3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい

  • 324人登録
  • 3.11評価
    • (9)
    • (30)
    • (34)
    • (23)
    • (7)
  • 47レビュー
著者 : 小玉歩
  • 幻冬舎 (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344024045

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
ロバート キヨサ...
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいの感想・レビュー・書評

  • 「人生を奪う不要な人間関係」は、確かにあると思う。ただ、大した関係でない人から急に声がかかったり、助けられることもないわけではない。だから多くの人と繋がりは持つべき、とまでは言わないが、この本の内容はあくまでも成功している人の論理であると思う。
    例えば、マンションに住んでいると管理組合の仕事が回ってくることがあるけど、結構参加を拒否する人がいる。自分にとっては不要だからといって「いらない関係は金を払ってでも切れ」という理屈の人なんだと思う。けど、マンションの住人全てが同じ理屈で動けば、マンションの管理は成り立たない。実際は、管理に参加してくれる住人がいるおかげで参加を拒否してもマンションの管理は何とかなっているわけで、参加しない人もちゃかりと恩恵を受けているのだ。
    本の趣旨とはずれたことを言っているのかもしれないが、「これから生き残るのに人間関係は要らない」「好きな人とだけつきあえ」などの小見出しを見ると、現代社会で自分中心で生きていけるのは、世の中のいろいろなしくみのおかげであるという事実をこの著者は知らないのではないかという気がした。

  • 心からワクワクすることをやって発信していると、
    共鳴する人が見つけてくれる。
    いい人を演じるより、素の自分でいること。

    著者のさっぱりしたところに惹かれました。

  • こういう本、待っていました。

    本当に本当に、待っていました。
    心の底から。

    よくぞ言ってくれました!!
    無駄な人間関係は、必要ないと。
    いい人である必要などないと。

    人様の生き方を批判するつもりはないですし、
    コミュニケーションが上手くなる云々の自己啓発本等も別に否定もしないし肯定もしません。

    しかし、今まであまりにも、人間関係をスムーズに円滑にする努力をしようという類の内容の書物ばかりが世の中に溢れていました。


    無理に自分を繕って?

    いい人を演じて?

    みんなに笑顔を振りまいて?

    誰にでも分け隔てなく平等に接して?

    上の人には気に入られるよう、努力して?


    そういったコミュニケーションに関する本が氾濫する世の中、
    果たして人間関係に悩む人々は減ったのか?

    残念ながら、そんなことはないと思います。
    むしろ、人間関係に悩む人々は増え続けている気さえします。


    こちらの本の内容は、平たく言えば

    「自分にとって必要のない人間関係は、根こそぎ切ってしまおう」

    という著者の考えを提唱した、全く新しいビジネス書。


    帯の後ろには

    ・「いい人」になるな
    ・空気は、あえて読まない
    ・陰口はむしろ喜べ
    ・愛想笑いとヨイショはするな
    ・好きな人と行く以外、お酒の席は意味がない
    ・メールの返信はしない
    ・交流会・パーティにはいくな
    ・知り合いを増やすな
    ・いらない関係は金を払ってでも切れ
    ・つきあいの結婚披露宴は欠席で
    ・進んで和を乱す人間になれ
    ・行き当たりバッタリの生き方をしろ


    などと、インパクト大の文章ばかりが並んでいます。

    今までの世間の常識がすべて覆されてしまうほど
    目からウロコが落ちる話ばかり!


    会社の飲み会などは、ほとんどの人が嫌だと思っていると聞きました。
    それなのに、ほとんどの人は行きたくないのに我慢して行っている。
    理由は、自分だけ断れないから、強制参加だから、飲み会も仕事のうちだから、などなどらしいです。

    そんなことで、いとも簡単に諦めてしまっている。
    飲み会は、嫌でも参加しなければならないもの、ということが
    暗黙の了解のようになっており、諦めてしまっているんですね。


    飲み会自体は別に否定してません。
    したい人はすればいいと思うんです。したい人は!

