タックスヘイヴン TAX HAVEN

  • 566人登録
  • 3.79評価
    • (47)
    • (103)
    • (66)
    • (10)
    • (3)
  • 68レビュー
著者 : 橘玲
  • 幻冬舎 (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025639

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
橘 玲
池井戸 潤
伊賀 泰代
ピエール ルメー...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

タックスヘイヴン TAX HAVENの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今話題のパナマ文書にまつわる「タックスヘイブン」の内容理解のための解説本にと、図書館で借りたが、実際は小説であった。しかし、サスペンスあふれる内容で、久しぶりに楽しんで読むことができた。物語の舞台の一つとなっているシンガポールの町並みや歴史についても、著者は理解が深いようで、一度旅してみたくなったおまけがついた。

  • 間違いなく今年ナンバー1の橘玲、待望の金融クライム小説第3弾!
    長年海外投資で培った知識が表も裏もあますとこなく散りばめられている。
    2014年で1番新鮮な金融スキームはきっと1年くらいは使えてしまうのでは?
    九州、韓国、東京、シンガポールと目まぐるしく舞台が変わっても全てが線で繋がる展開に目が離せない。

  • 【 #タックスへイヴン 読了】
    主人公は探偵ではないものの、いわゆるハードボイルド小説。
    簡潔に言えば、かなり面白かった!!
    ただ、マネーロンダリングや租税回避が物語の軸なので用語がわかりにくいし、
    登場人物が多いので、
    ちょっと何がなんだかわからなくなる。
    (まぁ、読むのに時間を掛け過ぎたのが一番の原因かも知れないけど。)
    そんなわけで、この小説は一気読みをオススメします。
    用語や登場人物はややこしいですが、
    物語自体はとてもシンプルでストレート、スピーディーに進むので一気に読むととても面白いと思います!!
    またいつか、再読したい作品ですね♪

  • 都合よく組み立てた感もあるけど濃密で楽しめた。いろいろ複雑で読むのには少し時間がかかりました。

  • 4.0 2015年の読了一冊め。グローバルな舞台での金融サスペンス。めっちゃ面白かった。

  •  悪徳政治家の錬金術について記載あり、大手建設会社の役員と手を組んで「公共事業」の口利きで裏金をつくる。公共事業の予算が減ると今度は「戦後賠償、経済援助」の名目でその多額の予算から裏金を捻出する。これも下火になると「ODAマネー」予算は紐つきで大手の建設会社が仕事を受注し、口利きをした政治家にはキックバックされる仕組みになっているんだとか(P294参照)

     まったくあほらしい、政治に金がかかるのがいけないってことは誰にで理解はできるが、政治家の利権に群がる人心を無くすことが出来なければ、どんな制約をつくっても悪を断ち切ることはできない。わかっちゃいるが止められないってこと

  • 海外投資を推奨する著者による、推理小説で始まり、卓越した交渉能力と金融知識を持ったニヒルなダークヒーローであるが、実は幼馴染想いの主人公が活躍するハードボイルド小説。

    随所に国際金融・外交の裏側を解説しつつ、誰が犯人なんだ?とドキドキさせられる。

    外資系金融、ファンドマネージャー、脱税対策、国際捜査、心理戦、成金の思考回路、シンガポールの何れかの単語にピンと来た興味がある人には、読んで損はない。久々にあっという間に読めた。残りの2作品も買おう。

    やっぱり、現在において知識人であり読書家の佐藤優の勧める作品は、ハズレがないなと思う。

  • 橘氏の本は好きだが、小説を読むのは初めてだったな。著者得意の金融関係の話をベースにハードボイルド風サスペンス。

    脱税元銀行屋今脱税幇助屋の主人公が知人の夫の死をきっかけに、金の行方を追う話。描写も情緒的だし、内容も面白く、脱税の話なんかも私には関係ないが、こんな風になっているかな感で知的好奇心は楽しい。

  • 人物の作り込みがまだまだだと感じた。作者の生活の中では女性と言えば水商売の女性なんだろう。自身の理想像を押し付ける様で少し陳腐に感じた。

  • 知人の勧めにて読了。マネーロンダリングに比べ、金融だけではない世の中の見えづらい部分を物語調で教えてくれる良本でした☻

全68件中 1 - 10件を表示

タックスヘイヴン TAX HAVENを本棚に「読みたい」で登録しているひと

タックスヘイヴン TAX HAVENを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タックスヘイヴン TAX HAVENを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タックスヘイヴン TAX HAVENの作品紹介

東南アジア最大のタックスヘイヴン、シンガポールのスイス系プライベートバンクから1000億円が消えた。日本人ファンドマネージャーは転落死、バンカーは失踪!マネーロンダリング、ODAマネー、原発輸出計画、北朝鮮の核開発、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ…。名門銀行が絶対に知られてはならない秘密とは?そして、すべてを操る男は誰だ?

タックスヘイヴン TAX HAVENのKindle版

タックスヘイヴン TAX HAVENの文庫

ツイートする