国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント

  • 50人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 小川榮太郎
  • 幻冬舎 (2013年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344024014

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前著に続く安倍政権ドキュメント第2弾。
    ちょっとしたことですぐに内閣支持率が上下するのは、国民側にも問題があると思うが、今このときに首相が安倍氏でなければ日本はどうなっていたのだろうと考えれば、安倍政権がぎりぎりで間に合った奇跡の政権であるというのも大げさではないと思う。
    ぜひ安倍首相嫌いの人に一読してもらいたい。

  • 2012年12月に第二次安倍政権は誕生した。翌2013年は20年ぶりの伊勢、60年ぶりの出雲の両遷宮、熊野の120年大祭、熱田では1900年大祭というまさに時代の節目を感じさせる年に始動した。民主党政権があれほどひどくなければ安倍総理の出番はなかった。自民党総裁選が決選投票で決着したのは40年ぶり、決選投票での逆転は60年ぶりであった。日本人の危機感が順当な候補者達を差し置いて安倍政権を誕生せしめた。
     第一次安倍政権は1年で10年分の仕事をしたという評価も聞かれる。中国の台頭と国力毀損により日本は存亡の危機にある。保守本流、安倍総理の復活は日本にとって計り知れない僥倖であった。もはやどこの誰かも分からないような者たちに国政を任せておけないではないか。
     就任後、丸2年以上が経過した現在、とくに消費税増税以降、デフレ脱却は道遠いにもかかわらず、TPP参加や、構造改革の邁進は外国人の投資を拡大し、貧富の差を広げ、多くの国民に厳しい競争を強いるものである。”美しい国”とは相容れないとも思うが、今は国防第一で耐え忍ばなければならない時期なのかもしれない。
     日本に何が出来るかではなく何をしなければいけないかを常に考えているといわれる。代わりが務まるものはいない今、安倍総理を信じ支えるしかないのだろうと思っている。

  • 阿部政権礼賛本。だけど、阿部さんの演説読んでると泣けてくるので、これもよし。

  • 著者前作の『約束の日』の続編的な本。

    筋金入りの国家感を持ち、理念を貫く政治家、安倍晋三総理について書かれている。

    マスコミを敵にまわしたために全く報じられることが無かった6年前に成し遂げた多くの仕事、昨年末の自民党総裁選の戦い、アベノミクス等、総理就任後に仕掛けた仕事の数々が書かれている。

    今回は、彼を支えた周辺の人たちについても詳しく書かれている。

    死の間際まで安倍を自民党総裁選に勝たせるために自らの命を削ってまで発破をかける三宅久之氏。

    自民不遇の3年間を真面目に支え続けた当時の自民党総裁谷垣氏を裏切る形で総裁戦に出馬を決めた石原氏に対し、不快感を隠そうともせず、『平成の明智光秀』ときってみせた安倍氏の盟友、麻生副総理。総理当時は漢字も読めないとバカにされっぱなしだったが、こういう人間は見方につけると心強い。

    特に前半部分は臨場感があり、まるでドラマを見るように楽しむことができる。

    先日の参院選で衆参のねじれも解消した。そろそろ日本を取り戻してもらいたい。

  • 安倍晋三が自民党総裁選に勝ち、現在に至るまでを描いたノンフィクション。

    著者は、元々安倍総理誕生に向けて動いていた人物であり、根っからの安倍ファンである。それを差し引いて読んだとしても、やはり安倍総裁誕生までの過程は胸を打つものがある。

全5件中 1 - 5件を表示

小川榮太郎の作品

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントを本棚に登録しているひと

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントを本棚に「積読」で登録しているひと

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントの作品紹介

悪化するデフレ、中国・韓国による領土侵犯、迫りくる国難の数々。安倍政権はぎりぎりで間に合った奇跡の政権である。総裁選をめぐる秘話、故・三宅久之氏との絆ほか、初めて明かされるエピソード満載!

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントはこんな本です

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメントのKindle版

ツイートする