アイネクライネナハトムジーク

  • 5209人登録
  • 3.92評価
    • (425)
    • (832)
    • (443)
    • (52)
    • (7)
  • 694レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2014年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026292

アイネクライネナハトムジークの感想・レビュー・書評

  • ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
    奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
    他力本願で恋をしようとする青年、
    元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
    情けないけど、愛おしい。
    そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
    伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

  • 面白いのだけれど読後感がスッキリじゃなかったりして作品によって好きだったり苦手だったりする伊坂さん、人から「これはスッキリおもしろかったよ」と言われて図書室から借りてきました。長編かと思ったら短編連作で、全作品が緩やかに繋がっている伊坂さんならではの重なり具合で、とても楽しく読了。面白かったです。欲を言うなら、代理店のあの彼女がどうなったかというのがもっと詳しく知りたかったけどそれは野暮というものなのかも。伊坂さんの作品では『チルドレン』と、本作が好きです。

  • 斉藤和義さんと伊坂幸太郎さんが好きな私。
    もともとベリーベリーストロングを知っており、読むに進みあれ、これ知ってる話だ…と疑問に思いながら読み進め、調べると斉藤和義と伊坂幸太郎がコラボしていた。小説からの作曲らしいが。話もさすがとしか言えないが、この曲の伏線を回収した感じがした。音楽と本、素晴らしい。
    素晴らしい感動をありがとう。

  • 人物が相関し合う短編集。伊坂さんには珍しく、犯罪者もいない暴力もない、泥棒も(ほとんど)いない、ちょっとこそばゆい「出会い」を主題にした作品。

    時も出来事もシャッフルさせていて読み進めないと全体が見えないのがもどかしいけれど、繋がったときの「ニヤリ」感はやはり伊坂作品というべき痛快さ。

    最後の小さなオチも大したキーではないのだけれど、あれがなくちゃ締まらない。読後感も爽やかで気分よく読める一冊。

  • 斉藤和義の「ベリー ベリー ストロング」 。
    伊坂幸太郎が書いた小説を元に作詞された曲。その歌詞の世界観は、伊坂幸太郎を想起させて、好きな曲だったが、その元の小説を読めずにいた。読み始めてから、その元の小説だと気付いた。知らずに読み始めていたが「あ、この話知ってる」と声が漏れてしまった。
    その元になった「アイネクライネ」。続編の「ライトヘビー」。これは「ベリー ベリー ストロング」の初回限定盤についていたらしい。当時、あー手に入らないなーと思って諦めていたものが読めた。
    内容は、「フィッシュストーリー」を思い出す。どの話も好きなタイプ。「ベリー ベリー ストロング」も聴きたくなったし、「フィシュストーリー」ももう一度読みたくなった。映画ももう一度観たいな。

  • 201704
    とてもよかった!超爽やか。
    それぞれの短編の繋がり具合とか、映画の『フィッシュストーリー』を思い出した。原作読んでみよう。

  • 伊坂さんってこんな本を書く人だったのか。
    読みやすかったけど、ぴんとこなかったかも。
    今、じゃないかも。

  • 斉藤和義とのタイアップから始まった短編集。
    キャラクターや正義感、ユーモアは伊坂幸太郎の世界観を引き継ぎつつも初めての恋愛ものとなっている。伊坂幸太郎を過去読んでいると、何か事件や悲劇が起きるのではないかとミステリーへの発展を勘ぐってしまうがオムニバスで世界軸のつながりや伏線の回収にハッとするのみで事件は起きない。
    主役は誰かと聞かれれば、全編に登場するボクサーが主人公と言えるかも知れない。

  • 伊坂作品にしては珍しく、事件要素のない短編集。
    それぞれの話は独立しているんだけど、登場人物が重なって、少しずつリンクしている。
    その面白さ、伏線の巧みさは伊坂さんの得意とするところ!完全に明らかにされない謎も残して、読者に想像させる余白を残しているのも憎い演出。
    ハラハラ要素はないので、残虐なシーンが苦手な人でも楽しめる伊坂作品だと思う。

  • 伊坂幸太郎、久しぶりに読んだけどハズレないな。短編が繋がって絡んでまとまって、面白かった!

  • 伊坂幸太郎の本にしては珍しく恋愛話の短編集。ちょっと嬉しい

  • 恋愛をモチーフにした連作短編。
    過去と今を行ったり来たりしながら、色々なところで人間関係が繋がっていくのはいつもの伊坂幸太郎のパターン。
    むしろ色んなところで繋がりすぎて、深く考えずに読み進めてたので「えっ、あ、この人って何やったっけ?えっ、この人がこの人やったん?ん?」みたいな、もうついて行けずでテキトーに読み終えた。
    でも自分の人生でも世界は狭い!って感じることあるし、世の中こんなもんかも。
    この本での魅力的なキャラクターは「斎藤さん」かな。
    わたしも会ってみたいと思った。

