星よりひそかに

  • 229人登録
  • 3.10評価
    • (5)
    • (22)
    • (40)
    • (17)
    • (3)
  • 55レビュー
著者 : 柴崎友香
  • 幻冬舎 (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025646

星よりひそかにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全部で7編からなる短編集。
    献本でいただいた一冊となります。

    主人公は、10代、20代、そして30代と、様々な年代の女性たち。

    それぞれの心のひだを浮びあがらせているような、
    そんな印象を受ける物語が綴られていきます。

    一見するとバラバラに独立しているかのような感じですが、
    所々でちょっとづつつながっているのが、個人的には好みです。

    作者の方はちょうど同世代のかた、それもあるのでしょうか、
    初めての方でしたが、なんとなく世界観などがスルッと入ってきました。

    恋をしていた人、恋をしている人、
    そしてこれから、恋をする人、、

    人はいくつまで“恋”にときめくことができるのかな、なんて。
    今クールのドラマ「続・最後から二番目の恋」を思い出しながらつれづれに。

    個人的には、“かなえ”ちゃんたちのその後と、
    万里子ちゃんたちの“家族”のその後が、気になりました。。

    どことなく古びたフランス映画のような香りも感じました、
    単館系のオムニバス形式でかかってそうな、そんな一冊です。

  • OL、女子高生、モデル、バーテンダー、ワーキングママ…様々な世代の「片思い」をテーマにした連作短編集。
    何気ない会話と情景描写の積み重ねから、微妙な心の揺れ動きが伝わってくる。今回も柴崎さんの巧さが光っている。甘さも苦さも酸っぱさもほどよい加減で、想いは真っ直ぐなようでどこかが歪んでいて。その「歪み」具合が今回はものすごくツボでした。
    柴崎作品は相性がはっきりしていて、のめり込めない時は文章が頭を素通りしてしまうのだけど、その点今回はするすると読めたかも。それぞれの登場人物の持つ屈折した感情は、誰にでもあり得るリアルさを孕んでいて、印象的だった。同級生を冷めた目で見つめる女子高生の「ほんの、ちいさな場所で」「この夏も終わる」がなかなかよかったけど、一番共感できたのは、自分と同世代のアラフォー子持ち女性が主人公の「九月の近況をお知らせします」かな。日々に忙殺されて子供に当たり気味な気持ちもわかるし、元彼の妻のブログを見るのを止められない気持ちもわかるし、夫の人気女優に対する行き過ぎたファン感情もわかるし…。「わたしは今、望み通り、なんかじゃなくて、予想もしなかった生活を送っているけれど、少なくとも、やりたくないことはやっていない。(中略)夫はよくわからない人ではあるがこの小さな家族を支えてくれている。たぶんそれは、けっこう難しいことだ。ささやかだけど、得難いものだ。」というくだりに、胸のつかえが取れた気がした。アップダウンの繰り返しな自分の日々も、肯定できそうだなと何となく思えた。
    ジャケ惚れしたくらもちふさこさんの装画もものすごく素敵です!今作はくらもちワールドに通ずるものがあるような。何度でも読み返して余韻を味わいたくなる一冊です。

  • とっても読みやすかった。しかし、1週間もしたら内容忘れた。。でもわたしの、サクサク読みたい欲を満たしてくれた。内容が残るばかりがいいとも限らない。また柴崎さんの本読みたい。

  • ひとつひとつの短編は面白いんだけど、いくつかずつ、微妙に絡んでるので、その関連性で戸惑った。
    タイトルの付け方や目次のレイアウトでグルーピングしてくれたら良かったのに。

  • ぼんやりと繋がった短篇集かな?
    繋がるというか、同じ世界に
    生きてる別々の人たちのお話?

    うん、恋の話なのかな?
    なんだか、わかるのかわからないのか
    よくわからないけど
    いいなぁと思いながら読んでた。

    「あの子は、あの人に触られてるんやなあ」
    胸がキュってなる。
    すきな人には、触るより触られたい。

  • 恋愛小説を読みたい衝動に駆られることが、年に二、三回あります。多分、一辺倒な自分の読書傾向(推理小説)に対する一種の防衛反応かなあ、と…いえ、そんなに深く考えたことはないですごめんなさい←

    この本を読んだのは秋口だったと思うのですが、秋に恋愛小説を読んでる自分を自覚すると、毎回何故か失笑してしまうんですよねー(謎)。でも、今作に関しては特にそれがなかったな。恋してたからかな←

    恋人の部屋でラブレターを見つけてしまった女、
    好きな人にだけ好きになってもらえないOL、
    恋?めんどくさ…なJK、
    たった数ヶ月で離婚したけど原因がよく分かってないバーテンダー、
    恋人に会えず終始モヤモヤしてるモデル、
    元彼の奥さんのブログチェックを欠かさない母親。

    Happily ever afterで少女たちを魅了するのがおとぎ話なら、After thatを共感と反発を覚えながら楽しめるのが恋愛小説。

    ウンウンそうよね分かる分かる、が大好きな女性の為のフェアリーテイルです。もっと絞ると、20オーバー、アラウンド30かなぁ。

  • 柴崎さんの作品は、主人公が関西言葉を話す若い女性で、一文が長目という印象があり、今回も最初の短編がそのパターンでした。
    2作目で少し変化があり、3作目からがらっと変わりました。
    眉毛が日産のゴーンみたいだから「ごんさん」と呼ばれている女子高生が主人公の短編2つ、好きだ…
    柴崎さんも書いていて楽しかったのではないかなあ。

    3作目以降の変化は震災後に書かれたものだからかなと思うのは、考え過ぎか。

    チョークの粉が舞う黒板の前とか雨のせいで汚れた廊下とか、そんな情景描写に心わしづかみ。
    この2つの短編を手元に置いておきたいから、文庫化を希望します。

  • 15/09/20
    ・仕事とかがんばってとか、どうして誰でも言えることを言うの?あなたしか言えないことがあるのに。(P164 Too Late,Baby)
    ちょっとずつ登場人物はかぶってて話に繋がりがあるなあ~て思って読んでたら、あれ?そんなことないのかな~と思ったり。繋がってるようで別次元?ふわふわしてて足下がよく分からないかんじが好みでした。
    ・なんでみんな、そんなにややこしい感情を、わざわざ持とうとするんだろう。かっこわるいくらい動揺して、はしゃいで、行き場のない思いを抱えて、羨んだり妬んだりもしないといけなくて、思いが通じたら通じたでいつ失うかとおびえて、周りの人間関係も複雑にして。それでもどうしようもない気持ちなんて、どうして必要なのか、よくわからない。(P116ー117 この夏も終わる)

  • 短編集。「春の庭」の柴崎友香さん。
    読めるところもあるし、読みにくいところもある。苦手意識かな・・
    忙しい彼氏にどうしようもなく会いたくなることとか、スマホ投げちゃうこととか、ブログをすごい勢いで読んじゃうとか。共感できるとこもいっぱい。

  • 2015.5.6 読了

    初の作家さんでした。
    7編の短編集。

    主役が その話の中の登場人物から
    リンクして 次の話の 主役となって
    続く感じ。

    だけど、ちょろっと出てくる人が多くて、
    最後の方は 誰やったっけ?
    て なってしまった。。。

    軽ーい話で スルーっと読めました。

全55件中 1 - 10件を表示

柴崎友香の作品

星よりひそかにに関連するまとめ

星よりひそかにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星よりひそかにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星よりひそかにを本棚に「積読」で登録しているひと

星よりひそかにはこんな本です

ツイートする