アイネクライネナハトムジーク

  • 5470人登録
  • 3.92評価
    • (446)
    • (878)
    • (473)
    • (52)
    • (7)
  • 742レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2014年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アイネクライネナハトムジークの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つい最近、斉藤さんとのコラボについて知ったばかりで、読みたい~!と思っていたので単行本化はとても嬉しかったです!
    伊坂さんの恋愛の話はどこかかわいらしくてくすぐったいですね。

    「アイネクライネ」
    「ライトヘビー」
    「ドクメンタ」
    「ルックスライク」
    「メイクアップ」
    「ナハトムジーク」

    どれもおもしろかったし、あるボクサーの試合を軸に、時系列をずらしながら、少しずつ繋っていく感じ、とてもよかったです。
    ウインストン小野の試合、ラウンドボーイの行動に胸が熱くなりました。
    そして最後の司会者がまさかの…!

    「アイネクライネ」を読んで、斉藤さんは本当に素敵な人だと思いました。しっかり作品を読まれてあの曲を作られたんだなぁとわかる言葉選びでした…!

    織田の「自分が好きになったのが、この女の子で良かった」のくだり、けっこういいこと言ってるよなぁと思います(笑)

    「ライトヘビー」「ドクメンタ」が特に好きです

    やさしいキャラクターが多くて安心して読めました。
    人と人との繋がりに、日常の小さなサプライズに、人生何が転機になるかわからないというおかしみに、読後は心があたたかくなりました。
    なんだかちょっとした勇気をもらえた気分です。

    斉藤さん一回100円やってほしいなぁ。

  • 伊坂さんらしい軽妙さが光る連作短編集。
    伊坂さんのもう一つの特徴である犯罪などのダークなものはほとんど登場しない~安全な?作品です。

    「アイネクライネ」
    データがふっとんだミスの後始末に、罰ゲームのような街頭アンケートをする青年。
    仕事を探している女性に出会い、何気ない会話が生まれる。
    日常的なシーンの親しみやすさ、大体はぱっとしなくて情けないけど、ちょっとだけ一生懸命な部分もあったり。

    「ライトヘビー」
    美容師の美奈子は客といつしか友達になり、弟と付き合うよう薦められる。電話で喋るようになったが‥?
    ボクシングの試合を見ていると‥
    大人のおとぎ話のような楽しさ。

    「ドクメンタ」
    妻に出て行かれた藤間。
    自動車運転免許の更新のために出かけた場所で、ふと話した相手。
    通帳の記帳でしか繋がっていない元妻に思いを伝える方法とは。
    5年後にもまた会うことになるか‥?

    「ルックスライク」
    学校の先生・深堀朱美。
    生徒の一人は、織田一真の娘の美緒。
    登場人物がちょっとこんがらかってきますが~え、これって‥という驚きが面白いところ。

    「メイクアップ」
    昔いじめられた相手と職場で再会した女子。
    相手は覚えているのか、性格は変わったのか? 復讐する機会はあるのか‥さて?

    「ナハトムジーク」
    ちょっとした不思議な縁が繋がっていきます。
    日常に起きてもおかしくないような小さな奇跡。

    100円でそのときに一番合うフレーズを流してくれる斎藤さんという人物が所々に出てきます。
    斉藤和義に作詞を頼まれ、小説なら書けると書いたのが始まりだったそう。
    曲を聴きながら読むとまたいいのかな。

    絡まれたときに「この方が誰の娘か知っているんですか?」と言ってはったりをかます織田一真のやり方が受け継がれていったり。
    どうということのない男なのに美人と結婚した幸運な男・織田は、口が達者で、時にはそれなりの存在価値を発揮する。このゆるさがいかにも、ですね~。

    笑える日常のささやかな出来事の奥底には、ごく普通のまともさが流れている気がします。
    余裕のある洒脱な雰囲気がよかったです☆

  • 結局、3回読んでしまった~!
    まず、1回目。
    登場人物のリンクと時系列が、頭の中で整理できなくて、混乱。
    相関図と年表をせっせと書きながら2回目。(この作業が意外に楽しかった)
    3回目で、やっと大満足。
    伊坂さんの、誰も死なない物語。存分に楽しませてもらいました♪
    実は、この直前に伊坂さんの本で、途中で断念してしまったものがあって…。
    だから、よけいに嬉しいです。

    登場人物が、皆どこかとぼけていて楽しい。
    特に課長がいい味です。
    「藤間、離婚したのか。どうやって」(笑)
    夫婦の関係を”外交”とか、ミッキーのお手ふりの教訓とか~

    あと印象的なセリフがいっぱい!
    「こちらの方が、どなたの娘さんかご存知で?」
    「斎藤さん一回百円」
    「あの変な旦那も、今となっては、スイカにつける塩みたいに思えるようになったよ」
    ラウンドボーイの「大丈夫」も良かったし、書きだしたらキリがないです。

    人生ほんとに、どこでどう転がるかわからない。
    一人一人は気づかなくても、どこかで繋がっていて、
    きっと誰かの力になっている。

    ただね、ひとつだけ気になることがあります。
    いじめっ子の女子の恋とプレゼンの結果。
    ご想像におまかせします。ってとこでしょうか。

  • さわやかに、楽しめました。
    まだまだ伊坂ファンと公言するには、
    読んだ作品が少なすぎるのですが…。

    私の読んだ今までの作品は、さらりと書かれているのに、
    背景がかなり重たいものが多く、
    少し笑っても、救われない気持ちもありフクザツだなぁって
    感じがしていたんです。

    こんなにさわやかに楽しめる作品もあるんですね。

    サプライズ職人の伊坂さん。
    この物語も楽しませてもらいましたが、
    私がもっと好きなのは、伊坂作品でちょいちょい出てくる
    気の利いたユーモアたっぷりの会話。