    でも、行きたくない人は、行かなくてもいいと思うんです。
    そもそも仕事じゃないですよね?義務ではないはずです。
    義務のように思い込んでしまっているだけで。

    会社のことを何も知らないからそんなこと言うんだろ、という方がいると思います。私はまだ会社務めしていません。会社の組織のことなんて何も知りません。何も分からないから言っているんです。


    飲み会に参加する意味はあるのかと。


    会社のチームワークを強くするため?
    円滑なコミュニケーションを図るため?
    お互いをもっとよく知るため?


    いい言葉ですね、いい言葉。
    表面上だけの。


    人生なんて、いくらでも思い通りにできるんです!
    この本は、とても大切なことを教えてくれました。

  • さすがに著者のように 簡単に人を切ったり、お誘いを断ることはできませんが(;´∀`)

    「生き当たりバッタリの生き方をしろ」項目や
    第3章のあなたの大事な人はどこにいる?の中の
    1.本当の仲間はどうやってみつけるのか
    2.ずっと続いていく人間関係とは?
    3.必要な関係は求める前に与えられる

    など、いままで12年間SOHOをやってきて、身に染みて感じとったことがそのまま書いてありました。

    つまり私的には (これでいいのか?)と自問自答していたことにたいして
    肯定してもらえたような、とても幸せな気持ちになりました。

    ほんとに、人間関係はこの通りだったと、
    私の場合、これからに対しての内容としてでなく、ほんとにそうだねェという気持ちで共感しながらあっと言う間に読み終えました。

    興味のある方は ぜひ読んでみてください。

  • メールを返信しない、ってどういうこと?と思って読んでみた。

    会社でパソコンに来るメールのほとんどが自分とは関係ない業務連絡などのメールだから返信する必要があるものは殆どない、という話。

    本の前半は人との関係を切っていくという話しばかりで読んでいてあまり共感できません。

    でも後半では一転して人付き合いの大切さを説いています。

    そちらの話は納得できました。

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    世のサラリーマンには驚きの内容なのだろうが、独立起業したらごく自然に守っている内容だと思う。自分の守るべきものを分かっていない人には批判もいろいろあるだろうが、流されないためには本書の内容はとても重要だと思った。

  • 言ってることはわかるがそれを実践して果たしてうまくいくのかと懐疑的になってしまう。普段の態度やその人の持ってる雰囲気次第では、敵を作るだけの結果に終わりそう。

  • 気にし過ぎなことを見事に言って貰ってスッキリしました。

  • ・必要な人間関係はすごい少ない。
    ・会社でのあまり生産的でない人間関係に固執したりごまをすったりするよりも、さっと会社を抜けたり、飲み会を誘われる前に帰宅したりすることで、自分が本当に近く一緒にいたい人との時間を確保する。
    ・思ったことを思った風に言ったり大柄にふるまったりしたほうが、そういうキャラ付けができて、後々やりやすくなる部分もある。(これは俺も院生室でそういうある意味変わった人キャラを持っているおかげでいろいろやりやすい部分もあるなぁ、とか思ったり)


    まぁ、この人は、クビでも年収3億円だかという本を書いているそうだが、副業をしていて、それがバレてクビになったという話なので、まぁそれは別の話なのかもしれない。
    しかし、もっともっと、周りの細かい人間関係に無駄に神経をすり減らしたりしないで、自分の大切な人との時間を大切にして生きたほうがいいよ!
    会社の都合で転勤とか、勝手にさせられて、家族と過ごす時間とかを削る羽目とかになるパターン多いけど、もっともっと考えて、会社なんかよりも、自分の家族や自分の近しい人との人間関係を充実させようとするのがいいよ!という話。


    それができたら苦労しないよ。定時で帰れたら苦労しないよ。
    とか、そういうことを思う部分もあるが、モデルにしていきたい。できればそうありたい。

  • 人脈つくりに励むよりも、自分の仕事や好きなことに打ち込んでいくほうがいいというのが印象的。好きなことに打ち込んでいったら、その結果周囲から注目されることになるからとのこと。