  • 2017.03.いい加減で有名な織田一真は,美人で優秀な由美と学生結婚をする.藤間は,奥さんに出て行かれ職場のデータを一部紛失させてしまう.美容室で働く美奈子は,客の板橋香澄の弟で世界ベビー級チャンピオンになるウィンストン小野と結婚をする.美奈子と織田由美は,元々友達同士.佐藤は,藤間の会社の後輩で,織田一真の友人でもある.レストランでアルバイトしていた笹塚朱美が,客からさんざんクレームを言われている時に,この娘さんは誰の娘さんかわかって文句を言っているんですか?と助けてくれた若い男の客がいた.織田一真,由美の娘の美緒が自転車の駐輪場のシールを盗まれ,同級生の久留米和人と犯人を探しに行くが犯人の中年男に逆ギレされているところに担任の深堀朱美先生が来て,この娘さんが誰の娘さんか知っていて文句を言っているんですか?と助けてくれる.駐輪場で和人の父に出くわすが和人の父は,昔,朱美を救ってくれた若者だった.藤間の娘の亜美子は,織田美緒の友達で,美緒,織田一真とウィンストン小野の再起の試合を見に来ている.色々な登場人物が複数に絡まり,描く年代も前後するので、分かりにくいが面白い.伊坂幸太郎には珍しい恋愛をテーマにした短編集.

  • 伊坂幸太郎さんの作品にしては珍しく、普通の人達の出会いや恋愛が集まった作品

    短編集かと思いきや、それぞれの話がちょっとずつ繋がっていて、一度読み終わったあと、もう一度読み返したくなりました!
    時系列の前後などもあるので、バラバラに読むより一気に読むことをおすすめします。

    作中何度か「斎藤さん」なる不思議な人が登場するのですが、別の斎藤さんがちょっとチラつきましたが、あとがきによりますとミュージシャンの斎藤和義さんとのお仕事が関係しているとのこと。
    私は今まであまり斎藤和義さんの曲は聴いてこなかったのですが、ファンの方はより一層楽しめるかもしれません

  • 初めての伊坂幸太郎作品。
    短い話なので読みやすいかなぁと思いきや、全ての話の登場人物がうまい具合に繋がっている。面白い。

  • 誰も死ななくて優しい話。今いる場所も悪くないと、登場人物がみな少しずつ幸せを感じるところが温かい。伏線の回収と人物同士のさりげない相関性はさすが。

  • 実は斉藤和義さんの歌をきいてから読みました。
    淡々としていて好みです。映画のラブアクチュアリーっぽい感じの雰囲気でこういう話、いいなーと思います。
    「ベリーベリーストロング」ということばをすごく気に入って、しばらくの間よく使ってました。

  • 内容紹介
    ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
    奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
    他力本願で恋をしようとする青年、
    元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
    情けないけど、愛おしい。

    久しぶりの伊坂幸太郎で、ああ伊坂幸太郎だと思える作品。短編だけど、どこかで話が繋がっている。ただ、佐藤のこの先が気になるというか、書いて欲しかったなあ。

  • 短編連作集。それぞれの話はなかなか良かった。
    が、各話少しずつ重なっているのだが、主人公も時間軸もバラバラに配置されているのが、却って読みにくい。プロットをパズルのように置くのが、この人の十八番なのだろうけど。

  • 素敵〜。斉藤和義のことだと気づかなかった。

  • やっぱしおもしろくてうまくて、ずるいくらいうまくてうなる。

  • 6本の短編がそれぞれ微妙に関連し合って
    とても良い協奏曲になっているようなそんな感じでした。

    最初の作品に主に登場する人物ですが
    織田一真という一風変わってるけど
    自分なりの哲学を持った男がいい感じでした。
    チルドレン・サブマリンの陣内のような感じで。
    特に「出会い」というものに関する考え方を滔々と述べるところが
    とても良いです。
    大事なのは出会い方ではなくてあの時であったのが彼女で
    本当に良かったと後で思えることが幸せみたいな話でしたが
    何か共感します。

    全作を通じて伊坂幸太郎らしさが溢れていて
    とてもハートフルな恋愛小説でした。

  • 話が転々として分かりにくい。全部が繋がったのが面白いはずが、弱いオツムではついていけない。残念。
    でも学びの多い一冊ってとこは伊坂幸太郎らしい。夫婦と外交、出会い、イチャモン撃退、浮気と皆殺し、スイカの塩、中島敦の『名人伝』、He is just like his father.
    うーん、引用が多い。

  • 伏線に満ちた作品で飽きずに楽しめました。
    基本的には身の回りにいそうな、身近に感じられる人が登場人物でしたが、それぞれの人のちょっとした関わりが人生においてサプライズという形で現れるというのが面白かったです。

    何だか好きなのが、織田一真の
    「後にならねえと分かんねえだろ?劇的な出会いにばっかり目が行ってると、もっと大事なことがうやむやになるんだよ」
    というセリフ。

    出会えて良かったと思える人に出会いたい、というよりは、出会えて良かったと思えるような関係を育てていきたい。

    そして後にならないと分からないなら、今やっていることに全力で楽しみながら取り組みたい。その方が今も後も楽しい気がする。

全694件中 1 - 25件を表示

アイネクライネナハトムジークに関連するまとめ

アイネクライネナハトムジークを本棚に登録しているひと

アイネクライネナハトムジークを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジークを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジークを本棚に「積読」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジークの作品紹介

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

アイネクライネナハトムジークのKindle版

ツイートする