    こんな返しが出来るようになりたいんですよね~私も。
    変な人に絡まれている時に、このアイデア。もう最高です。

    そして、『斉藤さん 1回百円』。
    見つけたら2週間連続で通ってみたいと思う一冊です。

    これって、音楽ではなく、本でもいいですよね。
    『幸太郎さん 1回百円』
    その人の今の心境に合うフレーズを
    選んで朗読してもらう。

    伊坂さんって、心に残るフレーズ多いんですよね。
    きっと行列できる人気ぶりと思うんですけど。

    あ、これも法律に触れるのか…。

    なんだかいい気分で、鼻歌が出てくるような本でした。
    読後のプチハッピー、このまま続くといいなぁ。

  • 個人的に連作短編集が大好きでよく読むのだけれど、本作は連作の面白さが存分に表現された、読み応えのある一冊でした。細かいところまで伏線が張り巡らされていて、頭の整理がこまめに必要ですが(笑)小さな奇跡の積み重ねが、人との「出会い」の大切さを輝かせてくれる。恋愛にまつわる話が多いので、スケールの大きい作品が多い伊坂氏の著作にしては地味かもしれないけど、これは褒め言葉です!微妙な心の動きを丁寧に掬い取って、ユーモアを交えながら物語を紡いでいく。話がうまくいき過ぎじゃないか?と思うところもあるのだが、そんな展開が陳腐に感じないほどの緻密な構成。さすがです。どの短編も好きだけど、一番印象に残ったのは「メイクアップ」。憚っちゃう憎まれっ子の描写がうますぎる!女性のめんどくささをよく理解してるなと唸りました。
    この本を語る上で欠かせないのが、神出鬼没の「斉藤さん」。一回百円で、そのときの心情に合わせた斉藤和義の曲の一部を流してくれるという、占い師チックな謎の男性の登場が毎度効果的で、無性に斉藤和義が聴きたくなります。実際に、路上で会ってみたいわ!
    そして、仙台在住の人間としては、表紙イラストにもニンマリでした。仙台駅前をシュールに描いたこの装丁、大好きです!

  • 目次を見ただけで、おお♪伊坂幸太郎ぽい、って感じがしました。
    場所や時間が行ったり来たりしながらも、少しずつオーバーラップしている人間関係が浮かび上がってくる短編集です。
    テーマはずばり「出会い」。

    言われてみれば、殺人も強盗もないけど、こんなラブ&ピースな感じ、すごくいい。
    「どなたの娘さんかご存じで?」というのは、一見使えそうで、絶対無理だからってところがすごくいい。

    とりあえず、通帳の記帳はまめにしよう。

  • 時空を超え、あらゆるところで繋がりすれ違っていく人生の面白さと不思議な興を感じさせられた。モーツァルトの小夜曲のような軽快さをもってテンポよく物語は展開していく。交差し重なり合う人間関係が少しずる明らかになり、新たな発見がまた別の発見の伏線となっている。小さなおかしみと大きな驚きが思いもかけないところに埋め込まれており絶妙なアクセントとなっている。宝探しのような興奮を楽しんだ。

  • 私もサプライズが嫌いだ。
    「も」と書いたのは、「ルックスライク」で織田美緒や笹塚朱美がそう言ってるから。
    たまたま昨夜見たテレビでも、「サプライズっていうのは実は自己満足的な行動なのである」と言っていて、我が意を得たりと思ったところである。
    現実の生活の中でのサプライズは嫌いだが、小説のサプライズは大好き。
    伊坂さんの作品にはいつもサプライズがある。
    「あ、これがそうだったのか」とか「あ、この人があれだったのか」という驚きがたくさん隠されているから。
    巧妙に名前が伏せてあって、最初は何気なく読んでいくんだけど、途中で「あれ、これってもしかしてあのときの?」と思い当たった時の嬉しさ。ニヤニヤ笑いが止まらなくなる。
    伊坂さんが「恋愛モノは苦手」というのは、おそらくドロドロとした温度と湿度の高い描写が苦手だからなんじゃないかと思う。でもそんな描写がなくても、ちゃんと人の思いや関係性はきちんと現れてて、私はむしろそういうほうが好ましい。
    今回は犯罪方面に突出して異形な人が出てこなかったので、安心して楽しめた。でも織田一真は伊坂的にぶっ飛んでる。
    ラストの「ナハトムジーク」で、ラウンドボーイが取った行動で思わず涙ぐんでしまった。こんな感動は珍しい。そして最後の数行。まさかあの司会者がね、とこれまた心が温かくなった。ちゃんとつながってる。
    ハードな作品もいいんだけど、こういう、ささやかな人生を描いた作品がすごく好き。
    「斉藤さん」の存在は、斉藤和義さんへの愛を感じたなあ。

  • 6話からなる短編集。
    各話の登場人物が年を超えて、繋がってくる話の展開が面白い、
    1人のライトヘビー級日本チャンピオンを通して繋がる世界とボクシングの描写には飲み込まれるものがあった。

    Amazonより引用
    ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ

  • 伊坂さんの作品らしくていい、繋がりというか連作っぽく見えるし登場人物とか時間とかを越えて生きているんだなって思えるから『チルドレン』『フィッシュストーリー』『死神の精度』『終末のフール』辺りが好きな人にはオススメ。
    人生にはユーモアとほんの少しの勇気が必要だ。

全742件中 1 - 10件を表示

アイネクライネナハトムジークに関連するまとめ

アイネクライネナハトムジークを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジークの作品紹介

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

アイネクライネナハトムジークのKindle版

アイネクライネナハトムジークの文庫

ツイートする