  • ありきたりな内容。

  • 周囲を気にしすぎない。自分に忠実に。

  • 会社に洗脳されて自分を見失うな、自分の本当にやりたいことをやろう、という本。
    当たっている。
    ただし、この本で書いていることが正しいからといって、著者のやっている事が正しいとは必ずしもイコールではないので注意すること。
    本の内容が良くても著者のやったいる事が搾取だったりするのは良くあることなので特に若い人には注意が必要。
    この本からは、
    『思考停止にならず会社の言いなりにならないように』
    という考え方を学べば良いと思う。

    それにしても幻冬社の本は微妙なものが多い…。

  • 著者は「クビでも年収1億円」の小玉氏。本作では人間関係を切り口に成功の秘訣を説く。「人付き合いを切る」が基本テーマ。人間関係の整理が人生に劇的な効果をもたらすという。「いい人になるな」「空気は読まない」「陰口は喜べ」「退社の挨拶はしない」・・・・・・・これまでの常識を一変させる警句がてんこ盛りである。全てを鵜呑みにするわけではないが、大いに発想の転換を促された。

  • どうコミュニケーションを取るのか?

    →自分の価値基準め動き、モノを言う
    自分が納得するように振る舞う
    社交的でないとうまくいかないなんてことはない
    自分と相手の自己満足が合致するところに真の人間関係が成立する

  • [2014/07読み終わり]タイトルを見てウソ〜と思って読み始めたらやっぱり嘘でしたwというか自分を目立たせる為の言い切り。ここまで出来たらカッコいいです。

  • 空気はあえて読まない。
    細かい仕事を10個やらされて多忙になるよりも価値の高い仕事を5個きっちるとこなす方が自分にとって得られるものも多く、時間も奪われません。
    愛想笑いとよいしょはするな。
    自分を磨く努力を怠ってしまったら、確実に生存競争に取り残される。
    こいつなら助けてやろうと思われる部下になる。
    持っている知識も能力も発信しなければ、誰の目にも留まらない。

  • 釣りっぽいタイトルですが、これからの「組織における自分のあり方」を考えるにはよかったです。成果主義がベースになっている会社か、属しているセクションが営業部門か管理部門かなどにもよって、筆者の方法を応用できるのか変わってくるでしょうからそのまま真似するのは危険かも。

  • タイトルにひかれました。メール返信めんどいよなぁ、そんなノリで読んでみた。

    「人間関係は増やさず、むしろ切り捨てる」最近捨てる系の本ばかり読んでる気がする;;
    なんか自分勝手に生きろ・といわれているようです。ガチの「会社員さん」むけの本ですね~。

  • 著者の第一印象とは裏腹に、人間関係の整理や、やりたいことへの取り組み方など、たいへん共感でき満足した。このくらい極論で考えないと、実践することが出来ません。しかし自分はこの類の本によくある、「何億稼ぐ~」と言った、下品なタイトルが嫌いなのでそこは減点。201404

  • 人目を気にしなければ、人生はシンプルになる。

  • 無駄な人間関係をダラダラ引き続けない発生させないというのは時間の使い方としても良いし、何よりストレスを貯めなくて良いのがメリット。ただし仕事ができないと只の我侭野郎と化す。

  • 無駄な人間関係を切れとか、稼いだ自慢とか敬遠要素もあるけど、読んでいくと意外とまともなことを言っている。目新しさと説得力はそれほどないけど。
    初めに随分過激なことを言っているので、後半の方に矛盾している部分があるような気がした。
    好きな人と好きなことをするように生きた方がいい。

  • うーん?と考えさせられた本。
    著者のように生きられる人間はわずかごく一握り、能力があるから出来る事。凡人が本に書いてあることをするとただの嫌われ者になるだけ。

    余計な人間関係を捨てて、自分の心に忠実に生きることは大切。

  • ネットで3年で7億稼いだという児玉氏の著書。煩わしい人付き合いはやめ、自分の好きな人とだけつきあえばよいという。また、やりたいことをし、言いたいことを言えばよいと語る。組織の中にいるものにはできない生き方だろう。

全47件中 1 - 25件を表示

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいを本棚に「積読」で登録しているひと

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいはこんな本です

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあいのKindle版

ツイートする