花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教え

  • 49人登録
  • 3.60評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 平井正修
  • 幻冬舎 (2014年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026384

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日々に追われ疲れ切っているときにふと立ち止まって読んでみたくなる本。

  • この著者の本は初めて読みましたが
    いいですねえ

    小池龍之介や草薙龍瞬とは
    また違う

    ブッダや禅を語る人は
    それぞれ個性があって面白い

    P45「悟臭」という言葉を
    初めて知った

    P34ほんとうの名人になりたいなら
    自分の心に問いなさい

    P40花は咲いている時も
    咲いていない時も花

    P56看脚下

    P63修行にゴールはありません
    ただし、ひとつ登ると
    見える風景はちがってきます

  • どんな花も、その命を一所懸命に、精いっぱいに、そこに現じています。今日はちょっとかったるいから、少々、手を抜いて咲くことにするか、今年は花見客が多いから、いつもより艶やかに咲いてみるか、といったことはいっさいありません。
    強い相手に対する怖れも、格下の者を侮る気持ちも、すべて自分の内にある。戦うべきはその心なのだ
    「大事なことは、たいてい面倒くさい」
    プライドは自分を律して、それに恥じるようなことは「しない」ためのもの
    いたたまれない人間関係のなかからも、おおいに学ぶことはある
    きっかけは毎日、すぐそこにあります。
    「晴れてよし 曇りてもよし 不二の山 もとの姿は かはらざりけり」

  • 美しく咲き、香り、実る為の禅の教えが分かりやすく書かれていました。人生はお花と一緒なのだと。

    「自分の価値を決めるのは、唯一、自分がどう生きているか」とか、「たゆまずやることをやってこそ、花は咲く」

    イメージしやすい表現であっという間に読み終えました。
    心が透明に近づくような清々しい気分となりました。

  • 2015/08/01

  • 【生き方】花のように、生きる/平井正修/20141130(92/266)
    ◆きっかけ
    ・日経広告、図書館予約で長らく待つ。

    ◆感想
    ・著者は、臨済宗全生庵住職。中曽根元首相、安倍首相等政治家や経営者等も相手に座禅を説いた。
    ・花は、自らアピールするわけではなく、ただそこで咲いているだけで、人の心を和ませ、最後には実までつける。それに、散っても、翌年に、また黙って花をつける。たったこれだけ・・・だが、そこには、誠実、愚直、相手ではなく自分を高める、等々エッセンスがたっぷり入った含蓄のあるフレーズだと思う。
    ・他方、人間は認めてもたいたい、と願う生き物。この点どどう折り合いをつけるのか。見ている人は見ていると信じればよいのか。

    ◆引用
    ・思いあがっている自分、我見にとらわられている自分に気付く。
    ・見てほしいという思いや、言い訳したりふてくされたりする姿勢に、人は振り回される。揺るがずに生きる。
    ・付き合う人が立派になると、自分も偉くなったと思うのは勘違い。
    ・絶えず自分の中に課題を求めていく。それが自分の心に問い続けるということ。
    ・生きていることそのこと自体がすばらしい、というところに立てば、見える景色はよほど変わってくる。
    ・看脚下(かんきゃっか)、絶望に陥ったときは、食べて眠りなさい。絶望しているのは心だけ、体は絶望しない。
    ・一つ一つのことに心をこめる。心を込めれば、その分だけ生きている実感を得られるし、人生は味わい深いものになる。
    ・悩みの正体:何かに悩まされているのではなく、自分が悩んでいるだけ。
    ・無理なことを期待してイライラするより、自分にできることを確実に実践していく。
    ・その日の反省を毎日の習慣にする。
    ・集中しちえるとき=なりきっている瞬間。
    ・すぐに動いてしまえば、段取りはあとから付いてくるもの。まず動く。
    ・ここぞというときにしゃべるのをぐっとこらえ、間に託すと良い結果がもたらされる。
    ・いいたいことがとげとげしているときは、深呼吸。
    ・一生懸命にやったのなら、他者から認められなくても自分の打ちに必ず実は結んでいる。
    ・いたたまれない人間関係の中からも、おおいに学ぶことはある。それが、自分の将来の財産。
    ・選択すること:結果が良かろうが悪かろうが、それを引き受けること。結果から逃げない覚悟を決める、腹をくくる。
    ・自分が変わることに一生懸命になる。生きがいを見出すことに精いっぱいにつとめる、ということをしてはじめて、気付きのきっかけを見出すことができる。
    ・しっかり、心配りをしたら、心配の大半は消えてしまう。心配りをしないから、心配が増える。
    ・やる気が出てから取り組むのではない。一つのことに没頭するから、そこに心をこめるから、心が動き始めて、やる気も元気も勇気も湧いてくる。
    ・過酷な経験は語っても意味なし。苦労を自慢するのではなく、苦労を自分の内にしまっておいてこそ、自分の強さになる。
    ・今日の成功は、昨日までの努力の成果。成功を捨てないと前に踏み出せない。
    ・達成感で心を満たすのは、その瞬間にとどめること。いつまでもひたっていると、力にならず、自分を呪縛するものになりかねない。
    ・湧きあがる感情はごまかさないで、いったん受け入れてから、自然のうちに手放していけばいい。
    ・空にしておかないと、器の音は響かない。心も空にしよう。
    ・花は、「見てくれ」とも言わず、自己主張もしないけれど、ただそこで咲いているだけで、人の心を和ませ、最後には実までつける。それに、散っても、翌年に、また黙って花をつける。

  • 2014/10/12

  • 心が落ち着く本です。

全8件中 1 - 8件を表示

平井正修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
北野 武
三浦 しをん
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えを本棚に「積読」で登録しているひと

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えの作品紹介

何でもないようなことを、丁寧にしてみる。心をリセットし、いまの豊かさを知る85のヒント。

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えはこんな本です

花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教えのKindle版

ツイートする