいことを、美しく平易に説いてくれる良い本だと思いました。

  • 現在社会の中では「所作」についてはなかなか教えてもらえる機会が少ない中で、禅の教えの中から所作について教えである。
    すべての所作には意味があり、
    ・正しい言葉を使う。
    ・毎朝、両手を合わせる。
    ・裸足で生活してみる。
    ・季節を感じながら、ゆっくり歩く。
    ・ゴミは正しく捨てる。
    ・畳のへりを踏まない。
    ・お腹いっぱい食べない。
    ・箸や器を大切に扱う。
    ・朝、5分でいいので掃除する。
    ・朝起きてすぐにテレビをつけない。
    ・朝起きたら窓を開ける。
    ・朝、歩く。
    ・一日一回、腹から大きな声を出す。
    ・毎日同じ時間に眠る。
    ・「今日のこと」は、眠る3時間前までにすませる。
    ・身に着けるものは、長く大切に着られるものを選ぶ。
    ・花を飾る。
    ・古いものを大切にする。
    ・美しい文字を書く。
    ・目上の人を尊敬する。
    ・メールではなく、直接話す。
    ・感謝は、感じたときにすぐ伝える。
    ・風呂敷や手拭いを使う。
    ・月を愛でる。
    ・日本文化に触れる。
    ――など、禅の教えには、美しく生きるための知恵が詰まっている。

  • ☆3.5評価
    201702

  •  『禅が教えてくれる美しい人を作る「所作」の基本』の続編に当たる本です。禅の心や所作について前著よりも深い内容になっています。さらに前著ではなかったお辞儀や座禅の組み方などがイラスト付きで解説されているので実践的かつ、わかりやすくなっています。
     私が特に気に入ったお話は「お賽銭の意味と所作」でした。私はお賽銭を投げることは基本的にありません。それは自分の投げたお賽銭ぶんの見返りが返ってくるとは思えないからです。私にとってお賽銭というものは神社やお寺で何か願掛けをする対価として支払うものなのです。しかし、この本では「自分の欲を捨てる」という意味でお賽銭を投げるということが美しい所作であると述べられています。一般的に人間には自分が一度手にしたお金やものを「手放したくない」という気持ちがあるそうです。この気持ちこそ執着や煩悩というのです。お賽銭を投げるという行為はこの執着や煩悩をお寺や神社に捨てさせていただくという行為だということです。このように考えるとお賽銭というものは仏や神にお金とご利益を交換してもらう行為ではなく自分の醜い部分を引き取ってもらう行為だと思えるので、お賽銭も感謝の気持ちを込めて投げさせていただくことができそうです。
     この本はページは200ページと薄いものですが自分の行動を照らし合わせて読むと非常に奥の深い内容の本であると思いました。書かれていることは至極当たり前のことが多いです。しかし、当たり前だからこそ、意識せずになあなあに過ごしている行動も数多くあります。この本を読むことによってなあなあに過ごしている部分を確認することができたので私にとって価値のある本であると感じました。

  • 未熟な我が身を省みる。

  • 禅を通して知る、心穏やかに美しく日々を過ごす考え方の数々。
    優しい筆致で、すぐ実践できそうな簡単なことが書かれている。少しずつでも、生活に取り入れていきたい。
    例えば、疲れていたり辛かったりするときこそ、平常心を取り戻すためにいつも通りに過ごすとか。
    掃除や片付けは、気持ちよく次のアクションを起こすための下準備と捉えて行うなど。

  • とどまらない時の流れに
    美しいピリオドを打ち込んで行く。

  • 【No.253】「所作は、その人のすべてを物語る。あなたが積み上げてきたものすべてが、所作となって滲み出てしまう」「当たり前のことを、当たり前に、心をこめて丁寧におこなう。それが悟るということであり、整った所作、正しい所作でもある」「私たちはそのときどきで、かけがえのない生を生きている。背中を丸め、日がな退屈に時間を費やし、来し方を思ってグチのひとつも吐く、というのでは命に対して申し訳ない。まずは姿勢を正し、お腹から声を出して”おはよう”と言ってみる。すると前向きなやわらかい心になって、充実の生に変わっていく」「時間を大切にする人は、真摯に生と向き合う人。そして美しく人生を紡いでいく人」

  • 余裕をもって。 何事にも感謝をしながらの所作なら、美しく見える! 食事だってひとつひとつ感謝しながらならきれいに出来る! 毎食思い出す!

全31件中 1 - 10件を表示

枡野俊明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧の作品紹介

シンプルなことほど、奥が深い。所作が導く、美しく幸せな時間。人生を深めるヒント68。

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧はこんな本です

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧のKindle版

ツイートする